Road to DESTRUCTION

日時
2018年9月7日(金)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナーバナー
観衆
1,712人(札止め)

第7試合 60分1本勝負
スペシャルタッグマッチ

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 9.15広島で行われるIWGPヘビー戦を前に、王者ケニーと挑戦者・石井がスペシャルタッグマッチで前哨対決。

 オスプレイ対飯伏で試合がスタート。オスプレイがショルダータックルを浴びせると、飯伏がすぐさまヘッドスプリングで立ち上がる。その後、飯伏がハイキックを放つと、オスプレイがヘッドスプリングで回避する。
 すると、飯伏はヘッドシザースホイップを繰り出すが、次の串刺し攻撃はオスプレイが回避。そこから両者が互いのミドルキックをかわし、同時に放ったショートレンジドロップキックが交錯した。
 石井対ケニーとなり、石井がエルボー連打。すると、ケニーはフロントハイキックで挽回してブレーンバスターの体勢に入るが、石井が反対に投げ捨てる。
 続いて石井は、逆水平チョップとヘッドバットを連発して行くが、飯伏がカットへ入る。そして、2人は連続リープフロッグで石井を惑わせ、飯伏のハイキックからケニーがコタロークラッシャー。
 これで石井は場外へ落ちるが、すぐにリングへ戻ってケニーにカウンタータックルを食らわせる。ここからオスプレイ&石井がケニーに波状攻撃を仕掛け、石井が串刺しラリアット、オスプレイがローリングソバット、石井がジャーマンスープレックスホイップ。さらに、オスプレイが石井を踏み台にし、トルニージョを食らわせる。
 そのまま劣勢になったケニーだったが、強烈な逆水平チョップで石井に逆襲。これで2人がチョップを打ち合い、そこから石井がバックドロップを繰り出す。だが、ケニーがバク宙で着地し、反対にバックドロップで投げ捨てる。
 これで石井が孤立する展開となり、飯伏がスリーパーホールドで苦しめる。そして、ケニーは石井をニュートラルコーナーへ追い込み、頭部を狙ってストンピングを連発。
 しかし石井は、ツバを吐いてケニーを挑発し、体勢を入れ替えてエルボー逆水平チョップ連打を見舞う。それでもケニーは逆水平チョップを浴びせるが、石井はカウンターパワースラムで追撃。
 オスプレイ対ケニーとなり、オスプレイがトップロープを利用した619、変型飛びつきネックブリーカードロップ、その場飛びシューティングスタープレス。そして、サマーソルトキックからシャイニング延髄斬りを放つが、ケニーがかわしてドラゴンスープレックスホイップで投げ捨てる。
 そこへ石井が入るも、飯伏がスワンダイブミサイルキックで場外へ蹴散らす。そして、ケニー&飯伏はクロススラッシュでオスプレイ&石井に追撃。
 そこからケニー&飯伏がオスプレイに波状攻撃を敢行し、ケニーがカミカゼ、飯伏がその場飛びシューティングスタープレス、ケニーがライオンサルト、飯伏もライオンサルト。そして、合体ジャーマンスープレックスを狙うが、オスプレイがハンドスプリングオーバーヘッドキックで2人をまとめて場外へ落とし、サスケスペシャルをお見舞い。
 今度はオスプレイ&石井がケニーを捕獲し、ダブルインパクト式パワーボムを食らわせる。そして、石井が串刺しラリアット、バックドロップで追い討ち。
 次に石井はパワーボムの体勢に入るが、飯伏が背中にミドルキックを浴びせてカット。さらに、ケニーがカウンタージャンピングニーアタック、飯伏がカウンターハイキックを同時に石井へ見舞う。
 ここでケニー&飯伏はゴールデン☆トリガーを仕掛けるが、オスプレイがフライングボディアタックで妨害。ところが、2人が倒れず、そのままオスプレイを場外へ投げ捨てる。
 次にケニー&飯伏はゴールデンシャワーを狙うが、石井が立ち上がって飯伏を転落させる。そして、雪崩式ブレーンバスターでケニーを叩きつけると、オスプレイがスワンダイブファイヤーバードスプラッシュで追撃。
 その直後、石井はスライディングラリアットからフォールに行くが、飯伏がカット。すると石井はロープへ走るが、ケニーがカウンタージャンピングニーアタックを食らわせる。しかし、石井はすぐさまカウンターラリアットで報復。
 続いて石井はブレーンバスターの体勢に入るが、ケニーが脱出し、高速ドラゴンスープレックスホイップで逆襲。そして、Vトリガーから片翼の天使に行くが、石井が抵抗してジャーマンスープレックスを繰り出す。これをケニーがバク宙で切り返すが、石井がジャンピングニーアタックをブロックしてヘッドバット。そこからロープへ走るも、ケニーがカウンタージャンピングニーアタックでダウンさせた。
 オスプレイ対飯伏となり、エルボー合戦でオスプレイが押し込む。すると、飯伏は打撃コンビネーションで挽回し、ハイキックでオスプレイの頭部を撃ち抜く。
 だが、オスプレイがサマーソルトキック&シャイニング延髄斬りの連続弾で巻き返し、シットダウン式ラストライドで追撃。
 オスプレイの攻撃は続き、ロビンソンスペシャル。そこへケニーが乱入してブレーンバスターの体勢に入るが、オスプレイがスタナーに切り返す。
 次にオスプレイはオスカッターを繰り出すが、飯伏が受け止め、クロスアーム式ジャーマンスープレックスホールド。そして、そのまま両手のクラッチを離さずにカミゴェを狙う。ところが、オスプレイが回避し、バックキックを頭部へお見舞い。
 続いてオスプレイはオスカッターに行くが、控えのケニーがエプロンからジャンピングニーアタックを浴びせて撃墜。すると、飯伏がセカンドロープからエプロン上のオスプレイをブッコ抜き、高角度ジャーマンスープレックスホイップを敢行。
 その直後、ケニーがフランケンシュタイナーで石井を排除し、最後は飯伏&ケニーが合体技ゴールデン☆トリガーでオスプレイを沈めた。

COMMENT

ケニー「(英語で)英語で説明してくれそうな通訳がいるから、英語でしゃべるよ。今日のキーワードはダウト、疑念だった。このゴールデン☆ラヴァーズの存在、そしてこのベストバウトマシーンである自分に対して疑念を持つ人がたまに出てくる。なんてひどいことだ。自分たちこそ、この2人揃ってベストバウトマシーンだし、ベストバウトマシーンは安易な戦略も必要なければ、自分たちは衰えること、そして疲れることを知らないんだ。我々は心理戦を遂行し、プロレスラーとしての開拓者となって今闘っているんだ。そして私たちはファンのみんなにストーリーをシェアして渡している。何をシェアしているかいうと、愛のストーリー、変革のストーリーだ。イシイよ、お前は新日本プロレスに長くいるが、新日本メンバーの中では一線を画した存在だと思っている。俺たちのようにカッコよくもないし、スピードもない。そして身体も鍛え上げているとは言えないけれども、キミの試合に向けている100%の情熱、いつもクォリティ高い気持ちでいることは認めている。だからこそ、俺はお前とのシングルマッチをとても楽しみにしている。俺はその変革を得るために、お前は自分が欲しいと思っている敬意、尊敬の念を得るために、さあやろうじゃないか。(ここから日本語で)イブシさん、何かありますか?」
飯伏「いやもう石井さんとケニーさん、凄かったです」
ケニー「ああ、センキュー、イブシさん。でも、イブシさんとオスプレイも凄かったですよ」
飯伏「オスプレイ、気になりますよ」
ケニー「ああ、そうですか。また試合したいですか?」
飯伏「試合、ちょっとしてみたいですね」
ケニー「ああ、そうですか。でも、まだわからないよね。まだ早い。オスプレイはジュニアですよね。イブシさんは何回、ジュニアヘビーのタイトルを取ったんですか? 2回?」
飯伏「3回。3回ですか?」
ケニー「3回だと思いますね」
飯伏「4回だった」
ケニー「4回取って、ジュニアタッグも取ったことがあるんです。『NEW JAPAN CUP』も優勝した。それで卒業ができたんですよ? オスプレイが『体重増やしたからヘビー級になりたいんですよ』、『シューティングスターができるからヘビー級になりたいんですよ』、それ意味あるの? 先にもっとがんばらないと、ですよ。まだ早い。イブシさんはどう思う?」
飯伏「そう思います」
ケニー「あ、ごめんなさい。ちょっと言い過ぎたかもしれない。じゃあ、これで終わりにしょう。(指でピストルの形にし、その指にキスをしながら)Goodbye、みんな……ンマッ! Goodnight bang!!!」

オスプレイ「(※両肩を担がれて控室に運ばれていたが、インタビュースペースを通過する際に声を上げて、肩を担がれたままで)次は、オマエを、捕まえてやる! I want Ibushi!」
石井「ケニー、オメェが思い描いてるビジョンは、広島で全部消し去ってやるよ。オメェの思い通りにはならねぇ。もう一回言っとくぞ。広島は、アイツのヒザか、俺のラリアットか、アイツの片翼か、俺の垂直か。どっちが最強か、俺が証明してやるよ!」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
九州三国志
ファイプロ
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
わかさ生活
マッスルプロジェクト
新日本地所
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
ブラザー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ