戦国炎舞 -KIZNA- Presents G1 CLIMAX 28

日時
2018年8月11日(土)   16:30開場 18:30開始
会場
東京・日本武道館
放送
バナーバナー
観衆
12,023人(札止め)

第10試合 30分1本勝負
◆「G1 CLIMAX 28」Bブロック公式戦

VS

  • (6勝3敗=12点)

  • (6勝3敗=12点)

境界線

※飯伏幸太が優勝決定戦進出

MATCH REPORT

 6勝2敗のケニーと5勝3敗の飯伏が激突する『G1』Bブロック公式戦最終試合。これまでに両者のシングル対決はDDTプロレスリングで2度行われており、いずれも飯伏が勝利。前回の試合は2012年8月の日本武道館大会で、これが6年ぶりの再戦となる。

 なお、これまでの試合結果により、ケニーはこの一戦で勝つか引き分けることでBブロック通過が確定。一方の飯伏は、勝利のみが優勝決定戦進出の条件となった。

 序盤、ケニーがショルダータックルを浴びせると、飯伏がヘッドスプリングですぐに立ち上がり、カウンタードロップキックをお見舞い。これでケニーは場外へ落ちるが、すぐにリングへ戻り、強烈な逆水平チョップを食らわせる。
 その後、飯伏はミドルキックで逆襲に出るが、2発目をケニーがブロックして逆水平チョップを見舞う。それでも飯伏が再びミドルキックをヒットさせてケニーを場外へ落とし、プランチャを繰り出す。ところが、ケニーが身をかわして飯伏を鉄柵に激突させ、ボディスラムの形で背中をエプロンの角へ叩きつける。
 これでケニーのペースとなり、コタロークラッシャーで追撃。そして、座った状態の飯伏へローキックとトーキックを連発すると、低空ドロップキックで撃ち抜く。
 しかし、飯伏が立ち上がり、フライングメイヤーから背中へローキックを見舞う。そして、ケニーにやられたようにローキックとトーキックを連発する。
 エルボー合戦を挟み、ケニーがショートレンジニーアタック、フロントハイキックをヒットさせる。そして、串刺し攻撃を狙うも、飯伏がカウンターパワースラムで挽回。
 その直後、飯伏はコーナー2段目からライオンサルトを繰り出すが、ケニーが両膝でブロック。そして、カミカゼからライオンサルトを狙うが、今度は飯伏が両膝でガードする。
 その後、ケニーのフランケンシュタイナーに対し、飯伏も同じ技で対抗。これでケニーが場外へ落ちると、飯伏は三角飛びで青コーナー2段目へ飛び乗る。ところが、ケニーがエプロンへジャンプして妨害し、片翼の天使の体勢へ入る。そこから飯伏がリング内へ脱出し、セカンドロープへ乗ってエプロンからケニーをブッコ抜こうとする。ところが、ケニーが切り返し、変型パイルドライバーで飯伏をエプロンへ突き刺す。
 次にケニーは、青コーナー最上段からミサイルキックを放ち、座っている飯伏を背後から撃ち抜く。そして、青い衝動式バックブリーカーで追い討ちをかけると、ロープの反動を利用し、背中へ逆水平チョップとジャンピングニーアタックを食らわせる。
 続いてケニーはクロイツ・ラスで飯伏をフォールし、ランニングジャンピングニーアタックで追撃。そして、飯伏のラリアットをかわして飛びつきスイングDDTで場外へ追い込み、ノータッチトペコンヒーロで押し潰す。
 さらにケニーはコーナー最上段へのぼるが、飯伏がオーバーヘッドキックをお見舞い。そこから飯伏が雪崩式攻撃を仕掛けるが、ケニーに抵抗されてエプロンへ落ちる。だが、飯伏はそこからトップロープへ飛び乗り、雪崩式フランケンシュタイナーを敢行。これでケニーが場外へ落ちると、赤コーナー最上段からムーンサルトアタックを食らわせる。
 その直後、飯伏がスワンダイブ攻撃を狙うも、ケニーが妨害して片翼の天使に行く。だが、飯伏が脱出して打撃コンビネーションを浴びせ、ミドルキックで追撃。さらに、ムーンサルトダブルニーをケニーの胸部へ炸裂させる。
 続いて飯伏はカミゴェを発射し、かわされた直後にオーバーヘッドキックを見舞う。そして、パワーボムの体勢に入るも、ケニーが抵抗し、ショートレンジジャンピングニーアタックで逆襲。
 さらにケニーは、浴びせ蹴りで飯伏を赤コーナーへ追い込み、背後からVトリガーをお見舞い。そして、雪崩式ドラゴンスープレックスを仕掛けるが、飯伏がバク宙でリングに着地する。
 その後、両者のラリアットが2連続で相打ちになり、そこからケニーがフロントハイキック、ショートレンジジャンピングニーアタック。すると、飯伏は高速ジャーマンスープレックス、高速ハーフネルソンスープレックスでケニーの動きを止め、ショートレンジラリアットで吹き飛ばす。
 ここで飯伏はシットダウン式ラストライドからフォールに行くが、ケニーが跳ね返す。すると飯伏はカミゴェを炸裂させるが、なんとケニーが肩を上げる。
 ここで飯伏は右膝のサポーターをずらし、再びカミゴェを狙う。だが、ケニーが左脚にしがみついて抵抗し、飯伏は両手でケニーの右手を掴む。そこから飯伏はケニーの手を離さず、そのままケニーが左手、飯伏が右手でエルボーを打ち合う。
 その後、ケニーがヘッドバットを浴びせると、飯伏はローキックで報復。そして、ハイキックを放つも、ケニーが回避してショートレンジニーアタックを命中させる。
 すると飯伏は左右の掌底連打で巻き返すが、ケニーが追走式ジャンピングニーアタックで報復。だが、飯伏がカウンターハイキックでダウンさせる。
 次に飯伏はコーナー最上段からフェニックススプラッシュを放つが、ケニーが身をかわして自爆へ追い込み、背後からVトリガーを食らわせる。そして、ダブルアーム式パイルドライバーで追い討ち。
 ここでケニーは右のサポーターをずらし、ジャンピングニーアタックを命中させる。そして、片翼の天使を仕掛けると、飯伏が激しく抵抗して宙づりになってしまう。するとケニーは、その体勢から変型リバースゴリースペシャルボムで叩きつける。
 これで飯伏がロープへもたれかかると、ケニーはVトリガーで追撃。そして、コーナー2段目から雪崩式片翼の天使を狙うが、飯伏が脱出してコーナー最上段へのぼり、ケニーの後頭部へフットスタンプを食らわせる。
 次に飯伏は雪崩式タイガードライバーを敢行し、今度こそカミゴェでケニーを葬った。

 この試合結果により、ケニー、飯伏、内藤、ザックが6勝3敗=12点で並んだが、直接対決でほかの3人に勝利している飯伏が優勝決定戦へ進出。棚橋と激突することになった。

COMMENT

※ケニー、飯伏と2人して、這うようにインタビュースペースに。
ケニー「座りましょうか(※と、ともに座り込む。以下、すべて日本語で)。何とか、俺は自分の力で歩いて帰れました」
飯伏「俺は帰れなかった」
ケニー「負けることはもちろん悔しいです。それは、チャンピオンとしてはね、悔しいです。でも、俺のパートナー、親友、飯伏幸太が決勝戦に行けて、タナと試合ができて、それで私がうれしいです。全力で応援するしかない。明日も、セコンド……(※飯伏に)まぁもし、飯伏さんがよかったら私、セコンドに行きたいと思います」
飯伏「お願いします」
ケニー「ハイ」
──飯伏選手、6年前と同じ武道館で、ケニー選手との戦いでした。どんな戦いでしたか?
飯伏「ホントに、覚えてないです」
ケニー「アハハハ」
飯伏「ホントに、ホントに」
ケニー「作戦通りでしょ、飯伏さん。私は何も覚えられない。頭ぶつかって。明日はタッグマッチでよかった、飯伏さんはちょっと厳しいかもしれないけど。でも、タナだから大丈夫でしょ。まぁ、悪口言いたくないですけど、今はコウタ・イブシの時代ですよ。変に聞こえるかもしれないけど、正直、私もフルパワーで、少し、負けたいという気がしました。負けたいというのは、誰かに進化してほしくて、誰か、私より強い相手に出てきてほしかった。それは、私とイブたんにとって、すごい、いいことですね。うれしいです」
──飯伏選手は試合前、ケニー選手との試合にかなり複雑な思いも持っていたというお話をされていましたが、リングに入った時、どんな思いでしたか?
飯伏「まぁ、あまり記憶がないんで、ホントに、入場……入場の次は天井を見てたかなっていう。その次は終わってたかなっていう。途中の記憶がないです」
──これで優勝決定戦進出が決まりましたが。
飯伏「それはホントにうれしいです。ただ、どうやって、どうやってケニーを倒したのか、それが分からないままなので、まだ実感として湧かない部分があるので。でも、自分が決勝進出できた……そうですよね。僕の目標は、最初から言ってたように、勝つこと。勝つことだったんで、それに徹することができた『G1 CLIMAX』だったかなと。まだ、あと1個ありますけど……誰?」
ケニー「棚橋」
──その棚橋選手と、明日はどんな戦いに?
ケニー「いつも通りじゃない?」
飯伏「僕はずっと、棚橋さんのことを“神”って呼んできたんですけど、明日こそ本当に“神”を越える時なのかなと思います」
──ケニー選手が見守る中での、優勝決定戦になるかもしれません。どんな戦いを?
飯伏「まぁもう、普通に、正々堂々と。1対1で。勝った方が勝ちじゃないですか」
──ケニー選手はどんな思いで試合を見ていきたいですか?
ケニー「まぁホントはね、飯伏とシングルは、全部私の負けですね。3回目も。何で答えがないか、それを探さないと。でもやっぱり、自分のパートナーともう、戦いたくない。特別な場所じゃないとね。特別な会場じゃないと。今回、『G1 CLIMAX』のBブロックで、仕方がないことでしたけど、まぁこれからは、偶然だったら……」
※飯伏が話している途中のケニーの腕を取り、「行こう」と無理矢理立たせて控室へ。

  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2020年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ