SUPER J-CUP 2019

日時
2019年8月25日(日)   開場 17:00開始
会場
アメリカ・Walter Pyramid(カリフォルニア州ロサンゼルス/ロングビーチ)
観衆
2512人

MATCH REPORT

 今年の『J-CUP』に出場した選手たちに加え、『J-CUP』提唱者のライガーが登場する8人タッグマッチ。

 レッド対イーグルスで試合開始となり、互いの動きを読んで高速で動き回る。そして、ヘッドスプリングで同時に立ち上がり、場内を沸かせる。
 ここでライガーがリングへ入ると、場内が大歓声と大「ライガー」コールに包まれる。そこから2人がタックルを打ち合い、YOHが競り勝つ。だが、ライガーが風車式バックブリーカーで報復し、倒立式トペフェイントを披露。またもや大コールを浴びた。
 TJP対SHOとなり、TJPがSHOのヘッドシザースから倒立で脱出。そこから互いにキックを打ち合う。
 続いてTJPがカンパーナを繰り出し、STFで追い討ち。だが、SHO&YOHが得意の連携攻撃でTJPを黙らせる。
 これでCHAOSがTJPを捕獲し、代わる代わる腕を攻撃して行く。その後、今度はライガー組がロメロを捕まえ、同じように集中攻撃を敢行。そんな中、田口が満を持して登場するが、ダブルスレッジハンマーをあっさりかわされてしまう。
 これで田口の動きが止まり、ロメロ、SHO、イーグルス、YOHが尻に集中砲火を浴びせる。その後、田口とYOHが対峙し、田口がマンハッタンドロップ、YOHがアトミックドロップドロップを交互に連発。最後はダブルダウンとなった。
 レッド対イーグルスとなり、レッドがミサイルキックで先制。そして、フライングニールキックでSHOとロメロを蹴散らす。
 さらにレッドは、イーグルスを背中合わせで飛び越え、同時にロメロに回し蹴りを食らわせる。これでイーグルスがひざまずくと、低空ヘッドシザースホイップで投げ飛ばす。
 その後、TJPが鎌固めでイーグルスを捕獲すると、ライガーがロメロスペシャルでYOH、レッドがカベルナリアでSHOを分断。だが、ロメロが田口のヒップアタックを簡単にかわし、仲間たちを救う。
 続いてCHAOSがTJPにトレイン攻撃を敢行し、ロメロが連続串刺しラリアットで追い討ち。そして、田口がジャンピングヒップアタックを連発し、CHAOSを次々と蹴散らす。そして、田口たちがSHOたちを引きつける中、最後はTJPが出とネーションキックでロメロを撃沈した。

COMMENT

ライガー「質問のある記者の皆さん、おりますか? ないようでしたら、こちらからコメントさせてもらいたいと思います。とにかく今日の、TJPとアメージング・レッド、そして田口監督、もう素晴らしい。このメンバーで、負ける気はしないですよね。特に、TJPとアメージング・レッド。何回も言ってますけど、ぜひ日本に来てほしいです。(※2人に向かって)プリーズ・カム・ジャパン。プリーズ。必ず、ジュニアのまた新たな流れができるかもしれませんし、そうなると僕は信じてます。それから今日の試合で一番、僕が肝心だったなと思うのは、田口監督ですね。わざとドジなところを見して、そして相手にスキを与えて、最後は締めるという。今日の試合は田口監督に始まって、田口監督に終わったっていう試合でした。まんまとしてやられた、おいしいとこ持っていかれたと、悔しい思いです。僕は以上です」
TJP「ライガーサンとは非公式にチームを組んだことがあるんです。日本のファンは知らないと思うけど。公式にも組んだことがあって、それは13年前、カナダ(ミシソーガ)でのことです(2007年5月25日=現地時間、UWAハードコア。TJPはマスクマンのプーマとして参戦)。現地の団体が特別に組んでくれた信じられないカードで、対戦相手はウルティモ・ドラゴンとオカダ。アメリカでも想像できないカードでした。それから10年以上、またチームを組みたいと思いながらやってきました。本当はすぐにでも組めると思ってたんですけどね。もう組めないのかと思ってました。そして、アメージング・レッドと組むのも10年ぶりになるでしょうか。こんな世界的な舞台でこの2人と組めるなんて……。あと、タグチサンとは同窓生みたいなものなんです。ともにヤングラオンとして過ごしてきました。2004年には一緒に『ヤングライオン・カップ』に出ています」
ライガー「ワオ!」
TJP「トーキョードーム(2003年5月1日)でも彼と闘い、ドロップキックを決めてます。あの時はまだ18歳でした。それははっきりと覚えてます。すっかりスーパースターになった彼と今日、組めたことは幸せこの上ないこと。また組みたいですね。今では34歳になってしまいましたけど、こんな幸せな時が訪れるなんて……」
レッド「ここに自分がいることが不思議な感覚です。わずか2、3カ月前、この世界から去ろうって考えてました。そのときTJPとともに出場しないかという話をいただいて。夢がかなった思いでいっぱいです。神様が最後にくれた贈り物。ファンのみんなにも感謝したいし、本当のアメイジングです」
TJP「そんなに謙遜しなくても……」
レッド「最後に実現したって感じで。ほんとに、最後の最後で。もう、プロレスに対して気力を持ち続けることがしんどくて。やっと解放された感じ」
ライガー「監督どうぞ」
田口「TJPは一緒に『ヤングライオン・カップ』を闘った中で。僕はどんどん年老いてって、後藤はスーパースター
年老いていって、TJPはスーパースター。そんなでほんとに、自分は年老いてスピードもなくなり、ノーパワー、そしてハンサムフェース。それしかないですけどね」
TJP「強いお尻があるじゃない」
田口「お尻だけは鍛えられました。ライガーさんはよく言ってくださいましたけど、ただ単についていけないだけで。なんとかやっていけてるだけで.最後はうまく締まりが。何事も締まりが良ければいいということで。締まりよければすべてよし。キュッとね、締めましたんで。締まりがよろしいようで……」
 
ロッキー「(※頭を押さえながら)痛みが激しいよ。ロビー、君が必要だったんだ。CHAOSにようこそ。だから最初にしゃべってくれ」
ロビー「みんな、快くCHAOSに入れてくれてありがとう。オリジナルメンバーであるROPPONGI 3K、ここにロビーが加わったんだから、“ロビー3K”だな」
ロッキー「ウェルカム・トゥ・ザ・ロビー3K」
ジュース「ウェルカム・トゥ・ザ・ロビー3K。だけど調子がいいTJP、アメージング・レッド、タグチ、ジューシンサンダー・ライガーと組んだチームに負けてしまった。その理由としては1番目に領収書、次の機会には泣けずに動こう。次は同じようにはならない。俺たちが勝つ。なぜなら俺は彼らの力を必要としていたことを証明するんだから」
ロッキー「“これぐらいで良しとしといてくれ。それにしても痛むなあ……。ロビー、みんなに紹介する方、こっちに来て。
YOH「今日ね、ツイッターでこっちのレスリングマガジンでね、タッグチームのランキングが出て、6位だったんです。逆にね、コツコツコツコツやってきて、よかっなと思いますね。ただ、俺らが目指してるのか、一番だから。それはね、タッグでもシングルでもチームでも一番を狙うっていう意味で、これでねロビーさんもCHAOS入ってきてくれて、これがいい刺激になって、高め合っていけたらなと。ということでもっと、強くなって、こっから疾風のごとく加速して、成長していきます。見ててください」
SHO「まあ、この『SUPER J-CUP』、やっぱり世界中には、すげえレスラー、すげえジュニアがいるなって、まだまだたくさんいるんだなあってわかった。だからこそ、だからこそ世界一になるためには、層が厚い。層が厚いからこそ、やりがいがる。もう、とにかく今日、今日が俺の30歳前の、20代最後の試合だったけど、完全にNEXTとみて、30代も全力で頑張ります」
ロッキー「俺がみんなが日本語で話したことを通訳をしてあげよう。YOH、お前の口から出たのは、タッグチームとして過去最高である世界6位だってことだ。彼らはここにいる。でも、それだけで終わらない。IWGPジュニアタッグのタイトルを取り戻さないといけない。あのスカイエンドロール、ELPとBONE SOLDIERからベルトを取り戻して、ナンバーワン・タッグチームであることを満天下に示さないといけない。それができれば、すぐに世界一になる。そして、それはいつまでも続く。SOHはあと2、3日で30歳になる。30歳になって、しっかり目標を定める。この『J-CUP』は最後まで勝ち残ることはできなかったけど、彼はジュニアタッグだけでなく、ジュニアのシングル王座も狙っていく。IWGPジュニアのシングル王座を手にするのは、いつかなんてのんきなことはいわない。すぐにだ。近い将来だ。そしてロビー・イーグルスもそれを狙っている。CHAOSに加入したことで、新しい敵を見据えている。プロフェッショナル・レスラーとして、よりよい環境に身を移すのは当たり前のことだ。とにかく感謝を伝えておきたい。これからまた先に向かって進んでいく。過ぎたことは過ぎたこと。ジェイ・ホワイト、ELP、タマ・トンガ……BULLET CLUBの勢いを止めるには、ほかのユニットが一丸となる必要がある。EVIL、あのEVILのダークネスを引き込むためには意見も交わさないといけない。BULLET CLUBを叩きのめすという共通の目的があるのなら。これまで嫌っていたヤツとも、いつまでも拒否してばかりいるわけにもいかない。敵対視していたイブシの力も借りないとね。過去に戻るわけにはいかない。今日は今日でしかない。明日はまた別の日だ。(※YOH&SHOに向かって)いいか? わかったか?」
YOH「イエス」
ロッキー「メディアの諸君、しっかりと伝えてくれよ。FOX、ESPNの皆さん。サンキュー」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年11月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ