Road to DESTRUCTION

日時
2019年9月10日(火)   17:30開場 18:30開始
会場
静岡・ふじさんめっせ
観衆
1,066人

MATCH REPORT

 新日本プロレス本隊&CHAOSvs鈴木軍の8人タッグマッチ。棚橋とザックは、9.15別府のブリティッシュヘビー戦を控えている。また、ライガーと鈴木の因縁は、9.6後楽園ホールの“放送席襲撃事件”でさらに深まっている。

 鈴木軍がゴングを待たずに襲い掛かり、いきなり乱闘で試合がスタート。そして、鈴木がライガーに串刺しフロントハイキックを見舞う。
 だが、ライガーは金丸を突き飛ばしてDOUKIと激突させ、掌底で報復。そして、風車式バックブリーカーでDOUKIを叩きつけると、控えの鈴木にも掌底を食らわせた。
 YOH対金丸となり、金丸がロープをずらしてYOHを場外へ転落させる。その直後、鈴木が控えのライガーを場外から襲撃し、パイプイスを投げつける。
 これで大乱闘へ突入し、大ダメージを負ったYOHが完全に孤立。長時間に渡って鈴木軍の標的にされる。しかし、低空ドロップキックとフェイント式延髄斬りでザックに逆襲し、ようやく自軍コーナーへ帰還。
 タッチを受けた棚橋は、フライングフォーアーム、ドラゴンスクリューでザックに追い討ち。そして、鈴木にもドラゴンスクリューを見舞ったのち、金丸とDOUKIの脚を同時に取り、まとめてドラゴンスクリューでなぎ倒す。
 その後、ザックがコブラツイストを仕掛け、脱出した棚橋の腕にオーバーヘッドキックを浴びせる。だが、棚橋は替わったDOUKIにカウンターバックエルボー→フライングボディアタックの連続攻撃を見舞った。
 SHO対DOUKIとなり、SHOが串刺しラリアット、カウンタースピアー。だが、鈴木たちが乱入してSHOにトレイン攻撃を敢行し、そこから鈴木&ザックがサンドイッチローキック、DOUKIがダブルフットスタンプで追い討ちをかける。
 さらに、鈴木がスリーパーホールドでSHOを絞め上げ、DOUKIがデイブレイクで追撃。そして、DOUKIはスープレックス・デ・ラ・ルナを狙うが、SHOが脱出し、YOHと共にカウンターダブルジャンピングニーアタックを食らわせる。
 続いてSHOがDOUKIにバッククラッカーを見舞い、YOHがランニングフロントキックで追撃。そして、2人は3Kに行くが、鈴木&ザックがカットに入る。
 だが、ライガーがカウンター掌底で鈴木、棚橋がスリングブレイドでザックを排除。その直後、SHO&YOHが3Kをカウンターで炸裂させ、DOUKIに引導を渡した。

 試合後、棚橋は場外でテキサスクローバーホールドを極め、ザックを痛めつける。一方、大荒れとなった鈴木がパイプイスを持ってリングへ入ろうとするが、上村たちが必死に制止。すると鈴木は、上村を暴行して退場した。

COMMENT

棚橋「(※ベルトを腰に巻いて、無言のままでポージングを数パターン決めた後で)だんだん似合ってきたでしょ? ベルトとは(付き合いが)長く長くなればなるほど、体に似合ってくるんだよ」
ライガー「(※記者に向かって)お前ら、今日の試合見てわかったろ? あいつは俺に何を求めてる? 俺にかまってほしいんだ。かまってほしくてほしくてしょうがないんだ。だから俺をそれだけ挑発してるんだ。考えてみれば、かわいい後輩よ。遊んでやったっていいよ、別に。いつでも。だが何回も言うように、セコンドに手を出すな。意味がないことするな。お前の標的は俺なんだろ? 俺に来いや。若手に当たってどうすんだ? 違うか? 何度でも言う。あいつが新日本プロレスを離れていかない。なら俺が、新日本プロレスから直接、俺の手で追い出してやる。かまってほしいなら素直に言えや。かまってやるよ。遊んでやるよ。俺を、パンクラス戦(2002年11月30日、横浜文化体育館)の時の俺と思うな。あれ以降、俺は、柔術やったり、いろんな格闘技やってんだ。いつでも準備はできてんだ。そのためにレスラーは練習する。鈴木が寂しくて寂しくて、誰にもかまってもらえない“僕”が、ベルト挑戦しても獲れないよ。どうしよう? 俺が遊んでやるよ。かわいいかわいい後輩だもんね。その代わり、その代償は覚悟しとけよ」
YOH「俺がなんでね、展示をするか、ファッションもそうだけど、そこに力を入れるかって言ったら、自分に、いろんなフックをかけてみたいんだよね。そしたら、もしかしたらプロレスを知らない人も、そこに反応するかもしれない。プロレスのジャンルと違うところにフックを仕掛けることによって、まだ見たことのない人にもプロレスを見てもらえるかもしれない。だからね、ヘラヘラもチャラチャラもしてんだけど、その芯はね、芯をもって俺は試合をしてるから。あと、DOUKIが言ってたイケメン。そこに関しては、謙遜こそ最大のうぬぼれっていうじゃないスか。まあ否定はしないッス。ありがとう」
SHO「今日の勝ちも無駄にしません。ちゃんと次につなげてみせます」
 
鈴木「(ライガーは)『あいつが新日本のリングに上がり続けるなら、俺は(新日本プロレスを)辞める』って言ってた。そうか、じゃあ辞めろ。今すぐ辞めちまえ。辞めればいいじゃないか。誰もお前なんかに期待してないんだよ。オイ、ライガーよ、オイ、誰もテメェになんか期待してるか。お前の活躍なんかに、誰も期待なんかしてねぇんだ。あるのは、どうやってこの男は散るのか。それが知りたいだけだろ。あいつが散っていなくなるのはそう、明日だ……。始まるぞ。始まるぞ。いろんなもの気を付けた方がいいんじゃないか。お前は、闘い方を選べない。そしてお前は、散り方すらも選べない。ライガー、お前の選ぶ権利はない。なぜならば、お前は弱い虫ケラ以下だからだ」
DOUKI「オイ、イケメンども、お前らよ、2人で攻撃しちゃいけないって知らないのか? 反則だぞ。ふざけんな。1人で勝ってみろ」
※ザック&金丸はノーコメント

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年9月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
ジェイ・ワン・プランニング
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ