戦国炎舞 -KIZNA- Presents G1 CLIMAX 28

日時
2018年7月21日(土)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナーバナー
観衆
1,734人(札止め)

第9試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 28」Bブロック公式戦

VS

  • (3勝0敗=6点)

  • (1勝2敗=2点)

境界線

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 第9試合のBブロック公式戦はケニー・オメガ(2勝0敗)vsタマ・トンガ(1勝1敗)。タマは弟タンガ・ロアと共に6.9大阪城でケニーに造反。そこにバッドラック・ファレも加わり、新たに「BULLET CLUB OG」を名乗り、ケニー率いる「BULLET CLUB ELITE」と遺恨を深めている。因縁うずまくELITE とOGの中心メンバーによる注目のシングル戦、勝つのは果たして?
 タマはロアとファレを引き連れて入場。ケニーはIWGPヘビーのベルトを巻いて堂々リングイン。

 ケニーが選手コールを受けると、背後からロアが急襲。そのままOGは3人がかりで攻撃。タマはIWGPヘビーのベルトを掲げると、無造作にリングに叩きつける。一連の動きに場内は大きなブーイングに包まれる。

 OGはケニーにトレイン攻撃。そしてファレがバッドラックフォールの体勢に担ぎ上げると、リングサイドにはオーエンズとペイジが救出に現れる。しかし、OGが阻止。
 ケニーは自力でバッドラックフォールを切り抜け、Vトリガーをヒット。さらにオーエンズとペイジがダブルラリアットでファレをトップロープ越しに場外追放。ここでようやく試合開始のゴング。
 ケニーは場外のOGに対してノータッチ式トペ・コンヒーロを炸裂。だが、リングに戻ると背後からタマがスピアー。そしてゴーストフェースを決め、さらにケニーに罵声を浴びせていく。そしてバックエルボー、ブレーンバスターとたたみかける。
 ケニーもボディへのパンチで反撃するが、逆にタマがパンチでケニーを後退させる。タマはヘッドバットを浴びせ、さらにエルボーからハンマースルー。ケニーはロープに踏みとどまると、突進してきたタマにフロントキック。そして低空ドロップキックからコタロークラッシャーを狙うが、かわしたタマはすばやい動きからドロップキック。
 タマはケニーに串刺しボディプレス。だが、寸前でかわしたケニーは逆水平チョップを連発。続いてロープで加速をつけて飛びつきトルネードDDT。さらにケニーはカミカゼからムーンサルトを放つが、タマはヒザで迎撃。ここでタマがガンスタンのモーションに入るも、ケニーはヒザをヒット。そしてリバースフルネルソンで持ち上げようとするが、こらえたタマは豪快なアラバマスラム。
 タマはガンスタンを仕掛けるが、切り抜けたケニーは顔面にニー。だが、受け止めたタマはケニーを担ぎ上げる。しかし、ケニーは背後に着地し、スキをついてVトリガーをヒット。  
 戦場がエプロンに移ると、ケニーはドラゴンスープレックスの体勢へ。脱出したタマはガンスタンを狙うが、ケニーは切り抜けてフルネルソン。しかし、ここでロアがケニーのヒザ裏にパイプイス攻撃。さらにパワーボムの体勢で捕らえるも、ケニーはフランケンシュタイナーで切り返す。そしてケニーはタマをパワーボムでエプロンに叩きつけ、リングに戻す。
 ケニーは蒼い衝動の体勢からネックブリーカー。そしてピストルサインからVトリガーを狙うが、場外からロアが妨害。さらにケニーを羽交い締めにし、そこ目掛けてタマが突進する。しかし、ケニーはかわして同士打ちを誘う。そして後方回転足折固めを決めるが、これをタマがキックアウト。前方にバランスを崩したケニーに対し、ロアが場外から脳天にイス攻撃。そこからタマが丸め込むも、ケニーはカウント2でキックアウト。
 タマはリング上に設置されたイスの上にガンスタンを狙うが、ケニーがこらえたため、逆に自分の背中をイスに打ち付けてしまう。ケニーは一気に片翼の天使を狙うが、タマは切り抜けてガンスタンへ。これをタマがしのぐと、ケニーはフランケンシュタイナーの体勢に入る。こらえたタマはスタイルズクラッシュの体勢で捕らえ、イスの上に食らわせようとする。だが、レフェリーはイスを蹴って阻止。
 すると、タマは技を解き、海野レフェリーに詰め寄る。レフェリーがそれを突っぱねると、なんとタマはレフェリーにガンスタン。場内は大ブーイングに包まれ、反則負けのゴングが鳴らされる。

COMMENT

ケニー「(※飯伏の肩を借りてインタビュースペースに現れ、そのままコメント)タマ・トンガ、オマエは去年から1ミリも変わってないんだな。去年も『G1 CLIMAX』の前に、『G1 CLIMAX』なんて何の意味もないと言っていた。今年も、始まってみたらこのザマだ。2ポイント獲得することも、ファイナルに行くことも、オマエには何の意味もないんだろう。そして、オマエらは自分たちのユニットの方向性を宣言することにしか意識を向けていないんだ。だが、俺にはここにいる仲間たちがいる。コイツらは、オマエよりも優れた選手たちだ。今日は、純粋にオマエに挑戦するつもりでこの試合に臨んでいた。1対1で、男同士の戦いだと思っていた。でもオマエは、そんな大事な試合ですら、未熟さを見せつける。『血は水よりも濃い』とはよく言ったものだ。俺はここにいるボーイズを連れて、俺のユニットを大事にしていく。今日の結果についても、もう怒ってはいない。反則三昧で俺を痛めつけて喜んでいる姿に、見ていて悲しい気持ちになっただけだ。(※飯伏に、日本語で)スミマセン、右の手が必要だからちょっと手伝って。(※と、痛めた腕を飯伏に支えてもらって)Good Bye and…(※飯伏に腕を伸ばしてもらう)Good Night! バン!」
 
タマ「俺たちはこれでBULLET CLUBのオリジナル、元に戻った。俺たちこそがBULLET CLUBだ。俺にはこの問題を正す責任があった」
  • facebook
  • twitter

出場選手

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ