KIZUNA ROAD 2019

日時
2019年6月17日(月)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナーバナー
観衆
1,689人(満員)

第6試合 時間無制限
イリミネーションマッチ

(※退場順)1.(14分17秒 反則)鈴木×、2.〇オカダ(15分15秒 OTTR)金丸×、3.〇アーチャー(16分28秒 OTTR)オカダ×、4.〇アーチャー(18分00秒 OTTR)YOH、5.〇アーチャー(18分35秒 アイアンクロー体固め)SHO×、6.〇石井(21分36秒 OTTR)アーチャー×、7.〇タイチ(21分54秒 OTTR)石井、8.〇YOSHI(25分39秒 OTTR)タイチ
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 CHAOSと鈴木軍が激突する5vs5イリミネーションマッチ。6月25日(火)仙台で行われるブリティッシュヘビー戦ザックvsYOSHI-HASHIの前哨戦でもある。なお、SHO&YOHは前日の後楽園大会で石森&ファンタズモに敗れ、IWGP Jr.タッグ王座から陥落。また、同所では『G1 CLIMAX 29』の出場メンバーが発表されたが、鈴木軍のボスである鈴木が落選。一方、構成員の1人であるタイチは初出場が決まった。

 オカダ対アーチャーで試合の幕が開き、ロープ際でオカダがクリーンブレイク。そして、ロープワークでフェイントをかけると、カニばさみから低空ランニングフロントキックを見舞った。
 次にオカダはボディスラムを仕掛けるが、持ち上げられず、アーチャーが反対に投げ捨てる。しかしオカダは、替わった金丸にジャンピングエルボードロップを見舞った。
 続いてSHO&YOHが連携攻撃で金丸を痛めつけ、SHOが串刺しラリアットで追い討ち。その後、左右のエルボー連打を打ち込むが、金丸が後ろ髪を掴んで引き倒した。
 YOSHI-HASHI対ザックとなり、ザックが顔を何度も小突いて挑発。するとYOSHI-HASHIがショルダータックルを見舞うが、ザックが腕にオーバーヘッドキックを浴びせて逆転。
 ここから大乱闘が巻き起こり、鈴木軍がCHAOSを圧倒。ラフプレーで徹底的に痛めつけて行く。そして、そのままYOSHI-HASHIが長時間のローンバトルへ強いられるが、カウンター逆水平チョップ、フェイント式バックキックで鈴木に逆襲し、自軍コーナーへ戻った。
 ようやくスイッチしたオカダは、カウンターランニングエルボーで鈴木に追撃。そして、タイチにフロントハイキック、金丸にフラップジャックを見舞う。
 その直後、鈴木がオカダに襲い掛かり、串刺しフロントハイキック、ランニングローキック。続いてエルボー合戦を挟み、ドロップキックを回避した鈴木ががランニングローキックをヒットさせる。
 さらに鈴木は強烈なエルボーを連発し、一本足頭突きからスリーパーホールドで捕獲。だが、ロープ際だったために海野レフェリーがブレイクを命じる。
 そこから鈴木はヒールホールドで追撃。ところが、オカダがロープを掴んでも技を解かず、怒った海野レフェリーがキックを浴びせ、頭を平手で叩く。これに鈴木が激怒して海野レフェリーを投げ飛ばし、なんと反則で最初の失格者となった。
 その直後、タイチ&金丸がオカダを急襲。しかし、オカダが金丸をコーナー最上段へ座らせ、ドロップキックをお見舞い。これで金丸を場外へ転落させ、オーバー・ザ・トップロープ(OTTR)で失格に追い込んだ。
 オカダ対アーチャーとなり、アーチャーが串刺しバックエルボー3連発。そして、OTTRを狙うが、オカダが脱出して背後からドロップキックを見舞う。
 その後、オカダがショートレンジドロップキックを浴びせると、アーチャーは死角からのショルダータックルで報復。そして、オカダを投げ飛ばし、OTTRで失格させた。
 そこへSHO&YOHが飛び込み、アーチャーをエプロンへ追いやる。だが、アーチャーが2人を激突させて復活。
 それでもSHO&YOHはダブルジャンピングニーアタックを見舞う。だが、アーチャーがYOHのダイビング攻撃を片手で受け止め、チョークスラムで叩きつける。そして、ブラックアウトでSHOに大ダメージを負わせると、YOHをOTTRで失格させる。そして、ブレーンクローでSHOの頭を鷲掴みにし、そのまま押さえつけて3カウントを奪った。
 その直後、石井がリングへ入るが、アーチャーがエルボー連打、逆水平チョップ連打を受け流し、フロントハイキック、カウンタータックルを見舞う。
 それでも石井はブレーンバスターに行くが、アーチャーが抵抗して変型ボディスラムで叩きつける。しかし、石井がアーチャーを突き飛ばし、控えのYOSHI-HASHIがカウンターエルボーをお見舞い。そして、石井が今度こそブレーンバスターで投げ捨てる。
 その後、アーチャーが石井をエプロンへ追い込み、フロントハイキックを発射。これを石井が受け止め、両者がエプロンでやり合う展開となる。
 そこから石井はアーチャーに担がれるが、うまくリング内着地。そして、間髪入れずにランニングラリアットを食らわせ、アーチャーをOTTRで失格させた。
 その直後、タイチが背後から石井に襲い掛かり、エプロンへ追いやる。すると石井はトップロープ越しにブレーンバスターを仕掛けるが、DOUKIが場外から足を掴んで妨害。これで難を逃れたタイチが石井にジャンピングハイキックを食らわせ、OTTRで失格させた。
 これでCHAOSはYOSHI-HASHIのみとなり、タイチがローキック連打を浴びせる。だが、YOSHI-HASHIが逆水平チョップとヘッドシザースホイップで巻き返し、ザックをボディスラムで投げる。
 さらにYOSHI-HASHIはタイチのボディにバックキックを食らわせ、トップロープ越しに投げ捨てる。ところが、DOUKIが海野レフェリーの視界を遮り、タイチは勝手に復活してしまう。
 そこからザック&タイチが2人がかりで痛めつけ、タイチがローリングソバット、ザックがランニングローキック。そして、タイチがミドルキックで側頭部を撃ち抜く。
 続いてタイチは天翔十字鳳を放つが、YOSHI-HASHIが回避してスクールボーイで丸め込み、そのままバタフライロックを極める。そして、カットに来たザックをラリアットで排除。
 次にYOSHI-HASHIはカルマを仕掛けるが、タイチが海野レフェリーにしがみついて抵抗。さらに、DOUKIが背後から襲い掛かる。
 だが、YOSHI-HASHIがトラースキックでDOUKIを吹き飛ばし、タイチと激突させて排除。そして、タイチをトップロープ越しでエプロンへ追いやると、低空ドロップキックで場外へ落として失格させた。
 これでYOSHI-HASHIとザックの一騎打ちとなり、YOSHI-HASHIが串刺し逆水平チョップからエルボー乱打。そして、ブレーンバスターの体勢に入ると、ザックの抵抗を跳ね除けて投げ捨てる。
 続いてYOSHI-HASHIはパワーボムの体勢へ入るが、ザックがグラウンドへ引き込み、三角絞めで絞り上げる。しかし、YOSHI-HASHIは辛うじてロープエスケープ。
 するとザックはYOSHI-HASHIが左肩に施していたテーピングを剥ぎ取り、ローキック連打で挑発。そして、エルボースマッシュを浴びせるが、YOSHI-HASHIが逆水平チョップで張り合う。
 その直後、ザックはエルボースマッシュから逆さ押さえ込みに行くが、YOSHI-HASHIが切り返して反対に肩をつける。だが、ザックが変型卍固めで挽回し、(正調)卍固めへ移行。しかし、YOSHI-HASHIが技を解き、そのままザックをエプロンへ追い込む。
 するとザックはトップロープ越しにスリーパーホールドを極めるが、YOSHI-HASHIがショルダーアームブリーカーに切り返して脱出。
 その直後、YOSHI-HASHIが逆水平チョップでザックを落として失格へ追い込み、1人残りでCHAOSの勝利となった。

COMMENT

オカダ「同じAブロック、ランス……あんな化け物だったっけかねぇ? 久しぶりに戦って、ビックリしたよ。ビックリしたということは、楽しみだから。ザックも久しぶりにやるし。確か前回負けてたねぇ、イギリスで。楽しみだね、『G1 CLIMAX』」
YOH「YOSHI-HASHIさんに、元気もらいました。黒がね、負けが続いても、オセロみたいにさぁ、形勢がさぁ、一瞬で白に変わる。だから、俺はそれを信じて進んでいきますよ。それはね、先輩が教えてくれたから。そして、仙台。ザック・セイバーJrとYOSHI-HASHIさんのタイトル戦、YOSHI-HASHIさんが勝ってくれると信じてる。一瞬でね、立場が、『G1 CLIMAX』に、チャンピオンに、なるって、信じてます」
YOSHI-HASHI「今(リング上で)言ったとおり、ザック・セイバーJrが、それだけ余裕で俺に勝つっていうのであれば、ベルトと、『G1 CLIMAX』の、アイツの出場権をよこせ。これはオフィスが決めることであって、何ともわかんないけど。あと、ザック・セイバーJr、アイツがホントにビビってないのなら、懸けろって。そして、次の仙台で俺がアイツからベルトを獲れば、チャンピオンとして『G1 CLIMAX』に臨む……と言いたいところだったけれども、俺が思うに、今回、選考から漏れた人いるでしょ? 仮に俺が勝って俺だけ出たら、その人たち、不満でしょ? 俺が仙台でもしアイツに勝って、アイツの出場権をいただくとしたら、今度の『G1 CLIMAX』の開幕戦、ダラス、第1試合前のダークマッチでもいいからさぁ、バトルロイヤルで決めたらいいんじゃない。不満がある人が出て。俺はそう思うけどね。どうだろうか。まぁとりあえず、次の仙台、アイツからベルト、獲ってみせます!」
 
鈴木「(一度控室に入りながらも再びバックステージに戻ってきて)そうやって、ああ? 新日本、てめえらみんなでグルじゃねえか! 正義の味方・オカダが勝つように! なんだあれ? なんだあれ? 蹴ったの誰だ!? おい! レフェリー! 貴様だろう! 誰に手あげてんだ? 誰のこと足蹴にしてんだよ! おい、新日本! (小声でドスを効かせながら)絶対許さねえからな……。俺はプロレス界の王だ……」
アーチャー「イシイよ、お前はただラッキーだっただけだ。まあいいだろう。ピットブル、今日のところはいいだろう。それはさておきオカダだ。IWGPヘビー級チャンピオンはずっとお前の物ではないぞ。よく覚えておけ。お前の持ち物ではないぞ。俺が『G1』で勝って、お前のもとにたどり着いてやるから、よく覚えておけ。俺はIWGPに挑戦したい。できることなら東京ドームで闘ってもいい。俺がお前のところにたどり着いてやる」
タイチ「おい、YOSHI-HASHI、てめえこの野郎! 調子に乗ってんな! 『G1』にも出られねえクソみてえな奴が。何のチャンスも活かせなかったよう(な奴が)。何してきたよ、今まで。だから今年出れねえんだ、てめえみてえな奴はよ。それがザックに対してこのベルトと『G1』の権利賭けろだ? バカかお前! そんなことやってザックに何のメリットがあんだよ。バカだろ、その提案よ。てめえはなんだ? てめえは消え去んのか? じゃあ、この世から消えろてめえみてえなクソみてえな実力もねえ、『G1』にも出れねえ、その他何の結果も残せねえ(奴は)。なんか一回でも獲ったことあんのかよ、お前。クソが。調子に乗んなよ、この野郎」
ザック「YOSHI-HASHI、お前は『G1』のメンバーに入れなかったんだって? 今日、オーバー・ザ・トップロープで勝ったぐらいで何言ってんだ。これはロイヤルランブルか? ロイヤルランブルじゃないんだよ。ここはニュージャパンだぜ。その結果は俺には意味を成さないんだ。俺にとってはどうでもいいんだ。お前、今日俺の肩とかにダメージを与えることができたのか? 何もないだろう。俺はダメージを負ってないぞ。タイトルマッチでは完璧に俺の世界にお前を誘い込んでやる。お前、『G1』に出たいって? そんなことは俺には関係ない。それよりタイチ、お前はイシイと対戦することについて話したほうがいいんじゃないの?」
タイチ「そうか、そうか。てめえ、石井、今日発表されたな? いい舞台用意されたな。どこか知ってるか? どこだか憶えてるか? そこだけ見てんだよ。日本武道館だ、石井と。もう一回やるのにいい舞台揃ったな、石井。そうか。武道館と言えば四天王。四天王vs暗黒四天王。武道館、楽しもうぜ、おい」
※金丸はノーコメント

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年9月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
ジェイ・ワン・プランニング
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ