HONOR RISING:JAPAN 2019

日時
2019年2月23日(土)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナーバナー
観衆
1,687人(満員)

第7試合 60分1本勝負
IWGPタッグ選手権試合

  • (第82代チャンピオンチーム)

  • (チャレンジャーチーム)

※チャンピオンチームが防衛に失敗。タマ&ロアが新チャンピオンとなる。
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 第7試合は現IWGPタッグ王者のEVIL&SANADA組が、G.O.D(タマ・トンガ&タンガ・ロア)を相手に二度目の防衛戦。
 両チームは昨年の『WORLD TAG LEAGUE』の優勝決定戦で対峙し、L・I・Jタッグが劇的勝利。EVIL&SANADA組はその勢いを駆って、今年の1.4ドームのIWGPタッグ王座戦ではヤングバックスを加えた3WAYマッチを制し、G.O.Dからベルトを奪取した。
 1.4ドームで王座陥落した直後から、タマは“グッドガイ”を名乗りはじめ、暴力性が薄れていくも、2.9大阪での本隊&CHAOSとのイリミネーションマッチで突如覚醒。以前よりも狂暴さが増し、2.11大阪でロアと共に真壁刀義&矢野通組を下すと、その試合後にIWGPタッグ奪還を宣言した。
 タッグベルトの価値向上を掲げるL・I・Jタッグが、前王者を返り討ちにするか? それとも復讐に燃えるG.O.Dが新日本のタッグの至宝を強奪するか?
 G.O.Dは邪道の先導で入場。L・I・Jタッグはベルトと共にリングイン。
 
 先発はEVILとタマ。互いに牽制しあい、ようやくロックアップで組むと思いきや、タマが不意打ちのパンチ。そこからヘッドロックを掛け合うと、いきなりガンスタンとEVILのモーションに入り、場内を沸かせる。
 EVILはタマをショルダータックルで吹っ飛ばし、さらに逆水平チョップを連発。しかし、タマもドロップキックで反撃。
 次はロアがEVILを軽々と抱え上げてアバランシュホールド。そして力強いエルボーを見舞い、ボディスラムの状態からEVILの顔面をターンバックルに叩きつける。そしてブレーンバスターを炸裂。
 G.O.DはEVILにダブルのショルダータックル。そしてタマがEVILにチンロック。さらに打撃のコンビネーションから打点の高いドロップキックをヒット。EVILのローンバトルが続く。
 続いてロアがEVILを両肩に担ぎ上げる。これを着地したEVILは、ロアの足をレフェリーに預け、土手っ腹にトラースキック。
 ようやくスイッチしたSANADAは、ロアに低空ドロップキック。そしてパラダイスロックで固め、ロープに走ろうとするが、邪道が竹刀を構える。だが、SANADAは踏みとどまり、邪道に対してプランチャ。
 リングに戻ったSANADAはロアの臀部に低空ドロップキック。そしてTKOを狙うが、ロアは切り抜けてロープへ。SANADAはカウンターのフランケンシュタイナーを狙うが、ロアは捕獲。しかし、着地したSANADAはジャパニーズレッグロールクラッチホールド。だが、ロアが脚力で跳ね返すと、邪道がSANADAの頭部に竹刀攻撃。場内はブーイングに包まれる。
 ロアがSANADAを場外に投げると、タマが捕獲。そこに邪道が竹刀攻撃を見舞う。さらにタマがSANADAを会場の壁に叩きつける。ロアは場外でEVILに馬乗りになってパンチ。続いて「西」と書かれた案内板にEVILを叩きつける。G.O.Dは場外戦でL・I・Jタッグの体力を削っていく。SANADAはカウント19でどうにかリングに生還。
 G.O.DはSANADAにダブルのドロップキック。ピンチのSANADAに対し、場内は「SANADA」コール。SANADAはカウンターのドロップキックを放つも、タマはギリギリで見切り、ロアとタッチ。
 ロアはSANADAにエルボードロップを3連発。さらに串刺し攻撃を繰り出すが、SANADAはかわし、ドラゴンスクリューを炸裂。ここでようやくEVILとスイッチと思いきや、タマが場外からEVILの足を引っ張って阻止。
 G.O.DはSANADAにダブル攻撃を狙うが、SANADAはドロップキックでまとめて吹っ飛ばす。スイッチしたEVILはG.O.Dそれぞれにショルダータックル。さらにふたりまとめてブルドッキングヘッドロックとネックブリーカーを放つ。
 EVILはロアをフィッシャーマンバスターで叩きつけるが、フォールはカウント2。ならばとダークネスフォールズの体勢に入るも、ロアは切り抜ける。さらにEVILのラリアットをかわし、豪快な串刺しラリアット。そして雪崩式攻撃を狙うが、EVILはエルボーで応戦。するとロアはサミングで動きを止め、一気に雪崩式ブレーンバスター。しかし、フォールはカウント3寸前でEVILがキックアウト。
 ここでロアはエイプシットの体勢に入るが、EVILは切り抜け、変則的な角度からラリアットをヒット。
 次はタマとSANADAのマッチアップ。スピーディーなロープワークを展開し、SANADAがリープフロッグ二連発からドロップキックを炸裂。そしてTKOを狙うも、タマが切り抜ける。続くドラゴンスリーパーを巡る切り返し合戦から、タマがトンガンツイスト。
 ロアがSANADAをスピアーのようにコーナーに叩きつけ、そこにタマが串刺し攻撃を繰り出そうとするが、EVILがラリアットをヒット。SANADAもロアにドロップキックを放ち、EVILが追撃のラリアットでロアを場外に排除。
 L・I・Jタッグはタマにマジックキラーを狙うが、タマは切り返してEVILにDDT。ならばとSANADAはタマにドラゴンスリーパー。タマは脱出するとガンスタンを仕掛けるも、こらえたSANADAはドラゴンスリーパー。そしてSkull Endに入り、タマがグロッキー状態に陥ると、自ら技を解いてラウンディング・ボディプレスを放つ。だが、これはタマにかわされてしまう。
 ここでロアがリングに生還し、SANADAにエイプシットを狙う。SANADAが切り抜けると、ロアが突進。しかし、SANADAがかわすと、間髪入れずにEVILがロアにラリアットを炸裂。そこからL・I・Jタッグはすばやい連携を見せ、SANADAがロアをバックドロップで場外に排除。
 今度はSANADAがタマにドロップキック。そしてL・I・Jタッグはマジックキラーを狙うが、タマは脚力でSANADAを吹っ飛ばし、レフェリーが巻き込まれてしまう。
 タマはEVILをコーナーに押し込むと、邪道がリングに上がり、SANADAに竹刀攻撃を狙う。だが、EVILが阻止し、邪道をマジックキラーの体勢に捕らえるも、ロアがカット。そしてSANADAにジャーマンを敢行。
 ロアはEVILにエイプシットを狙うが、EVILは切り抜けてEVILへ。だが、タマが妨害し、G.O.Dがゲリラ・ウォーフェアをお見舞い。
 ここでSANADAがスワンダイブで飛び込み、G.O.Dに気づかれると着地。しかし、G.O.Dはカウンターのキルショット。そしてロアがスピアーでSANADAをコーナーに打ち付け、すかさずタマが串刺しボディプレス。そしてスーパーパワーボムを決め、最後はタマがSANADAをピンフォール。場外で邪道がEVILのカットを妨害しているうちに、G.O.Dが王座奪還に成功した。
 
 試合後、G.O.Dはセカンドロープに上り、ベルトを掲げて勝利を誇示。

COMMENT

タマ「成功への鍵、それはただ勤勉に働くことではないんだ。一生懸命さだけではない。ブレないこと、これが大切なんだよ。それはどの職業でも同じことだ。料理でもテニスでもプロレスでも全部同じなんだ。とにかくブレないこと、そして一生懸命に努力すること。俺はこの両方をやってきたんだ。そしてやられてもすぐ起き上がること。どんなに痛い目に遭っても諦めないこと。それが俺が成功している要因なんだ」
タンガ「IWGPヘビー級タッグチーム・オブ・ザ・ワールド、5回目の君臨だ!」
 
※SANADAは、指を1本指差して、再戦をアピール。若手に担がれながら控室へ。
※EVILは床に倒れこんでのコメント。
EVIL「クッソオ……。無下に、無下に扱いやがって……、俺らの、俺らのプライド、傷付けやがって。おまえら許さねーぞ? このコメントは! IWGPタッグ、そのものに対してのコメントだ。クッソオ……!」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ