有馬記念 presents Road to TOKYO DOME

日時
2019年12月21日(土)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナーバナー
観衆
1,772人(札止め)

第7試合 60分1本勝負
獣神サンダー・ライガー ファイナル後楽園ホールⅢ

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 東京ドーム2連戦を最後に引退するライガーが、“聖地”後楽園ホールで最終試合を敢行。また、この一戦は1.4ドームで行われる「IWGPヘビー戦」オカダvs飯伏の最終前哨戦であり、2019年の最終試合でもある。

 ライガーは黒バージョンのコスチュームで登場。一方、相手チームのロメロは、ブラックタイガー&ライガーのハーフマスクを被って姿を現した。
 
 そんな中、オカダ対飯伏で試合開始となり、2人に向けた大コールが巻き起こる。そこから飯伏は強烈なミドルキックを見舞い、オカダの動きを止める。その後、飯伏がレインメーカー、オカダがハイキックを回避した。
 ロメロ対ライガーとなり、ロメロが張り手を食らわせる。そして、ロープのあいだにぶら下げるフェイントからスライディングキックを放つが、ライガーが回避し、反対にスライディングキックをお見舞い。さらに、ロメロスペシャル、変型カベルナリアで追い討ちした。

 YOSHI-HASHI対棚橋となり、YOSHI-HASHIが「ヒロシーー!!」、棚橋が「ノブオーー!!」と絶叫。そして、そのまま相手の名前を叫びながらエルボーを打ち合う。
 そこからYOSHI-HASHIが逆水平チョップを浴びせると、棚橋はエルボー&太陽ブロー&エルボースマッシュ、張り手で対抗。だが、YOSHI-HASHIが棚橋をトップロープへ乗せ、低空ドロップキックで撃ち抜く。
 これで場外乱闘となり、大ダメージを負った棚橋が完全に孤立。オカダがトップロープ越えのセントーンアトミコ、ロメロが連続串刺しラリアット、カウンタージャンピングニーアタック、YOSHI-HASHIが串刺し逆水平チョップなどで集中砲火を浴びせる。
 だが、棚橋はドラゴンスクリューでYOSHI-HASHIをなぎ倒し、飯伏とタッチ。その飯伏は、レッグラリアット、打撃ラッシュ、その場飛びカンクーントルネードでYOSHI-HASHIに追い討ちをかける。
 しかしYOSHI-HASHIは、カウンター低空ドロップキックで飯伏に報復。スイッチしたオカダが、カウンターランニングバックエルボー、フラップジャックを飯伏に見舞う。
 すると飯伏は、パワースラムで流れを変え、ライオンサルト、ハイキックで追撃。だが、オカダはカウンタードロップキックで巻き返した。
 ここでライガーが登場し、YOSHI-HASHIに掌底、ロメロに風車式バックブリーカー、オカダに串刺し掌底をお見舞い。そして、コーナー最上段からの雪崩式ブレーンバスターでオカダを叩きつける。
 次にライガーはライガーボムの体勢に入るが、オカダが切り返してリバースネックブリーカーを狙う。これをライガーが抵抗して前方回転エビ固めを繰り出すが、オカダが返してカウンタードロップキックを食らわせる。
 続いてオカダはレインメーカーに行くが、ライガーが回避し、レインメーカー式掌底で逆転。そして、今度こそライガーボムを炸裂させる。
 その後、飯伏と棚橋が同時にプランチャを敢行し、ロメロとYOSHI-HASHIを分断。一方、ライガーは垂直落下式ブレーンバスターに行くが、オカダが脱出してレインメーカーを繰り出す。しかし、ライガーがいち早く掌底をヒットさせる。
 ここでライガーは再び垂直落下式ブレーンバスターを狙うが、オカダが脱出し、ローリングツームストンパイルドライバーで逆襲。そして、今度こそレインメーカーを炸裂させ、ライガーを葬った。

COMMENT

ロッキー「自分のキャリアの中での素晴らしい思い出ということをこれから考えるとしたら、トップ3に必ず今日の試合が入るだろう。なぜならば、最強最高のレスラー。ジュニアヘビー級のみならず全てのレスラーの中でも最高の1人、獣神サンダー・ライガーとリングを共にすることができたからだ。ライバル関係もありがとう、そしてそこから友人になり最高の関係築けたと思うし、常にあなたとリングを共にするのは喜びでした。ライガーサン、アリガトウゴザイマシタ。ガンバッテクダサイ。オウエンシテマス。あなたのこれからのキャリア、未来を見るのが楽しみです。ありがとうございました」
YOSHI-HASHI「今日、獣神サンダー・ライガーと同じリングに立つのはもう今日が最後だけど。俺が小学校の1年か幼稚園の年長ぐらいの時、初めてプロレス見て好きなったのが獣神サンダー・ライガーだから。その時、俺が今ここでこうしてその獣神サンダー・ライガーがいるリングに立って試合をしているなんてこれっぽっちも予想してなかったからね。その時は大きくなったらプロレスラーになりたいとかって思って。これからその時はこうやって実際こうやって立ってるのは予想できなかったし。そうやって思うと、自分である意味この未来を予想していなかったし、自分自身が築き上げてきたものだから。この先、この先も絶対決められたことってないと思うし、良い意味でまた大きく俺、そして今声援くれてる人とかの未来が大きく大きく変わっていくと良いなと思うし俺は絶対変わっていくと思うから。そう思って、来年2020年も俺は何かを変えるべく、変えるために戦っていくから。今日はとりあえずひとまず終わり……だしまあちょっと獣神サンダー・ライガーとリング上で最後を迎えた時、ちょっとね、心を揺さぶられた部分凄くあって。今は何も言えないけど、でもこれからまた何らかの形で関わっていけたらなってのは凄い思いました。改めて未来はこれから先っていうのは俺が作っていくから」
オカダ「いやぁ、まあ本当に最後の最後で刺激的な良い前哨戦ができたんじゃないかと思います。まあ何かいろいろと強烈な一撃をたくさん喰らいましたけど。本当に1月4日『WRESTLE KINGDOM14』に相応しい選手が飯伏幸太なんじゃないかと思います。まあ本当に2019年、いろいろあって、最後にライガーさんも触れることができたし……。まあ来年もしっかり俺が新日本プロレスの先頭に立って盛り上げたいと思います。ありがとうございました」
――飯伏幸太もそうですけど2冠を争う他の選手も入ってきましたが、2冠については改めていかがでしょう
オカダ「まあ別に2冠と言っても、僕の中では1番輝いているのはこの1つベルトなんで。別に僕の中ではもう1個、ベルトが来たとしても、それはおまけになってしまうんじゃないかなと。それくらいこれを誇りをもってやってきました」
――ライガー選手と交わりまして、『掌底』はいかがでしたか?
オカダ「いや本当に、顎ズレたと思いましたよ。本当に最後の最後で強烈な1撃でしたんで。まああれをね、エールだと思ってまた、これからの新日本プロレス盛り上げていきたいと思いますよ」
――最後ライガーさんに声をかけていましたが
オカダ「あの言葉ですか、まあ。なんて言ったか覚えてないです。掌底、強烈だったなって」
――ドームの戦いに向けてお願いします
オカダ「ほんとに、まあ、気持ちよく次の戦いに向かうことができる。そういうこの、僕と飯伏さんの関係でだったり、お客さんのノリ、全てがこう東京ドームに向けて盛り上がってきたんじゃないかと思う。1月4日、本当に最高の試合を見せて、ほんと1月5日とかどうでも良いですから。本当にそれは、それ乗り越えてから、1月4 日乗り越えてから現時点ではまだ先の大会なんで。まず本当に1月4日、全てを出し切って飯伏幸太に勝ちたいと思います」
――ありがとうございました
オカダ「ありがとうございました」
 
ライガー「(※肩を借りてインタビュースペースに着くとベンチに横たわって)あー、クソ……あー、クソ……(※しばらく息を整えて)飯伏にすまないことしたなぁ。棚橋も。あー、チキショウ! みんなで盛り上げてくれてるのに、俺が足引っ張る結果になって。レインメーカーは確かに効いたけど、隙間ができる分、切り返せるんだよね。それ狙ってたんだ。オカダ・カズチカは強かったな。(※体を起こして)これが引退する人間と、現役チャンピオンの差だよ。それだけだ!」
棚橋「(※リング上でのオカダ、飯伏、ジェイ、内藤の乱闘の一部始終をモニターで見ていた後に)この4人のこれを見せられて、心中穏やかではないけども、それは自分の責任だから。『弘至、ノブオ』が今の俺の精一杯。ただ、このままじゃ終われないよね。2020年の最終戦、後楽園ホール。最後に立ってるのは、俺にしようよ。(※『仮面ライダーゼロワン』の主人公・飛電或人の決めポーズで)弘至じゃ~、ないと!」
飯伏「2019年の最後に、いい出だしというか、最後に、いい結果を残したかったです。あと、ライガーさん。まだまだありますけど、後楽園ホール最後ということで、本当にありがとうございました。2020年は絶対、1・4、自分が勝つんで。そこは変わらないんで。2020年は本当にいい出だしにしますよ。次、やりますよ。何でもやりますから。何でも。(※立ち去りかけて振り返り)何でもやりますから」

ジェイ「(※カメラに向かって)俺だ……。俺だ……。俺だ……。勝つのは俺だ……。内藤、オマエの運命は終わりだ……。俺と呼吸しろ……」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年7月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ