共闘ことばRPG コトダマン Presents KIZUNA ROAD 2018

日時
2018年6月24日(日)   15:00開場 16:00開始
会場
岩手・岩手県営体育館
観衆
2,272人(満員)

MATCH REPORT

 新日本プロレス本隊vsLOS INGOBERNABLES de JAPONの10人タッグマッチ。なお、IWGP Jr.王者のヒロムは、7.7サンフランシスコでドラゴン・リーの挑戦を受ける。また、前IWGPタッグ王者組のEVIL&SANADAは、同所でマット・ジャクソン&ニック・ジャクソンとのリターンマッチに臨む。

 天山対ヒロムで試合開始のゴングが鳴ると、両者へ向けた大コールで場内が二分される。そんな中、ヒロムはオーバーなモンゴリアンチョップのアクションを連発し、天山をコケにする。
 続いてヒロムは実際にモンゴリアンチョップを浴びせるが、天山は悠々と受け流す。そして、“本家”モンゴリアンチョップを繰り出すが、ヒロムがブロックし、そこへBUSHIが乱入。しかし天山は、トレイン攻撃から逃れ、ヒロムとBUSHIにカウンタータックルで報復。さらに、モンゴリアンチョップでヒロムをダウンさせた。
 スイッチしたKUSHIDAは、ヒロムにモンゴリアンチョップで先制。さらに、前方回転エビ固めをこらえ、上からモンゴリアンチョップを浴びせる。
 ここでKUSHIDAがヒロムを羽交い絞めにし、フィンレー、真壁がエプロンからモンゴリアンチョップを見舞う。そして、タッチを受けた棚橋が、天山のアクションをコピーしてモンゴリアンチョップと手刀を食らわせる。
 さらに棚橋は張り手でヒロムをダウンさせるが、控えのEVILがロープワークを妨害。その直後、ヒロムとSANADAが棚橋に低空ドロップキックを見舞い、内藤たちと真壁たちが場外乱闘を繰り広げる。
 これで棚橋は孤立してしまい、L・I・Jが5人でストンピングを乱れ打つ。それでも棚橋は控えのEVIL&SANADAへフライングボディアタックを繰り出すが、受け止められてしまう。これで棚橋がコーナーで釘づけになると、内藤がドロップキックを浴びせる。
 続いてBUSHIがTシャツで棚橋の首を絞めると、KUSHIDAがカットへ入る。だが、ヒロムが串刺しラリアットと低空ドロップキックで排除。
 棚橋のピンチは続き、EVILがボディスラム、セントーン。さらに、サーフボードストレッチで絞り上げるが、棚橋はカンガルーキックで脱出。そして、ドラゴンスクリューでSANADAを蹴散らし、ようやく自陣へ戻った。
 真壁対SANADAとなり、真壁がSANADAにショルダータックル、BUSHIとヒロムにパワースラム、内藤&EVILに両腕ラリアット。そして、串刺しラリアット、頭部へのパンチ連射、カウンターラリアットでSANADAに追い討ちをかけた。
 続いてKUSHIDAの出番となり、エプロンからSANADAに延髄斬りを食らわせる。そして、コーナー最上段からのフライングボディアタックで追撃すると、旋回式ヘッドシザースホイップで場外に落とす。
 そこへヒロムが飛び込むも、KUSHIDAがアームホイップで投げ、側転から低空ドロップキックをお見舞い。そして、SANADAのランニングエルボーを内藤に誤爆させる。
 その直後、KUSHIDAは後方回転エビ固めを繰り出すが、SANADAがキックアウト。するとKUSHIDAは前転から飛びつきDDTを仕掛けるが、SANADAが回避する。その後、KUSHIDAがエプロンからリングへ戻ろうとするが、SANADAがロープを蹴って急所にダメージを与えた。
 KUSHIDA対BUSHIとなり、BUSHIがミサイルキック、串刺しダブルニーアタック、変型スイングネックブリーカー。するとKUSHIDAはショルダーアームブリーカーで流れを変え、ハンドスプリングエルボーでBUSHIをなぎ倒した。
 フィンレー対BUSHIとなり、フィンレーが串刺しバックエルボー、串刺しエルボースマッシュ、ダイビングエルボースマッシュ。ここから棚橋組のトレイン攻撃となり、棚橋が串刺しフライングボディアタック、真壁と天山が串刺しラリアット。そして、フィンレーがバックドロップで叩きつける。
 さらにフィンレーは、ワンハンドバックブリーカーでBUSHIに追い討ち。しかしBUSHIは、Prima Noctaから逃れ、フェイント式ニールキックで逆転。
 ここでタッチを受けた内藤は、フィンレーを踏み台にしてエプロンへ飛び出し、トップロープ越えの串刺し低空ドロップキックを食らわせる。
 続いて内藤はデスティーノを狙うが、棚橋がカット。だが、SANADAがバックドロップで棚橋を投げ、プランチャで分断。
 それでもフィンレーは内藤のジャンピングエルボーアタックを回避するが、直後にEVILがトラースキックをお見舞い。さらに、内藤が延髄斬り、EVILとヒロムが串刺しラリアットで追い討ちをかける。
 次にヒロムが内藤&EVILのアシストでフィンレーに串刺しドロップキックを食らわせ、最後は内藤がデスティーノで轟沈した。

COMMENT

ヒロム「ドラゴン・リーか……何か言いたいな。ドラゴン・リーに関して、何か言いたいな……。チキショー、なんにも出てこないよ。ドラゴン・リーか……。何か質問あります?」

――前回の防衛戦から短いスパンでタイトルマッチが組まれましたが、海外でやることだからということですか?
ヒロム「そういうことだね。ほかに何かある? なければこれで終わっちゃうよ。ないならないでいいけど……ドラゴン・リーと(防衛戦を)やるんだよ。俺とドラゴン・リーがやるんだよ。質問あるかって聞いてるんだけど、なんかある?」

――先の『(BEST OF THE)SUPER Jr.』公式戦で負けているので、その借りを返すという意味もあると思うんですけど……。
ヒロム「間違いなく、そういうことだよね。ほかに? ないならいいよ、別に。これで終わっちゃっても今日、最終戦だからね、悪いけど。ドラゴン・リー(戦)までに。聞きたいこと聞かないと、俺、アメリカに行っちゃうよっていうこと。『アメリカの大会だから、日本にいるこっちは特に関係ありませんよ』っていう態度じゃ困るんだよっていうことなの! だから、『質問あるか?』って今、聞いてるんです。なかったらこれで終わるけど。俺はドラゴン・リーに対して、そりゃあ、いろんなこと思ってる。もう語る必要のないぐらいドラゴン・リー(戦)は出来上がってるから。それは海外に伝わってる。その上で何か質問があるんだったらっていう話。はい、なに?」

――語る必要がない中でも、あえて何か語ると……。
ヒロム「そういうこと、そういうことなんだよ。ウン。ほかに? ないなら帰る(※と言うと、憮然とした表情で控室へ)」
EVIL「昨日の山形は、本間への追い風なのか、見えない力が働いたようだな。だがしかし、勢いがあるのは、常に俺らの方なんだよ。この勢いのまま、ヤングバックス、そして世界をEVILの世界に染め上げてやるからな。よく覚えとけ。This is EVIL。Everything is EVIL。すべては………………EVILだ」
内藤「2012年3月、もう6年前の話ですよ。久々に新日本プロレスが、ここ岩手県営体育館で試合をしたときの話、俺自身、初めての岩手県営体育館大会だったんだけど、その時さあ、バックステージで言ったんだよね。『俺が岩手県営体育館を、2階席まで超満員にしてみせますよ』って。ま、今日、たくさん入ってたけどね、2階席の端っこ、ちょっとだけ空席があったかな。ま、でも、もう一息ですね。次の岩手県営体育館大会は、新日本プロレス、いや、LOS INGOBERNABLES de JAPONの力で、ここ岩手県営体育館を超満員札止めにしてみせますよ。それから、IWGPヘビー級チャンピオンになって、『日本人はラクをしている』と発言していた選手がいたよね。後楽園ホールでも言ったけど、どの口がそんなこと言ってんだよ。今日、会場を見てみてよ。IWGPヘビー級チャンピオンがいなくても、これだけのお客様がプロレスを楽しんでいるわけですよ。入る隙間、もうないんじゃない? ケニー・オメガ選手、あなたそろそろ焦った方がいいぜ。ではでは皆様、俺とヒロムはフロリダですね。フロリダ……皆様は来れないかもしれないけど、週刊プロレス、そして東京スポーツ岡本記者はもちろん来てくれるんですよね?」
岡本記者「フロリダはちょっと……」
内藤「え? ちょっと聞こえないね。週刊プロレス、そして東京スポーツ岡本記者、次はフロリダでお会いしましょう。Adios」
※SANADA&BUSHIはノーコメント

棚橋「よし! やるべきことが山積みだね。うわぁ~、アハハハ(苦笑)。なんて言うのかな!? 俺にしか見えてないポイントが何コもあるから。期待してて」
KUSHIDA「このシリーズ、残念ながらリングを去るレスラー、(リングに)戻って来てくれるレスラー、いろんなことが充実したシリーズでした。ここからROHでふたつシングルマッチが決まってますし、(7.7)サンフランシスコもあります。たしかに、地方興行、ひとつひとつの大会も凄く重要。本間さんが教えてくれた477日、その日々の積み重ねっていうものを、改めていまここに立てているよろこびというのものを、凄く感じています。巡業も大事。道場での練習も大事。なんか、僕に課せられたもの、日々の練習のあとの“匂い”みたいなもの。それが、新日本プロレスが海外へ出て行く上で『日本のプロレスだ』って言えるものなんじゃないかな?と(思う)。長年、海外遠征を繰り返していて、僕はそう感じているので。しっかり、旅の成果を貯金して、帰って来ます。“ジャンクなハンバーガー”も良いけど、先人たちの知恵、職人の繊細な技術がお皿に盛りつけられている“美しい日本食”のようなものを、ね。日本全国、世界各国、いつでもどこでも提供できるように、腕を磨いて来ます」
※真壁&天山&フィンレーはノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ