BanG Dream! Girls Band Party! Presents G1 SPECIAL IN SAN FRANCISCO

日時
2018年7月7日(土)   15:30開場 17:00開始
会場
アメリカ・COW PALACE
放送
バナー
観衆
6,333人

第5試合 60分1本勝負
IWGPタッグ選手権試合

  • <第80代チャンピオンチーム>

  • <チャレンジャーチーム>

※ヤングバックスがIWGPタッグ王座、初防衛に成功
レフェリー|佐藤健太

MATCH REPORT

IWGPタッグ選手権試合。
王者・ヤングバックスにEVIL&SANADA組がリマッチ。

ニック・ジャクソンとSANADAが先発で試合開始。
両者はいきなり相手のパートナーに奇襲をしかけていくと、SANADAはいきなりSkull Endを狙っていく。しかし、ニックはこれを逃れると、直後に両軍入り乱れる。
EVILに対しニックが、ニックに対しSANADAが首四の字を極めると、マットがEVILにシャープシューターを敢行。
続けてヤングバックはSANADAに合体の低空ドロップキック、EVILに連携のフロントハイキックを的中させる。
しかし、SANADAもニックへドロップキック、EVILがマットへトラースキックのお返し。SANADAはニックにパラダイスロックから低空ドロップキックを決め、EVILとタッチ。
EVILはセントーンからサーフボードクラッチでニックを締め上げていくが、ニックはカンガルーキックでこれを逃れマットのもとへタッチに向かう。
しかし、SANADAがマットの足を引っ張り場外に転落させタッチを阻止。
ならばと、ニックがSANADAの足を引っ張り、SANADAをエプロンサイドに叩きつけマットとタッチ。
マットはEVIL&SANADAにラリアットを決めると、ナックルパート&逆水平チョップの連打をEVILに見舞う。
さらにマットは場外のSANADAにスタナーも決めると、EVILをシャープシューターで締め上げる。
続けてヤングバックスは合体のスーパーキックをEVILに的中させるが、すぐさまSANADAがスワンダイブ式のミサイルキックをヤングバックスに発射。
中盤、マット対SANADAの場面。両者エルボー合戦を展開すると、SANADAがSkull Endの体勢からマットを振り回し倒れたところへラウンディング・ボディプレスを狙っていく。
しかし、マットはこれを間一髪でかわすと、DDTでSANADAの頭部をエプロンサイドに突き刺す。
さらに、ニックが450°スプラッシュをSANADAに放ち、マットがフォールへ。
SANADAはこれをカウント2でキックアウトするが、マットは攻撃の手を緩めず、シャープシューターを極める。
これにはたまらずSANADAがロープへエスケープをはかるが、ここでニックがスワンダイブ式のセントーンで阻止し、EVILに対してもきりもみ式のダイビングボディアタックを発射。
タップ寸前のSANADAは力を振り絞りなんとかロープへ逃れると、ヤングバックスのモア・バング・フォー・ユア・バックを剣山で迎撃しEVILとタッチ。
EVILはヤングバックスをジャーマンで投げ捨てていくと、ニックにダークネスフォールズを決める。
さらに必殺のEVILも狙っていくが、ニックがバックエルボーで応戦しブレーンバスターの体勢へ。
だが、EVILが逆にニックを担ぎ上げると、SANADAがリングインし、そのままマジックキラーを敢行。
しかし、ヤングバックスもすぐさまEVILへ合体のスーパーキックを放つが、EVILがこれをかわしレフェリーに誤爆。
レフェリーが不在のリング上ではEVILがパイプ椅子を持ち出すが、ヤングバックスはパイプ椅子ごとEVILへ合体のスーパーキックをお見舞い。
そして、マットがリング中央に椅子を置くと、EVILへインディーテイカーを狙う。
しかし、SANADAがニックの足を引っ張りエプロンサイドに叩きつけると、逆にEVIL&SANADAがインディーテイカーでマットの頭部をパイプ椅子に突き刺す。
この好機にEVIL&SANADAはマジックキラーも決めるが、マットはカウント2で返す。
苦しい状況のマットはEVILへカウンターのスーパーキックを的中させると、まさかのEVILを放つ。
さらにSANADAへ合体のスーパーキックも決めて分断すると、最後はヤングバックスがメルツァードライバーを炸裂させ、EVILから3カウントを奪い、初防衛に成功した。

COMMENT

ニック「最高の気分だよ」
マット「俺はそうでもない」
ニック「え、なんで!? 終わったんだよ!?」
マット「だって、体痛いし」
ニック「でも、これから5日間の休みがあるんだよ? 俺は誕生日も来るしね。実はとても高いギャラで『ファンミーティングをしないか?』と頼まれたんだけど、家族と過ごすために断ったんだ」
マット「そうだよね。お前だって2児の父親だしな。でも、俺はあいつらと試合をするのが好きなんだよ」
ニック「そうだね。2回やって2回とも勝ったし。これで2‐0だ」

――この試合はいかがでしたか?
マット「まあ、大丈夫。時差ボケも、時間帯も、いつも大変な状態で試合をしているけど、今日は地元の観客の前で闘い、勝つことができた」

――次はどんな“山”を登りたいですか?
マット「マウントラッシュモア(歴代4人の大統領の顔が掘られた山)」

――そうではなくて、プロレスに関して聞かせて下さい。
ニック「もう俺たちには獲らなければいけないタイトルはない。これからはカネを稼ぐことになるのかな? でも、ひとつ目標が残っているとすれば、歴代最高のタッグチームとして名前を残すことだね」

――あなたたちの肌の色も、ひとつ上のレベルになっていますね?
マット「実は、ここに来る前、家族でマウイに行っていたんだ」
ニック「マットは元々俺より黒いからね。俺はそこまで日焼けしないから、一生懸命スプレーしたよ」

――いまのタッグチームの現状についてどう思いますか?
ニック「俺たちがいなければ、Jr.のタッグチームはなかったと思うぐらいだよ。俺たちがやって来たからこそ、タッグチームというものの価値が高まり、みんなが欲しがるタイトルになったんだと思う」
マット「よく『ヤングバックスに勝てるチームが出て来たぞ』なんてことを言われても、いつも誰かがケガをしたり、いきなり解散するとかで長続きしない。でも、俺たちはこれを15年やって来ているんだ」
ニック「そう。ヤングバックスは15年以上も頑張って、その上、いまも最高の状態にある。これは凄いことだ」
マット「そう。15年だ。元々、15年前のタッグチームというのは、“悪くはない”ぐらいの状態だったと思う。そこで俺たちは『もっといいチームがあったらいいよね』という話をして、兄弟でタッグを組むことにした。ハーレム・グローブトロッターズ(バスケットボールのエキシビションチーム)のプロレス版をしたいと考え、アクロバティックな動きをするようになった。これが俺たちのオリジナルになればいいと思ってね」

――COW PALACEで初めての試合はどうでしたか?
マット「歴史あるビッグステージに立てて、一歩会場に足を踏み入れたときも、博物館へ来たような気分だった」

――今日のケニーvsCodyはどうなると思いますか?
ニック「実は今日、Codyに向かってハッキリ言ったんだ。『自分たちはケニーを応援する』って」
マット「俺はCodyが大好きだし、彼が新日本プロレスへ参戦するようになって、こうして同じユニットにもいるけど、ここに来て権力重視の“パワーモンスター”になったことには納得できていない。俺たちはBULLET CLUBの一員としてファミリーだということを大事にして来たから、『頑張ってくれ。幸運は祈るけど、今日は応援できない』って言ったんだ」

――BULLET CLUBはこれからどうなって行くのでしょうか?
マット「リーダーうんぬんよりも、チームの結束を大切にしているのがBULLET CLUBだと思う」

※EVIL&SANADAはノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ヴァンガード
ファイプロ
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
わかさ生活
マッスルプロジェクト
新日本地所
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ