BEST OF THE SUPER Jr.26

日時
2019年5月23日(木)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナーバナー
観衆
1,715人(札止め)

第10試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr. 26」Aブロック公式戦

VS

  • (3勝2敗=6点)

  • (5勝0敗=10点)

境界線

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 現IWGP Jr.王者で3勝1敗のリーが、4戦全勝でシングル無敗記録を更新中の鷹木と激突。

 試合開始のゴングが鳴ると、リーが握手を求める。これに鷹木が応じるも、そのまま手を離さずにバックを取る。そして、両者が切り返しの応酬で激しく動き回り、互角の攻防を展開。
 その後、鷹木がカウンターショルダータックルを浴びせると、リーはヘッドスプリングで素早く立ち上がり、ローリングソバットをお見舞い。
 続いてリーはヘッドシザースホイップで鷹木を場外へ落とし、トップロープを越えてエプロンで倒立。そのまま場外へ飛び降りる。ところが、鷹木がリーを担いでエプロンへ投げ捨て、DDTで場外マットへ突き刺す。
 これで鷹木が試合の主導権を握り、トップロープ越えのフットスタンプ、踏みつけ攻撃、トップロープを利用したダブルフットスタンプ、ダブルチョップ、セントーン、ボディシザース、ブレーンバスター、膝蹴り連打、追走式キチンシンクなどでリーに追撃。しかしリーは、カウンターの武者返しで逆転に成功。
 さらにリーは鷹木をエプロンへ追い込み、ジャンピングハイキックを見舞う。そして、トップロープ越えのヘッドシザースホイップを繰り出すが、鷹木が受け止める。
 ここからエプロン上の攻防となり、リーがジャンピングニーアタック。ところが、鷹木がデスバレーボムでリーをエプロンへ激突させ、大ダメージを負わせる。
 リングへ戻った鷹木は、スライディングラリアット、盤面パンチ&逆水平チョップ連打、エルボー連打などでリーに追撃。しかし、リーが追走式串刺しドロップキックで逆襲し、エルボー連打、ストンピング連打、串刺し低空ドロップキックに繋ぐ。
 これで両者がエキサイトし、エルボー合戦を展開。リーが連打で押し込むも、鷹木が左右のエルボー連打で対抗し、ショートレンジジャンピングニーアタックを食らわせる。
 すると鷹木は追走式ラリアットをヒットさせるが、リーもすぐに追走式ラリアットをお返し。これで鷹木が場外へ落ちると、トペスイシーダを食らわせる。
 リングへ戻ったリーは、ジャーマンスープレックスホールドで追撃。しかし、鷹木が低空ランニングニーアタックを受け止め、カウンターバックエルボー、顔面パンチをお見舞い。そして、ショートレンジラリアットでリーを吹き飛ばす。
 続いて鷹木はコーナーへのぼるが、リーが背後から襲撃し、ハイキックで宙づりにする。そして、パタダス・エン・エル・ペチョを食らわせると、PKで追い討ちをかける。
 次にリーはデスヌカドーラを仕掛けるが、鷹木が抵抗し、変型バックフリップで叩きつける。そして、串刺しラリアットで追撃すると、リーはすぐにカウンタージャンピングニーアタックで反撃。ところが、鷹木がすぐに熨斗紙で報復。そして、パンピングボンバーからフォールに行くが、リーはギリギリで肩を上げる。
 両者へ向けた大コールで場内が騒然となる中、鷹木はラスト・オブ・ザ・ドラゴンの体勢に入るが、リーが変型回転十字固めに切り返す。すると鷹木は熨斗紙に行くが、リーが回転エビ固めで逆襲。そして、鷹木がキックアウトした直後に低空ランニングニーアタックを食らわせる。
 そこからリーは再び低空ニーアタックを放つが、鷹木が受け止めてヘッドバットをお見舞い。しかし、リーがロープの反動を利用したジャーマンスープレックスで逆転し、ショートレンジジャンピングニーアタック、リバースフランケンシュタイナー、低空ニーアタックと一気に畳み掛ける。
 それでも鷹木が粘ると、リーは膝のサポーターをずらして低空ニーアタックをお見舞い。しかし、鷹木がフォールを跳ね返す。
 さらに場内が騒然となる中、リーはまたもデスヌカドーラを狙う。ところが、鷹木がその体勢からラスト・オブ・ザ・ドラゴンに切り返し、逆転勝利を収めた。

COMMENT

鷹木「強烈だなドラゴン・リー。マジ、アゴがズレたよ。まあデスペみたいに休むわけにいかねえから。這ってでも出るから。一瞬の隙きを狙っていたが、あの野郎、最後まで隙きなんかなかった。24だろ? おい、俺が24だったら間違いなく5分で終わってるな。だが、今の俺はわけわかんねえけどよ、なんか負け知らずの神様が憑いているみたいだから。金丸戦のあとはあえて無敗って言ったけど、マーティとドラゴン・リーを連破したら、ハッキリ言う。全勝優勝! 令和初、初出場全勝優勝だ! まあ残り3つか? 気を抜かず……こんなこと言ってっと明日ころりとTAKAみちのくに負けたりするかもしんねえから。勝って兜の緒を締めたいと思う。ドラゴン・リー、おもしれえな。これでちっとは俺のことが眼中に入ったろ」

リー「(※床にへたり込み、何とか報道陣に向き直ると、壁に背を預けてコメント)鷹木はとても強くて、対戦するにはとてもしんどい相手だった。そして、ジュニアヘビーの体型ではないと思う。あの勢いも力強さも全て、ジュニアヘビーの枠を超越していると思う。でも、僕は何回も言ってるけど、まだ5年しかキャリアがない中で、毎日毎日いろんな選手と当たって勉強してきている。だから、僕がこれまで歩んできたルチャ人生の中で、怖いものは何もない。毎日毎日が学びだから、それで自分がどんどん強くなっているということに、楽しくて仕方ないんだ。そして、日本のファンの皆さんは、いつも本当に心から僕のことを応援してくれて、ありがとう。その応援があるからこそ、残りの試合もまた頑張れるよ。ありがとうございました」

  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2022年6月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ