九州三国志 presents POWER STRUGGLE ~SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018~ 

日時
2018年11月3日(土)   15:30開場 17:00開始
会場
大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
放送
バナーバナー
観衆
5,441人(札止め)

第9試合 60分1本勝負
IWGPインターコンチネンタル選手権試合

  • <第19代チャンピオン>

  • <チャレンジャー>

ジェリコが初防衛に成功
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 10.8両国大会でザックとの試合前にジェリコの襲撃を受けて、試合そのものを潰されたEVIL。インターコンチのベルトが賭けられた試合でリベンジに挑む。
 
 ジェリコが入場し、マスクを脱ぎかけたところでEVILが急襲し、試合はスタート! 串刺し式ラリアットを食らわせて先制だ。しかし、ジェリコはするすると場外に逃亡。EVILもそれを追いかけて場外へ。両者、場外で乱闘を繰り広げる。
 ここはEVILが圧倒し、ジェリコを鉄柵に叩きつけ、場外でブレーンバスターだ。さらにテーブルをリング下から取り出したEVIL。足を立てて設置すると、ジェリコをパワーボムの体勢に捕らえる。
 しかし、ジェリコはリバースで切り返し、逆にEVILを鉄柵に叩きつける。そしてテレビカメラを奪ってEVILを撮影し、今度は髪の毛を引っ張って本部席のほうへと投げ飛ばす。さらにEVILを本部席のテーブルの上に立たせるとDDTだ。
 まだまだ攻撃の手を緩めないジェリコは本部席のテーブルを覆っていた新日本のロゴの入ったエプロンを持ち出し、鼻をかむという暴挙で観客からブーイングを集める。そして、EVILがリングに戻るとダイビングボディアタックだ。
 続けて逆水平チョップで攻め込むジェリコ。EVILもチョップで返していくが、すかさず延髄斬りで黙らせる。それでもチョップで攻め込むEVILだが、ジェリコはすぐさまトラースキックで遮断。ライオンサルトで追撃だ。
 倒れているEVILの顔面を蹴り飛ばすジェリコ。そしてコーナートップに上がる。EVILは立ち上がってこれを追いかけ、最上段でジェリコを捕獲。雪崩式ブレーンバスターを仕掛けていく。これをジェリコは蹴り飛ばして落とすと、ダイビングバックエルボーアタックだ。
 しかし、EVILもチョップで反撃。ジェリコの蹴り足をレフェリーに預けて攻撃すると、ロープにもたれかかったところでラリアット。ジェリコを場外に追いやる。そして、先程のお返しとばかりに鉄柵に叩きつけたEVIL。
 今度はイスを取り出し、ジェリコの首に引っかけてから鉄柱に叩きつける。そしてホームランでフルスイングだ。リングに戻ると串刺し式ラリアットから、フィッシャーマンズバスターを連続で繰り出したEVIL。コーナーにジェリコを追い込んで足で踏みつけながら首にダメージを与えていく。
 そして、低空の串刺し式ドロップキックを放ったEVIL。だが、ジェリコはこれを捕まえてウォールズ・オブ・ジェリコの体勢に。しかし、EVILは足の力で投げ飛ばして阻止。ロープ際に移動していたジェリコに突進していく。
 しかし、ジェリコはロープを緩めて、EVILを場外に落とそうとする。EVILはなんとかエプロンに着地したものの、すぐさまジェリコは三角飛び式のミサイルキックで追撃だ。しかし、EVILは意地でも場外に落ちない。ロープを掴んでエプロンサイドに帰還する。そして、突っ込んできたジェリコを捕まえると、ブレーンバスターの体勢に入る。場外には先程設置しておいたテーブルが残っている。
 ジェリコもエプロンに着地して阻止。ならばとEVILは頭突きでジェリコを黙らせ、テーブル目がけて、断崖式のEVILだ。この荒技でチャンスを握ったEVILはジェリコをリングに戻すと、コーナー最上段からダイビングセントーンを発射。
 距離を見誤り若干ズレてしまったが、それでもEVILの流れ。ジェリコをファイヤーマンズキャリーで強引に持ち上げる。だが、ジェリコはこれを切り返して、ウォールズ・オブ・ジェリコ。ステップオーバーし、腰をしっかりと落とす。
 悶絶するEVILだが、なんとかロープエスケープ。ジェリコがレフェリーに文句をつけている間に体勢を立て直したEVILはラリアットだ。ジェリコもバックエルボーで反撃するが、続くライオンサルトはEVILに避けられて自爆させられてしまう。
 このチャンスにEVILは倒れているジェリコを無理やり持ち上げると、ダークネスフォールズだ。しかし、ジェリコもすぐさまサムソンクラッチで反撃。コードブレイカーを仕掛けるが、EVILはこれをキャッチして至近距離からラリアットだ。
 両者ダウンの状態から、逆水平チョップとエルボーの打ち合い。ジェリコがロープに走ると、EVILもコーナーに走り、ジェリコを狙う。しかし、ジェリコはこの動きを読んでいた。コーナーから自分目がけて走ってきたEVILをにカウンターのコードブレイカーだ。
 ここはなんとかキックアウトしたEVIL。ジェリコは苛立ちながらEVILを引っ叩き、マットに顔面を叩きつける。そして、コーナートップからダブルアックスハンドルを握ってダイブ。これを読んだEVILは避けて、EVILの体勢に。
 しかし、ジェリコもこれを阻止。そしてラリアットを放つ。これをEVILはブロックして捕まえると、左でEVILを発射! ジェリコがキックアウトするとラリアットを炸裂させて、再びEVILへ。だが、ジェリコはこれを逃れてEVILを突き飛ばし、レフェリーに激突させようとする。
 これを踏ん張ってこらえたEVIL。ジェリコの蹴り足もキャッチしてダークネスフォールズの体勢に入る。しかし、ジェリコはフランケンシュタイナーで切り返す。そして、そのまま両足を掴んで、ウォールズ・オブ・ジェリコだ。勝負を決めにきたジェリコは先程よりも高角度で、腰もガッチリと落として極めにかかる。さすがのEVILも万事休す。ジェリコがEVILをタップアウトさせ、勝利をもぎ取り、インターコンチ王座の初防衛に成功した。

COMMENT

ジェリコ「(※コメントスペースのテーブルに並んでいるビールを見て)水をよこせ! 水だ、水! 早くしろ! インタビューしてほしかったら、まずは水をよこせ。ここに持ってこい! 水を用意しとけ! なんでビールなんだ! 水はないのか!? このクソッたれどもが! 水はどうした! 水をくれなかったら、俺はしゃべらないぞ! なんで水はないんだ! インタビューしてほしいんだろ!? だったら、まずは水だ! お前ら、ジロジロこっちを見るだけで! 水って言ってんだろ! ニホンジンはこんな簡単なこともわからないのか! ビールを出されて、みんな喜ぶと思ってんのか! このビールはお前たちにくれてやる! 俺をコケにしやがって! 水だ、水! クリスのお話は、水と引き換えだ。オイ! まあ、EVILはとんでもなくタフなヤツだった。ナイトーはのっそり出てきやがったけどな。ナイトー、お前はすでに俺に叩きのめされてるんだ。このオーサカでな。俺がタイトルマッチにつなげるのにそうしたように、俺を叩きのめせばリマッチできるとでも思ってんのか!? トーキョードームだろうが、コーラクエンホールだろうが、マジソン・スクウェア・ガーデンだろうが、どこであっても、俺はお前の前に立つことはない」
※ここでようやくミネラルウォーターが到着。水を頭からかけて、口に含んだジェリコは落ち着きを取り戻した様子。
ジェリコ「今日はクラシックな試合をお見せしてやった。わかるか? こんなクラシックな試合は久しぶりだ。EVILにとっては初めてだったろうけど、俺にとっちゃ257試合目だ。クラシックの中でもクラシックで、古典的な試合だ。俺がGOAT(Greatest of  All Time=すべての時代においてもっとも偉大)だといわれる理由がわかっただろ? 日本に“GREATEST of  ALL Time”と言われるような男はいるか? いないだろ? でも、ここにいる。それが真実だ。どこかにいるというなら、見つけてこい。このインターコンチネンタル王座史で俺ほどの男はいなかったはずだ。お前らにそれができるか? できない。ほかにそれができるヤツがいるか? いない。俺のように完璧な英語を話すヤツがいないのと同じだ。俺がガイジンだから文句があるようだけど、俺はニュージャパンのヤツらにはまだ負けてない。日本人にはな。無敗の男だ。まあ、EVILも素晴らしい選手だったな。素晴らしい試合だった。でも俺は長いあいだ、世界最高でいる。そんな俺と1対1で闘えてよかったな。これでお前も名が上がるだろう。そしてナイトー、お前が6月にあれほど注目されたのは、1月にコーラクエンホールで俺に襲われたからだ。そして(6月の試合で)さらに名前が知られるようになった。だけどな、ここでもう1回言って念を押しておく。ナイトーとのリマッチはない。絶対にな! この先ずっと!」

※EVILはフラフラになってバックステージに現れ、「チキショウ…」と悔しそうに声を絞り出して姿を消した。

内藤「ホント、たま~にしかやって来ない、“自称・世界のスーパースター”クリス・ジェリコが、いまこの新日本プロレスのリングでいきがってるのは、俺の責任かもしれないね。リング上で言ったとおり、次の挑戦者は俺だよ。クリス・ジェリコに決定権は…残念ながらない(キッパリ)。今日この時点で、彼の次の対戦相手は決まったよ。LOS INGOBERNABLES de JAPON・内藤哲也ってね。ただ、ここで勘違いして欲しくないのは、俺はEVILの敵討ちをするわけじゃないから。俺は(6.9)大阪城(ホール)で彼に負けた。この悔しさを晴らすために、彼と試合するんであって。EVILは、今日悔しかっただろう。自分の借りは自分で返せばいいよ。俺はEVILの敵討ちがしたいがためにリングに上がったわけじゃないから。それだけはしっかり覚えといて下さい。さあ、“自称・世界のスーパースター”は忙しいのかな!? 今日、さっさと帰っちゃったかもね。次に来るときは……あなたの目の前に立ってるのはこの俺だ。ただで帰れると思うなよ、カブロン!」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ