NEW JAPAN CUP 2018

日時
2018年3月18日(日)   14:00開場 15:00開始
会場
静岡・アクトシティ浜松
放送
バナーバナー
観衆
2,750人(満員)

第8試合 時間無制限1本勝負
「NEW JAPAN CUP 2018」準決勝戦

※ザックが決勝戦へ進出
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

ザックが入場すると、TAKAみちのくがマイクを持ち、「『NEW JAPAN CUP 2018』準決勝戦!ザック・セイバーJr.対SANADA。勝つのは誰ですか? 優勝者は誰ですか!? 『NEW JAPAN CUP』優勝するのはいつなんどき、どんな体勢でも関節技、サブミッションホールドが決められる、この男。無限のサブミッションホールドを持つ、この男。そして、1回戦で内藤哲也、2回戦で飯伏幸太に勝った、この男!He is サブミッションマスター。He is ZSJ。 He is ザック・セイバーJr.!ザックの前に立ちはだかるヤツはみな、ギブアップあるのみ!JUST TAP OUT!それでは準決勝、始めましょうか。SANADA、カモン!オーバーヒア!」とマイクアピール。

両者、ロックアップからザックはSANADAの左腕を締め上げると、SANADAはロープへエスケープ。
再び組み合うと、今度はSANADAがザックの左腕を締め上げていくが、ザックは体勢を入れ替え切り返すと、両者は一度距離をとる。
続いて、SANADAとザックは力比べに入る中、ザックは変型の羽織固めで締め上げる。
だが、SANADAもこれを力で切り返すし、サーフボードクラッチを極めていく。
SANADAはザックを場外に投棄し、リング上でザックを挑発。
場外カウント18でゆっくりリングに戻ったザックに対し、再び組み合ったSANADAはフィンガーロックでザックを絞っていくと、続けてクロスアームでザックの首を締め上げていく。
さらに、SANADAはヘッドシザース・ホイップでザックを場外に放っていくと、SANADAは続けてプランチャを的中させる。
リング上に戻ると、SANADAはエルボーの連打からパラダイスロックを狙っていくが、これを読んでいたザックは腕ひしぎ十字固めを極めにかかる。
だが、SANADAはこれをSkull Endで切り返そうとする中、ザックはSANADAの腕にオーバーヘッドキックを的中させる。
これにはまたらずSANADAも場外にエスケープすると、場外カウント11でリングに戻る。
すると、リングインしたSANADAを捕獲したザックはジム・ブレイクス・アーム・バーの体勢から変形の丸め込みを決めていく。
SANADAも張り手の連打で応戦するが、ザックはSANADAをリングに寝かせると、アームツイストを敢行。
SANADAの左腕に照準を定めたザックはリストを絞り上げていくが、SANADAも得意のムーヴからドロップキックを的中させ、ついにザックへパラダイスロックを成功させる。
さらに、SANADAはザックのケツに低空ドロップキックを決め、ファイヤーマンズキャリーの体勢へ。
しかし、ザックはこの体勢からSANADAの腕をとり締め上げていく。
さらに、ザックはSANADAのアームホイップをコブラツイストで返すと、両者コブラツイストをかけ合う中、SANADAはバックドロップでザックをリングに叩きつける。
続けて、SANADAはラウンディング・ボディプレスを狙うが、ザックはこれをかわし、SANADAもなんとか着地。
ザックはカウンターのエルボースマッシュからPKを叩き込むと、SANADAの両ヒジにストンピングを浴びせ、変形のアームバーから再びストンピング。
だが、SANADAもエプロンサイドからのスワンダイブ式のミサイルキックで応戦。
再びSANADAはファイヤーマンズキャリーの体勢でザックを担ぐが、ザックはフロントネックロックからSANADAの左腕をアームロックで締め上げる。
しかし、SANADAはこれを力ずくでSkull Endに切り返すと、そのままザックをスイング。
続けて、SANADAはジャックナイフ式エビ固めの体勢からSkull Endを再び極めにかかるが、ザックはジャパニーズ・レッグロール・クラッチ・ホールドで丸め込む。
SANADAはこれをカウント2で返すと、再度Skull Endを狙うが、ザックはこれをヨーロピアン・クラッチで丸め込む。
SANADAはエルボースマッシュから執拗にSkull Endを狙うが、ザックは三角締めで切り返す。
SANADAは三角締めを極められながらも、ザックを担ぎ上げTKOを敢行。
続けて、SANADAはタイガースープレックスからラウンディング・ボディプレスを発射。
だが、ザックはこれを受け止め三角締めで締め上げると、最後は変型のアームバーを炸裂させ、SANADAからギブアップを奪った。

COMMENT

TAKA「グッジョブ! グッジョブ! ワンモア!」
ザック「TAKA、サンキュー! SANADA! クソ! パラダイスロックかよ! いい度胸だな。俺はイングランドのサブミッションマスターだぞ。7822のサブミッションホールドを持つ男にパラダイスロックとはいい度胸だ。そして、次はレジェンドの棚橋。棚橋、お前はレジェンドだ。レジェンドは死ぬことになっている。今のお前を形作っているのはヘアスプレーとテーピングだけだ。お前は終わっている。『NEW JAPAN CUP』は俺の物だ。そして、IWGPヘビー級のベルトも俺の物だ」
TAKA「次は棚橋弘至、ヒザが悪いみてぇだな。最悪の対戦相手を迎えてしまったな。でもよ、そこはプロの鉄則だ。容赦はしないよ。無限のサブミッションに苦しんでくれよ。これから新しい時代を築くのはこのサブミッションマスター、ザック・セイバーJr.だ。誰が来てもよ、ザックの前に立ちはだかるヤツはよ、みんな一緒だよ。JUST TAP OUT!」

※SANADAはコメントブースに来るが、一言も発さずに立ち去る。

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ヴァンガード
ファイプロ
ロリクラほーるど
戦国炎舞
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
わかさ生活
マッスルプロジェクト
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ