九州三国志 presents Road to POWER STRUGGLE ~SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018~ 

日時
2018年11月1日(木)   17:30開場 18:30開始
会場
静岡・ツインメッセ静岡 南館
放送
バナー
観衆
1,456人(満員)

第7試合 30分1本勝負
「SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018」公式戦

VS

  • (3勝4敗=6点)

  • (5勝2敗=10点)

境界線

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 第7試合は「SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018」の最終公式戦として、KUSHIDA&クリス・セイビン組(3勝3敗)とROPPONGI 3K(SHO&YOH=4勝2敗)が激突。KUSHIDA組は優勝戦線から脱落しているが、RPG 3Kはここで勝てば首位タイに並び、優勝への望みを残す。KUSHIDAはIWGPPジュニアヘビーのベルトを巻いて入場。
 
 先発はKUSHIDAとSHO。場内は「ロッポンギ」コールが発生する。両者はグラウンド勝負に入ると、ジックリとした攻防を魅せる。KUSHIDAが一旦距離を取り、セイビンとスイッチ。するとYOHがリングイン。
 セイビンはYOHを変形コブラツイストで捕獲。さらに丸め込みに持ち込むが、これはカウンと2。続くロープワークの展開ではYOHがフライングフォアアーム。しかし、ここでKUSHIDAが入り、セイビンと共に連携からYOHの顔面にキック。
 KUSHIDAはYOHの左腕をマットに叩きつけ、さらにリストをねじり上げ、セイビンと共にすばやいタッチワークで左腕を交互に痛めつける。さらにKUSHIDAはアームブリーカー。続く串刺し攻撃をかわしたYOHはSHOにスイッチ。
 SHOはエルボーの連発から気合を入れると、バックに回る。だが、KUSHIDAは脱出しハンドスプリングエルボー。そしてSHOの左腕の関節を固め、そこを踏みつける拷問攻撃。
 次はセイビンがSHOの左手をマットに何度も叩きつけ、ダメージを蓄積させる。セイビンがSHOを場外に落とすと、KUSHIDAが場外マットの上でボディスラム。SHOは苦悶の表情
を浮かべる。SHOはカウント17でリングに生還するも、すぐにKUSHIDAは場外に投棄。そして、今度はセイビンがボディスラムで叩きつける。SHOは腰を押さえながら、カウント15でリングに戻る。
 KUSHIDAはSHOをボディスラムで叩きつけ、執拗にフォールを狙う。ここからKUSHIDA組はSHOにトレイン攻撃。だが、かわしたSHOはKUSHIDAに強烈なラリアット。さらにセイビンのトルネードDDTをこらえ、強引にアバランシュホールドへ。
 次はYOHがセイビン、KUSHIDAの順でドロップキックをヒット。さらに二人にドラゴンスクリューをお見舞い。続いてセイビンにはネックブリーカーを決め、雄叫びを上げる。
 そしてYOHはコーナー際でセイビンに延髄斬りを叩き込み、その背中にフットスタンプ。ここでRPG 3Kはセイビンにトレイン攻撃。そしてSHOのバッククラッカー、YOHのジャンピングキックとたたみかける。ここを勝機と見たRPG 3Kは3Kを仕掛けるも、セイビンはこらえてYOHにトルネードDDT。KUSHIDAもSHOにジャンピングDDTを敢行。
 セイビンはエプロンを走りながら、場外のSHOにサッカーボールキック。そしてKUSHIDAがYOHを肩車したところに、セイビンがミサイルキック。だが、フォールはYOHがカウント2でキックアウト。
 ならばとKUSHIDA組はOUT A TIMEを狙うが、これはSHOがカット。しかし、KUSHIDA組は流れるような連携からの低空ドロップキックを炸裂。そしてOUT A TIMEを仕掛けようとするが、もう一度SHOがカットイン。
 ここからYOHはセイビンに逆さ押さえ込み、首固めを仕掛けるもフォールは取れず。逆にセイビンが逆さ押さえ込みで固めるが、SHOがバックに回ってぶっこ抜きジャーマンを二連発。3発目はKUSHIDAがカットに入り、SHOにカサドーラ。そのままSHOの両足を抱え、海野レフェリーに渡すと、ガラ空きのSHOの両腕にKUSHIDA組はキックを見舞う。
 KUSHIDA組はYOHにサンドイッチ式のキックからOUT A TIMEを仕掛けるが、YOHは間一髪でかわす。ここでSHOがKUSHIDAに強烈なスピアー。するとセイビンがSHOにジャンピングキック。そのセイビンにはYOHがトラースキックを炸裂。
 RPG 3KはKUSHIDAに合体のアバランシュホールドを敢行。そしてセイビンにはダブルニーを決め、さらに合体技を狙うも、切り抜けたセイビンは同士打ちを誘い、エルボーを連発。さらに技の読み合いからロープに走るが、RPG 3Kはカウンターの3Kを炸裂。この一撃でYOHがフォールを奪い、ROPPONGI 3Kが5勝目をゲット。

COMMENT

ロッキー「2017年10月、俺はROPPONGI(VICE)を、さらに大きくして、強くして、速くして、3000倍素晴らしいものにしたチームを作ると約束した。そして、それを証明するために、俺はSHOとYOHを組ませてタッグチームとしてデビューさせた。彼らはニュージャパン・プロレスリングに現れてすぐにIWGPジュニアタッグのベルトを奪い取った。わずか1カ月、最後にオーサカでな。それを覚えてるか? それと同じことになる。彼らは『SUPER Jr. TAG TOURNAMENT』で優勝したんだ。そしてニュージャパンは2018年、その舞台をさらに大きなものにした。それがこの『SUPER Jr. TAG LEAGUE』だ。SHOとYOHのためにな。勝って勝って勝ちまくる。世界を見渡した中でのジュニアヘビー級のプロレス界におけるゴールド&シルバー・スタンダードとして、ROPPONGI 3Kはオーサカで輝く。スズキグンなんてウンコだ。怯えてるLOS INGOBERNABLES de JAPONなんて、『ナカスゾ、コノヤロー』だ。En Serio、マジデ。SHOとYOHが優勝チームとして、腕を高々と差し上げている。しかも2連覇してな。『SUPER Jr. TAG LEAGUE』でもチャンピオンになるのさ。そして、カネマル、デスペラードが持っているあのベルトを3Kが取り戻す。お前がそれを抱いていられるのも、あと少しだ。そして3Kが、長くそれを持ち続ける。永遠にな。じゃあ、また、会おう(※と言って、先に引き揚げる)」
YOH「OK。僕はこう語りますよ。やることも一つ。することも一つ。SHO、優勝するぞ……(※と言い残して、SHOを残して控室へ)」
SHO「(※1人残って)そう、さっき、(リング上で)マイク持とうかな、マイク持ってしゃべろうかなとおもったんだけど、それは優勝してからでいんじゃない? いや、優勝して、あいつらが持ってるベルト、取り返してからでいいんじゃない? 俺たちはもはや、失うものは何もねえんだよ。取り返すだけだ……」
 
KUSHIDA「いやあ、わかっていたけど、(ROPPONGI)3K、お前らの実力は本物だ」
セイビン「これでトーナメント(リーグ戦)は終わってしまった。俺にとっては仕切り直しという意味もあったチームだった。(※KUSHIDAを指して)お前のような世界最高のレスラーと組んだわけだけど、俺はベストじゃなくてベターレスラーでしかなかった。少し劣っている分だけ、やられてしまった。それはダメなレスラーという意味合いもある。だけど、俺たちのチームはこのトーナメントで始まった。この先、もっと悪くなることはない。次があることを期待してるよ。俺たちはこのまま鋭い切れ味を保っていくし、力を合わせて闘っていく」
KUSHIDA「俺たちの闘いは続いていく。Keep Going。なんか、このシリーズ、たくさんのことを教えてもらい、ディフェンスもオフェンスも、タッグチームのチームワークも、いっぱい教えてもらった。なんとなく、アレックス・シェリーを介して、せっかく(組んだんだから)、いけるところがあるかもしれない。その気分待ち。(※セイビンに向かって思いを伝えるように英語で)多くのことをお前から学ばせてもらった。サンキュー。決勝をご覧の通り3WAYにさせてしまった。たとえ、1点差、何点差かわからないけど、善戦だとはいえ、負けは負けだから」
セイビン「これで終わったわけじゃない。俺たちのチームはこれで終わりなんかじゃない。悪いチームで終わってなんかいられない」
KUSHIDA「イエス。サンキュー・ベリーマッチ」
 
デスペラード「ここ(コメントスペース)に来たけどよ、俺はあそこでしゃべったから、(ほかに)何も言うことはない。なんかありますか?」
金丸「あ? コイツが(会場で)言った通りだよ。どんな手を使ってでもだな。わかってんだろ? それだけだ。
デスペラード「ROPPONGI(3K)、あと……そうだな、あの時は鷹木、お前はいなかったな。BUSHI、思えは覚えてるだろ。俺はさっきまで忘れてたんだけど、お前らの顔見たら、ちょっと思い出したんだよ。俺たちがまず、大田区でタイトルマッチした時ってよ、同じシチュエーションじゃなかった? 残念でしたね」

鷹木「11.3大阪での決勝は3WAYか。俺にとっては得意な形式だ。勢い付く3Kは再び叩く。そして、金丸とデスペラードはとにかく気に入らん。デスペはエラく余裕ぶっこいてるな? 面白い、とことんやろうぜ! 目には目を歯には歯を」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
九州三国志
ファイプロ
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
わかさ生活
マッスルプロジェクト
新日本地所
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
ブラザー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ