戦国炎舞 -KIZNA- Presents G1 CLIMAX 28

日時
2018年8月10日(金)   16:30開場 18:30開始
会場
東京・日本武道館
放送
バナーバナー
観衆
6,180人

第10試合 30分1本勝負
◆「G1 CLIMAX 28」Aブロック公式戦

VS

  • (7勝1敗1分=15点)

  • (6勝2敗1分=13点)

境界線

※棚橋弘至が優勝決定戦進出
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 7勝1敗の棚橋と6勝2敗のオカダが対決する『G1』Aブロック公式戦最終試合。
 これまでの試合結果により、棚橋はこの一戦に勝つか引き分けで優勝決定戦へ進出。一方のオカダは、勝利のみが優勝決定戦進出の条件となる。

 序盤、オカダがいきなり低空ドロップキックを放つが、棚橋が回避して低空ドロップキックを発射。それをオカダがかわしてセントーンを狙うが、今度は棚橋が回避。
 その直後、棚橋はジャンピングエルボーを繰り出すが、オカダがかわしてラリアットを放つ。それを棚橋がかわしてラリアットを繰り出すが、オカダが身を守る。
 その後、両者がヘッドロックを仕掛け合い、もつれてロープ際へ移動。そこからオカダがクリーンブレイクするも、棚橋はエルボーで不意打ちに出る。
 さらに棚橋は、アームホイップでオカダを投げ、エアギターを奏でる。そして、トライアングルスコーピオンを仕掛けるも、オカダがロープへ手を伸ばす。
 ここから棚橋がオカダの左脚に狙いを定め、膝を鉄柱へ叩きつける。すると、オカダがいきなりツームストンパイルドライバーを仕掛けるが、棚橋が脱出。
 その直後、棚橋は串刺しフライングボディアタックに行くが、オカダが回避して棚橋をコーナー最上段へ乗せる。そして、ドロップキックを狙うも、棚橋がトーキックで妨害。
 するとオカダは再びツームストンパイルドライバーを仕掛け、棚橋が逃げるとドラゴンスクリューを見舞う。続いて場外戦になり、オカダが棚橋の右膝にニークラッシャー。さらに、場外マットへ膝を叩きつける。
 リングへ戻ったオカダは、棚橋の右脚をセカンドロープへかけ、低空ドロップキックで膝を撃ち抜く。だが、棚橋はドラゴンスクリューで逆転し、エルボー&太陽ブロー&膝へのトーキックというコンビネーションを連発。
 次に棚橋は、フライングフォーアーム、ボディスラム、ダイビングサンセットフリップでオカダに追い討ち。だが、オカダがカウンターランニングバックエルボーで巻き返し、串刺しバックエルボー、トーキック、DDTに繋ぐ。
 それでも棚橋はオカダの右脚を取り、軸足へ低空ドロップキックをお見舞い。ところが、オカダがすぐさま低空ドロップキックで報復し、コーナー最上段からのミサイルキックでなぎ倒す。
 次にオカダはツームストンパイルドライバーの体勢に入るが、棚橋が切り返して反対にツームストンパイルドライバーを食らわせる。
 そこからエルボー合戦になり、競り勝った棚橋がエルボー&太陽ブロー&エルボースマッシュの3段攻撃で追い討ち。それでもオカダはエルボースマッシュ3連発で巻き返すが、棚橋がエプロンへ追いやり、ドロップキックで鉄柵まで吹き飛ばす。そして、コーナー最上段からボディアタック式ハイフライフローを敢行。
 先にリングへ戻った棚橋は、セカンドロープ越しのドラゴンスクリューをオカダに見舞い、低空ドロップキックからもう1度ドラゴンスクリューを食らわせる。
 続いて棚橋はテキサスクローバーホールドで絞り上げ、オカダが粘るとスタイルズクラッシュで叩きつける。そして、コーナー最上段からハイフライフローを繰り出すも、オカダが回避して自爆へ追い込む。
 さらにオカダは背後からドロップキックを食らわせるが、次の(正調)ドロップキックは棚橋が回避。そこからロープへ走るも、オカダが今度こそドロップキックを命中させる。そして、レインメーカーを狙うも、棚橋がその場飛びスリングブレイドに切り返す。
 エルボー合戦になり、競り勝ったオカダがツームストンパイルドライバーを仕掛けるが、棚橋が抵抗して反対にツームストンパイルドライバーを狙う。それでもオカダは棚橋を持ち上げるが、脱出した棚橋がネックツイスト3連発からシャウト。そして、スリングブレイドを炸裂させる。
 続いて棚橋はニュートラルコーナーからハイフライフローを繰り出すが、オカダが下からの低空ドロップキックで迎撃し、今度こそツームストンパイルドライバーで突き刺す。
 さらにオカダがレインメーカーに行くと、棚橋が抵抗してドラゴンスープレックスの体勢に入る。そこからオカダが逃げてレインメーカーを狙い、回避した棚橋にカウンタードロップキックを食らわせる。
 なおもオカダがレインメーカーを仕掛けると、棚橋が身をかわしてスリングブレイドに行く。それをオカダが回避し、ローリングレインメーカーをお見舞い。そして、(正調)レインメーカーを狙うが、棚橋が首固めに切り返す。
 それでもオカダは(正調)レインメーカーに行くが、棚橋がかわしてドラゴンスープレックスホールド。これでダブルダウンとなる中、阿部誠リングアナウンサーが“残り試合時間1分”を告げる。
 そこからオカダはレインメーカーを狙うが、棚橋がバックエルボーで脱出。そして、ロープへ走ろうとするが、オカダがタイツを掴んで妨害。そして、レインメーカーを仕掛けるが、棚橋がいち早く張り手を見舞う。
 これでオカダがダウンすると、棚橋は背中にハイフライフローを食らわせる。それでもオカダがフォールを返すと、棚橋は再びコーナーへのぼろうとする。だが、ここで時間切れとなり、試合終了のゴングが鳴った。

 この試合結果により、棚橋は7勝1敗1分で15点に得点を伸ばし、優勝決定戦進出が決定。一方、オカダはあと一歩及ばず、6勝2敗1分=13点でリーグ戦を終了した。

COMMENT

※足を引きずりながらインタビュースぺースに辿り着くと座り込む。
棚橋「ふぅ~!」
──見事、優勝決定戦進出を決めました。今の率直な気持ちを。
棚橋「(※しばらく無言)『G1 CLIMAX』、17回目の出場だけど、今までの中で充実感が一番です」
──オカダ選手とは『G1 CLIMAX』では3度目の引き分けになりましたが、改めてどんな相手ですか?
棚橋「Aブロック、トップで来てたから。一番、条件的には有利だったから。これで5月のどんたくと変わってないようだったら、何のために、練習して、何のために……でも、今日……今日というか今シリーズは、心と、体と、技が、揃いました」
──その中で、オカダ選手の得意なツームストン・パイルドライバーだったりスタイルズ・クラッシュだったり、いつもと違う技も見せましたが。
棚橋「とにかく、必死でした」
──先ほど、充実感が今までで一番とおっしゃってましたが、そう感じる理由は?
棚橋「ケガで苦しんで、年に何回も欠場して、『棚橋、もう無理しなくていいよ』って言われて。気持ちばかり焦って。でも、そんな体でも、俺のために一生懸命、(※右ヒザを叩く)動こうとしてくれて。だから一回、この体を受け入れて、できる技で、できる戦略で、今の棚橋弘至で戦えばいいんだと。だから焦りもないし、使える技は限られるかもしれないけど、自分の思い描く戦いができてる、そういう意味での充実感です」
──試合中はもちろん、優勝決定戦進出を決めた後でも、ファンの方の声援は大きく聞こえたと思うんですが。
棚橋「日本武道館で、シングルマッチ、初めてなんですよ。どうなるかなと。勝てなかったけど、日本武道館が、とても好きになりました」
※ここで棚橋が立ち上がる。
棚橋「トライアングル・スコーピオンを仕掛けようとしたら、自分のヒザを痛めました。……(※報道陣の反応を見て)笑うとこです」
※報道陣、爆笑。
──明後日はどんな戦いを見せてくれますか?
棚橋「プロレス、たくさんのファンの方が来てくれて、盛り上がって、すごくうれしい。けど、ちょっと『棚橋、ご苦労さん』っていう空気、やめてくれるかな。(※大きな声で)俺の夢はまだ続いてるから!(※と、報道陣の間を突っ切って控室へ)」
※このあと、控室とは逆方向の部屋に入った棚橋だったが、「間違えた!」と言いながら、照れくさそうに再び報道陣の前に。あらためて、控室に戻っていった。
 
オカダ「(※インタビュースペースに辿り着くと座り込み、うなだれたまま1分以上無言の後)すみません…」
※立ち上がって控室へ。

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ