New Japan Showdown

日時
2019年11月9日(土)   開場 19:00開始
会場
アメリカ・San Jose Civic(カリフォルニア州・サンノゼ)
放送
バナー
観衆
2,027人(満員)

第7試合 60分1本勝負
IWGP USヘビー級選手権試合

  • <第7代チャンピオン>

  • <チャレンジャー>

VS

境界線

※アーチャーが初防衛に成功
レフェリー|佐藤健太

MATCH REPORT

10.14両国大会で緊急決定した“IWGP USヘビー王者決定戦”を制し、新日本で初のシングル王座を戴冠したランス・アーチャーが初防衛戦で、“復活”を遂げたデビッド・フィンレーを迎え撃つ。

フィンレーはゴング前からアーチャーへドロップキック2連発で奇襲攻撃を仕掛けると、場外へプランチャを敢行。
だが、アーチャーもエプロンサイドに立つフィンレーへ足払いし動きを止めると、フィンレーを鉄柵に思いっ切り叩きつけ、LA DOJOのレスラーへフィンレーを投げ捨てる。

戦場がリングに戻っても、アーチャーはフロントハイキック、ショートレンジラリアット、ボディスラム2連発でフィンレーを追い込んでいく。
さらに、アーチャーはフィンレーの左腕を取りロープ渡りを決めると、ムーンサルトプレスも的中させる。

苦しい状況のフィンレーは、カウンターのスピアで反撃に出ると、エルボーの連打からスリーパーで締め上げていく。
続けて、フィンレーはトラースキックからアーチャーの後頭部へラリアットも振り抜くと、巨漢のアーチャーをボディスラムでリングに叩きつける。

しかし、アーチャーも死角からのショルダー・タックルをぶちかまし、チョークスラムで応戦。
ここを勝機とみたアーチャーはブラックアウトを決めると、EBDクローの体勢へ。
フィンレーはこれを丸め込みで切り返すも、カウント2。

ならばと、フィンレーはアーチャーのチョークスラムをPrima Noctaで切り返し、続けてコーナーに駆け上ってのPrima Noctaを敢行。
だが、アーチャーはこれを受け止め、EBDクローでとらえると、そのままフィンレーの頭部をリングに何度も叩きつけそのまま押さえ込み、フィンレーから3カウントを奪い初防衛に成功した。

試合後、アーチャーはフィンレーのセコンドについたジュースと睨み合うと、ジュースへ言葉を浴びせ花道を去って行った。

COMMENT

アーチャー「(※コメントスペースに入って来るなり、テーブルを倒す)俺がここにいる。ほかの誰でもない。お前に俺を倒すことなどできない。俺のようにはできない。俺にひれ伏せ。でないと、みんな死に至らしめると。お前に名を成さしめたりさせない。叩きのめすまでだ。これまでやってきたのと同じようにな。デビッド・フィンレーよ、これぐらいにしといてやる。以前と衣装を変えたぐらいで、俺をやっつけられなんかできない。ジュース、どんな気分だ? 友人がやられたぞ。それと同じで、お前にもできない。悔しいか? でも、それはお前だけじゃない。みんなそうなんだ。みんなな。ここにUSヘビー級チャンピオンがいる。あんな試合を見せられてもまだ、こいつをめぐる闘いに入って来る気か。ゴチャゴチャ言ってんじゃないぞ。面と向かって来い。ただ、痛みを味わうだけのことだけどな。とことん痛みにのたうち回るがいい。陰でこそこそ言ったり、勝手に決めつけるな。それだけの気持ちがないんだろ。お前らにこれは奪い取れない。俺はまだまだ先に突き進む。邪魔するヤツにはブーツを叩き込んでやる。隠れてインターネットゴチャゴチャ言ってるヤツなんてクソくらえだ! もう1度言っといてやる。文句があるヤツは片っ端から叩き潰す。みんな、死に追いやってやる。みんな……みんな死にやがれ!」
 
フィンレー「(※コメントスペースに入ってくるや叫びながら、テーブルを蹴り倒し、イスを投げ捨てる。そしてフロアに座り込んで)何がなんでも勝ちたかった。8カ月間、長かった。その間に俺は居場所を失った。だからこの試合で一気に取り戻したかった。復帰初戦で。負けは許されなかったんだ。ああ、俺は人生で1度も、目的を達成できないのか……。今年はほとんどを棒に振って、起死回生でUSチャンピオンを狙った。だけど、ケガする前と同じ状況に追いやられてしまっただけ。俺は何一つとして実証できないのか。妻に何と言えばいいのか。目の前でやられて……。8か月間の思いががたった一夜で壊され、トーキョードームへの道は閉ざされた。そこを一つの目標としてきたのに……。チャンピオンとして闘うことを描いてたのに……。王者でなければ、そこでの試合は確約されない。さて、どうするかだな……。だけど、一つだけチャンスが残されている。トーキョードームのリングに立つチャンスは一つだけ。俺はそこに飛び込んでいく」
ジュース「(※いつの間にかコメントスペースにやって来ていてフィンレーの言葉を聞いていたが、ここで口を挟んできた)でも勝つのが条件だぞ。勝つことが絶対条件だ」
フィンレー「わかってる。キツイこともな。ダメなら引退に追い込まれるかもしれない。でも、それしかないんだ。この8カ月のことを考えれば、やるしかない。まあ、簡単に戻って来れるとは思ってなかった。しかも復帰初戦でランス・アーチャーのUSヘビー級王座に挑戦して完膚なきまでにやられたんだからな。もう負けない。この負けが最後だ。次、『WORLD TAG LEAGUE』開幕は16日だったか。それをきっかけにのし上がってやる。見とけ。(※コメントスペースを出ていく際に一言叫ぶ)クソッ!」

  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2020年10月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
ジェイ・ワン・プランニング
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ