戦国炎舞 -KIZNA- Presents G1 CLIMAX 28

日時
2018年7月26日(木)   17:00開場 18:30開始
会場
新潟・アオーレ長岡
放送
バナーバナー
観衆
3,106人(満員)

第8試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 28」Bブロック公式戦

VS

  • (2勝2敗=4点)

  • (2勝2敗=4点)

境界線

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 真っ向勝負の石井と変幻自在の関節技を駆使するザックの異色のBブロック公式戦。ザックは今年の『NEW JAPAN CUP』優勝を果たした地である長岡に凱旋だ。
 
先に入場してきたザックのセコンドのTAKAはいつものようにマイクを取り、「『G1 CLIMAX』優勝するのは誰ですか〜!」と観客を煽り、ザックの紹介。そして、「石井智宏、Come on over here!」と石井を呼び込んだのだった。
 
 ゴング鳴ると静かな立ち上がり。手四つの状態になると、石井がパワーでねじ伏せていく。それに対してザックは巧みに動いて、この状態から逃れてみせた。そしてザックはエルボースマッシュを食らわし、ここから関節技を狙う。しかし、石井もこの動きに対応。ザックにサブミッションを極めさせない。

 石井はここからロープにザックを押し込むが、ザックは挑発するかのように石井の顔を軽く張る。これに怒った石井は逆水平チョップを連発。ダウンしようとするザックを無理やり立たせてぶち込んでいく。しかし、これは罠。ザックはこの腕をキャッチすると、足でハンマーロックを極めながら石井の右手を捻りあげる。

 さらにグラウンドに持ち込むと、足で石井の両腕を固めて、羽折り固めのような状態に持ち込み、ついでとばかりに右足を捕まえて全身を極めにかかる。なんとか石井がロープブレイクすると、今度はエルボースマッシュを連発だ。

 しかし、石井も反対側のコーナーに振られると、その反動を利用してカウンターのラリアットで反撃。ザックをロープに押し込んでチョップとエルボーを交互にぶち込んでいく。しかし、ザックは巧みに石井の腕をキャッチしてノーザンライトスープレックス。続けて腕ひしぎ逆十字固めだ。石井がクラッチすると指を3本掴んでそのクラッチを解こうとする。

 石井がなんとかロープに逃げたものの、ザックは左腕をワキ固めで追撃だ。さらにリング中央に戻すと手首を支点に、ヒジを極めていく。ザックの関節地獄に悶絶する石井。しかし、石井はザックのヒザを捻じ曲げ、さらに低空のドロップキックを炸裂させる。そして、バックドロップで追撃だ。

 これで流れを掴んだ石井はパワーボムを狙う。ザックがこれを後方に着地して逃れると、すぐさま足首をキャッチ。アンクルホールドで固めて締めあげていく。ならばとザックが三角絞めを仕掛けてきても、石井はすぐにその動きに対応して再びアンクルホールドだ。さらに石井はニークラッシャーでザックのヒザをいためつける。

 だが、ザックはアームブリーカーを食らわし、正面からミドルキックで石井を蹴り倒す。両者ダメージが酷くダブルダウン状態となったが、先に立ち上がってきたのはザック。ヨーロピアンアッパーカットを連発して、石井を追い込んでいく。

 しかし、石井はヘッドバットで対抗。ならばとザックは石井がロープに飛んだところを左腕をキャッチ。足で石井の左腕を固めながら、右腕には腕固め。そして、指を極めながら固め、足も掴んで固めていく。

 ここは石井がなんとかロープブレイク。しかし、石井もなかなか立ち上がることができない。その石井に対してザックは胸板にミドルキックを連発。だが、石井は気力で立ち上がり、キックを食らいながら前進していく。そしてザックのキックを痛む腕でなぎ払い、強引にラリアットでダウンさせる。そして、スライディング式のラリアットだ。

 一度はザックにかわされたものの、2発目のスライディングラリアットを炸裂させる。そして、垂直落下式ブレーンバスターへ。だが、ザックはこれを回避してグラウンドに持ち込むとヨーロピアンクラッチ。石井がキックアウトして延髄斬りを放ってくると、これもかわしてジャパニーズレッグロールクラッチホールドだ。

 だが、石井の腕を抑えきれずに、キックアウトされてしまう。ならばとザックはすぐにスモールパッケージホールドを仕掛ける。石井はこれを強引に踏ん張って、逆にブレーンバスターで持ち上げようとする。しかし、ザックはキックを食らわしてここから脱出。そして、必殺のセイバードライバーの体勢に入る。

 だが、石井はこれを阻止。走ってきたザックを上方に投げて、落ちてきたところに頭突きを一撃! この強烈な一撃でフラフラとなったザックだが、まだまだ勝負を諦めない。すぐに体勢を立て直すと再び石井を捕獲して三角絞めだ。石井はダメージを負っている右腕一本で持ち上げようとするが、ザックもホールドを離さず、腕ひしぎ、そして腕ひしぎ逆十字固めへと移行! 石井の右腕が大きく折れ曲がり、たまらずタップ! ザックが昨年の公式戦に続き2年連続で石井からG1での勝利をあげて、勝ち点を4としたのだった。

COMMENT

ザック「(※コメントスペースにたどり着くなり座り込んで、左ヒザを気にしながら)いやあ、素晴らしいよ。俺を相手にサブミッションで勝負を挑んでくるなんて。まあ、そういうヤツはこれまでにも何人かいたけど。でも、俺のヒザは強いからね。なによりも、俺はサブミッション・マスターなんだ。いや、レスリング・マスターだ。アイツはマスターと呼ばれるほどじゃないだろ? サブミッションで俺に勝とうなんて、夢物語さ。これで、彼のホームで借りを返したことになるな。まあ、イシイはタフなヤツだったことだけは認めるよ。だけど、俺の方がタフさでも上だったということ。それは誤算だったんじゃないか」
TAKA「スゲェタフなヤツだけどよ。スゲェな、サブミッションもやって、ここまでレスリング・マスターのザックをここまで痛めつけたってのはスゲェと思うよ。ただよ、負けるわけにはいかなかったんだ。前回、アメリカでよ、対戦して、こいつはよ、ベルト獲られてんだ、シングルで。日本で(借りを)返してやったぞ。残りすべて勝って優勝するのは、『NEW JAPAN CUP』に続いて、春夏制覇するザック・セイバーJr.だ。次、誰だ? 誰が来てもいっしょだよ。誰が来てもな、Just Tap Out!」
 
※石井はノーコメント

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年9月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ