Road to レスリングどんたく 2019

日時
2019年4月22日(月)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナーバナー
観衆
1,619人

MATCH REPORT

 第4試合はオカダ・カズチカ&石井智宏&飯伏幸太&YOH&SHOvsSANADA&EVIL&内藤哲也&BUSHI&鷹木信悟。5.4福岡(IWGPヘビー級王座戦=オカダvsSANADA、スペシャルシング=石井vsEVIL)、4.26広島(IWGPジュニアタッグ=SHO&YOHvsBUSHI&鷹木)のトリプル前哨戦となる。
 内藤は4.20愛知で、ザック・セイバーJr.を下してIWGPインターコンチネンタル王座防衛を果たした飯伏に次期挑戦をアピール。飯伏もこれに呼応したことから、今大会以降のカードが変更となり、内藤とタッグマッチで連日対戦することに。飯伏は4.20愛知で新日本再入団を電撃発表、今回はその所属第一戦となる。
 
 ゴング前から石井とEVILはにらみ合いを展開。そして石井が早くも逆水平チョップ。だが、EVILは仁王立ちで受け流すと、先発を買って出る。石井も登場し、両者はロープワークを使った攻防。そして激しい技の切り返しから、EVILがEVILを仕掛けるも、石井はこの動きを読んで距離を取る。
 続いて両者は手四つの状態で力比べ。EVILが押し込むが、石井も盛り返す。互いに胸をぶつけあい、力のこもった攻防。続くショルダータックル合戦では、石井が競り勝つ。石井はSHOとスイッチするが、EVILは石井をダブルチョップでダウンさせる。
 EVILとスイッチした鷹木は、SHOと激しいショルダータックル合戦からエルボーの打ち合い。鷹木は追走式ラリアットを決めるが、SHOもドロップキックを炸裂。そしてジャーマンを狙うが、鷹木が脱出。しかし、YOHがリングインし、ROPPONGI 3Kは連携の低空ドロップキック。そして、BUSHIにはダブルのドロップキックをお見舞い。
 SHOは鷹木に串刺し攻撃を狙うも、鷹木はうまく切り抜ける。するとL・I・Jの面々がリングインし、相手チームを場外戦に連れ出す。L・I・Jはそれぞれがそれぞれの獲物を蹂躙。鷹木はSHOを豪快に鉄柵に打ち付ける。EVILは石井を「西」と書かれた案内プレートに叩きつける。
 リング上、BUSHIがTシャツでSHOにチョーク攻撃。さらに胸板に張り手を食らわせてからネックブリーカードロップ。続いてSANADAがSHOに串刺し攻撃。SHOが切り抜けるも、SANADAはパラダイスロックで捕獲。そして臀部に低空ドロップキックをヒット。
 次は内藤がSHOの右腕を捕獲し、BUSHIがダブルアックスハンドルを落としていく。さらに内藤はSHOの右腕を絞り上げて痛めつける。YOHがカットに入るも、BUSHIがDDT。スイッチした鷹木に対し、SHOはエルボーを連発。だが、鷹木はダブルチョップ一発でSHOを吹き飛ばす。さらにキチンシンク。そして相手のスピアーを受け止めるも、SHOも負けじとブレーンバスターで鷹木を叩きつける。
 続いて飯伏と内藤のマッチアップ。内藤とEVILのダブル攻撃を切り抜けた飯伏は、二人まとめてオーバーヘッドキック。さらに内藤をキックでダウンを奪い、その場飛びムーンサルトプレス。しかし、内藤はヒザで迎撃し、飯伏の後頭部に低空ドロップキックをヒット。
 さらに内藤はマンハッタンドロップ、延髄斬りとたたみかけるが、続くフライングフォアアームをかわした飯伏はジャーマン。しかし、内藤もすぐに起き上がってジャンピングキック。ともに意地を真っ向からぶつけあう。
 次はオカダとSANADAが対峙。SANADAはフランケンシュタイナーで叩きつけ、TKOを狙う。しかし、こらえたオカダはエルボー。ここからエルボー合戦となり、競り勝ったSANADAがスワンダイブ攻撃を狙うが、オカダはリバースネックブリーカー。そしてツームストンパイルドライバーの体勢に入るも、SANADAは脱出。ここから技の読み合いとなり、オカダがドロップキックをヒット。オカダは一気にレインメーカーを仕掛けるも、SANADAはかわして高角度のバックドロップ。
 スイッチしたYOHはSANADAにフライングフォアアーム。さらにBUSH、SANADAと連続でドラゴンスクリュー。ここからSANADAにCHAOS&飯伏がトレイン攻撃。そしてYOHがSANADAにファルコンアローを見舞うが、L・I・Jがカット。
 ROPPONGI 3Kは鷹木にダブル攻撃を狙うも、しのいだ鷹木はSHOにショートレンジラリアット。これを合図に両軍入り乱れる攻防となり、YOHが延髄斬りでEVILを場外に排除。
 YOHはSANADAをドラゴンスリーパーで捕獲。すかさずSANADAはドラゴンスリーパーに切り返すも、YOHは巧みに首固めへ。これをSANADAが返すと、YOHはドラゴンスープレックスの体勢へ。SANADAが切り抜けると、間髪入れずにBUSHIがコードブレイカー。そしてSANADAがYOHをドラゴンスリーパーでブン回し、最後はSkull Endでギブアップ勝ちを収めた。

COMMENT

鷹木「この前はSHOがギブアップして、今日はYOHがギブアップしたな。オイ、いよいよ、広島のタイトルマッチは今週だぞオイ今週! SHO! YOH! 頼むから、広島までは体もってくれよ! もちろん俺たちは、明日・明後日、潰す気でいくからな!」
BUSHI「チャンピオン! どうしたオマエら、えぇ!? やっぱりベルトが似合わないんじゃないのか? そのベルト、オマエらには重すぎるんじゃないの? なぁ、小松、明日はメインでタッグマッチだよ。オマエと当たるのを楽しみにしてるよ。En Serio、マ・ジ・で!」
内藤「俺の次のテーマがなぜ、インターコンチネンタル王座なのか。皆様思い出してください。今年の1月、後楽園ホール大会での試合後、バックステージで俺、『インターコンチネンタル王座とIWGPヘビー級王座を同時に獲りたい』と、この場で宣言したんだよ。あの時の言葉、俺、ウソじゃないから。本気でそう思ったからこそ言ったわけでね、軽い気持ちで言った言葉じゃないんだよ。あの発言がもし、数年前の発言だったらまだしも、今年の1月だから。つい3ヵ月前の話ですよ。あの時の言葉を俺は、なかったことにしたくないんだよ。だって、本心だからね。だから俺の思いは変わらないかな。インターコンチネンタル王座とIWGPヘビー級王座を同時に保持する。今でも俺は、それを狙ってますよ。
それから『リマッチ』って言うの? 俺、あんま好きじゃないんだよね。特にタイトルマッチで負けた直後、前王者が『俺が前王者だから』っていう理由だけでリマッチをするの、俺は嫌いなんだよね。だから俺、『前王者』っていうワード、使ってないよ。名古屋のマイクで、使ってないからね。それにあの場で、俺、言ったでしょ? 『今、このインターコンチネンタルのベルトに興味がある選手は、今すぐ出てきたほうがいいぜ』って。その結果、誰か出てきましたか? 誰も出てこなかったよ。ってことは今現在、あのベルトに興味があるのは、俺だけってことでしょ? だからこの件に関して、他の選手にゴチャゴチャ言われる筋合いはないよ。だって俺しか、意思表示してないんだもん。リング上でも言ったでしょ? 思ってることは口に出さなきゃ、誰にも何も伝わらないんだよ。
それから……まだあるんだけどさぁ、今日はこれぐらいにしておこうかな。また明日、後楽園ホールで話そうかな。つまり、この先の話を聞きたいのであれば、ここ後楽園ホールに来ればいいんじゃないですか? 俺の話を明日、またゆっくり聞いてください。アディオス!」
EVIL「(※インタビュースペースのベンチに座って)賭けてるよ。賭けてるぜ、この戦いにな。それは、他でもない石井だからだよ。石井というレスラーが、タフで、ハードで、強えぇのは、みんな分かってるだろう? 本人も言ってたよな、『こんなもんじゃない』って。こんなもんじゃない、プラスアルファ、面白ぇじゃねぇか。この俺が、全てを飲み込んでやる。それと、それと、この石井戦の裏テーマが決まったよ。“新日本への闘い”だ。クソみたいな既成概念は、この俺がぶっ壊してやる! あ~、熱くなるぜ……(※と、控室へ)」
   
オカダ「ま、ホントにSANADAさんも、挑戦者らしい感じにやっとなってきたんじゃないかと思います」
――愛知県体育館が終わって、また変わってきた印象がある?
オカダ「ま、その結果は今日の結果なんじゃないかなと思います。Skull Endで1本獲るっていうことは今シリーズ、なかったと思うし。俺も取り返さなきゃダメでしょう。あれ、オカダ、チャンピオンになって物足りなくなったね。なんて言われたくないからね。これからまた、行きたいと思います」
※YOHはSHOと一緒に苦しそうな表情で登場
YOH「あ~~。風が、風が、……まだ足りない! あ~~! もっと鋭く……」
SHO「そう。今日、勝つことも大切だ。だけど……! ああ、初防衛戦、かかっているんだ俺たちは。かけているモンがデケーんだ! こんなとこで負けて、たまるか。平成最後のチャンピオン、俺たちROPPONGI 3K。あ~。去年、鷹木信悟! よく新日本に来てくれたよ。来てから、スリーカウント、ギブアップ、一回も獲られてねえみてえじゃねーかよ。最初に獲るのは俺たち、ROPPONGI 3Kだ!」
飯伏「入団会見、した日なんでね。あの~。勝ちたかったですけど。まあ、ちょっともっとガツガツ、いきたかったですけど。まあ、内藤さんもそうなんですけど、何よりもボクの中ではちょっと、オカダさんと初めて組めたのが、気持ちよかったですね。またいつか闘ってみたいなと。まあ、でもいまは……内藤さんですか。またですか。また、また……」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ