Road to THE NEW BEGINNING

日時
2019年1月29日(火)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナー
観衆
1,732人(札止め)

MATCH REPORT

 第6試合は2.3札幌の3大タイトルマッチの前哨戦として、L・I・J(内藤哲也&SANADA&EVIL&BUSHI&鷹木信悟)と鈴木軍(鈴木みのる&ザック・セイバーJr.&タイチ&金丸義信&エル・デスペラード)が総力戦。前夜のイリミネーションマッチでは、鈴木軍が勝利を収めている。試合前、TAKAみちのくは鈴木軍を“ネクストチャンピオン”として紹介すると、L・I・Jを招き入れる。L・I・Jはそれぞれベルトを携えて登場。
 タイチはロープを空けて内藤のリングインを促す。そしてゴングを待たずに奇襲攻撃を狙うが、この動きを読んだ内藤は迎撃。ここから両軍は場外戦へ突入。内藤はパーカーを使ってタイチの首を絞める。
 リング上、ザックがEVILのリストを決める。だが、EVILも取り返して応戦。続いてエルボー合戦へ。さらにEVILが逆水平チョップを決めると、ザックはエルボーアッパーを連発。そこから技の読み合いを展開し、最後はEVILがショルダータックルでザックを吹き飛ばす。
 次はSANADAと鈴木のマッチアップ。SANADAは串刺し攻撃をしのぐと、コーナーからトンボを切る。ここからロープワークの展開となり、SANADAが低空ドロップキックをヒット。そしてパラダイスロックを狙うが、鈴木は切り抜けて張り手。鈴木は「ざけんなコノヤロー!」と怒りをあらわにする。
 続いて両者は激しいエルボー合戦。SANADAは串刺し攻撃を読むとスワンダイブ攻撃を狙うが、鈴木はぶら下がり式の腕ひしぎ逆十字へ。
 ここからまたも両軍総出の場外戦に雪崩れ込む。鈴木はSANADAの背中にパイプイス攻撃。さらに場内設備の鉄板を持ち上げてSANADAの上に落とす無慈悲な攻撃。タイチは内藤の顔面を場内パネルに叩きつける。
 SANADAはカウント19でリングにギリギリ生還。デスペラードはSANADAの指に踏みつける拷問攻撃。タイチはSANADAを場外で鉄柵に叩きつける。ザックと鈴木は場外でSANADAのリストを交互に決めていく。鈴木軍がSANADAに徹底した集中攻撃。
 リングに戻されたSANADAに対し、デスペラードはバックエルボー。次は金丸がSANADAにハンマーロックの状態からのボディスラムを連発。続いてザックがSANADAの左腕を両足でツイスト。
 タッチした鈴木はSANADAの左腕に脇固め。そして腕固め、腕ひしぎ逆十字と攻め立てるが、SANADAはなんとかロープエスケープ。
 鈴木はSANADAの背中に強烈なサッカーボールキック。続いてエルボー合戦に入るが、SANADAはスキをついてドラゴンスクリュー。そして内藤にスイッチしようとするが、鈴木が阻止。しかし、SANADAはミサイルキックを決め、なんとか内藤にスイッチ。
 内藤は飛び出してきたタイチの技をかわし、低空ドロップキックをヒット。さらにコーナーミサイルと見せかけ、フェイントを使って低空ドロップキック。そして寝転んで腕を突き上げて挑発。
 内藤はタイチのバックを取るが、タイチは海野のレフェリーをつかむ。続いてタイチが内藤にバックドロップを仕掛けようとするも、今度は内藤もレフェリーをつかんで阻止。
 タイチと内藤は互いにふてぶてしい笑みを浮かべる。内藤はグータッチを要求するが、タイチは応じると見せかけ顔面かきむしり。さらにジャンピングキック決めるが、内藤もトルネードDDTで反撃。
 次は鷹木が飛び出すが、金丸とデスペラードがダブル攻撃を狙う。しかし、鷹木はパワーで切り抜け、金丸にブレーンバスターを仕掛ける。だが、金丸はうまく切り抜ける。さらに鷹木のうしろ髪をつかむも、鷹木はダブルチョップ。ここで技の読み合いから、鷹木は豪快なブレーンバスター。
 今度はBUSHIが飛び出し、鷹木と共に金丸にトレイン攻撃。さらに連携のバッククラッカーを決めるが、金丸はカウント2でキックアウト。ならばと鷹木&BUSHIはリベリオンを狙うも、デスペラードがBUSHIにスピアー。さらに金丸は鷹木に低空ドロップキック。
 デスペラードと金丸はBUSHIに連携のバックドロップ。そして金丸はディープインパクトを決めるが、これは内藤とSANADAがカットイン。すると鈴木はSANADAを場外戦に連れ出す。
 金丸はBUSHIにムーンサルトを発射。かわしたBUSHIはライトニングスパイラルを決め、EVILとスイッチ。EVILは相手コーナーのザックに突っ込むも、ザックはEVILの左腕を捕らえる。しかし、EVILはアームブリーカー。
 EVILは金丸にラリアットを決めてからダークネスフォールズ。だが、金丸はカウント2でキックアウト。ならばとEVILはEVILを狙うも、ザックがカットに入り、EVILの左腕にオーバーヘッドキック。
 すぐさまSANADAがEVILにドロップキックを決めるが、鈴木がフロントキック。すると内藤が鈴木に低空ドロップキック。
 だが、タイチが内藤にトラースキックを決め、パンタロンを脱ぎ去って天翔十字鳳へ。しかし、内藤は蹴り足を捕らえるとツバを吐きかけてから急所蹴り。そして一気にデスティーノを炸裂。
 混戦模様の中、EVILが捕獲した金丸に対し、鷹木がパンピングボンバー。最後はEVILが金丸にEVILを決めて3カウントを奪取。L・I・Jが前夜のリベンジを果たした。

COMMENT

鷹木「金丸、ざまぁみろ、このヤロウ! 明日は、今日以上の右腕を(※右腕で力こぶを作って誇示)テメェにブチ込んでやるからな!」
BUSHI「いよいよ明日だな、デスペラード! オマエと当たるシングルマッチ、楽しみにしてたよ! オメェのきったねぇマスク、今度こそ俺が剥いでやるから、覚悟しとけよ!」
EVIL「ザックも、鈴木も、よくしゃべる野郎だな、オイ! あんなおしゃべりのクソ野郎は、札幌の地で葬り去ってやる。そして、俺とザックのシングルは、誰にも邪魔させねぇ。よく覚えとけ! This is EVIL! Everything is EVIL! 全ては……EVILだ!」
内藤「札幌大会にて行われるIWGPインターコンチネンタル選手権まで、あと(※指を折って数える)5日。タイチ選手、そして、タイチ選手を応援している皆様には申し訳ありませんが、(※報道陣を指差し)皆様の予想通りの結果、そして、IWGPインターコンチネンタル王座を、俺は防衛することになりますよ。内藤哲也は、インターコンチネンタル王座を保持しながら、一体何を見据えているのか(※目を見開くポーズ)。皆様、去年の10月、両国大会を思い出してくださいよ。当時のIWGPヘビー級チャンピオン、ケニー・オメガに、飯伏幸太、そして当時のUSヘビー級王者、Codyが挑戦したわけですよ。つまり、他の王座を保持しながら、IWGPヘビー級王座に挑戦することは可能ってことでしょ? じゃぁ、俺はそこを狙っていこうかな。インターコンチネンタル王座と、IWGPヘビー級王座を同時に保持すること、俺はその史上初の偉業を目指していきますよ。
ところで! ところで! 今日はKUSHIDAのラストマッチ? どうでもいいよ! いなくなるなら、さっさといなくなれ。そして! 二度とこのリングに帰ってくんな! カブロン!」
※SANADAはノーコメント。

デスペラード「明日だ、明日! 北海道まで行かねえぞ。仙台で終わりだ。てめえら2人ともだ。いいか、鷹木、BUSHI! よくもやってくれたな。てめえらなんかよ、ビビる存在じゃねえんだよ!」
ザック「まあいいんじゃないか? いったいEVILは今まで俺を何回倒したことがあるんだよ。何回、今まで俺を倒した? 俺は毎日でもやってやってもいいんだよ、あいつと。あいつはもっと大きく成長しろよ。EVIL、邪悪って言うけど、あいつはあいつにとってのピンチ、クライシスなんだ。イメチェンでもしたらいいんじゃないか? 今日は腕を攻めてきたけれども、あんな腕の攻め方は俺には冗談にしか映らない」
※鈴木、タイチ、金丸はノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ