戦国炎舞 -KIZNA- Presents Road to POWER STRUGGLE

日時
2016年10月21日(金)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
1,627人(超満員)

MATCH REPORT

 11・5大阪で行われるNEVER戦・柴田vsEVIL、シングルマッチ棚橋vsSANADAのダブル前哨戦。なお、IWGP IC王者の内藤は、同所でジェイ・リーサルの挑戦を受ける。また、IWGP Jr.王者のBUSHIは、同所で前王者KUSHIDAとリターンマッチを敢行する。
 
 柴田とEVILの対決で試合が始まり、柴田がフロントハイキック、エルボー連打、トーキック連打、踏みつけ攻撃、フライングメイヤー、顔面踏みつけ攻撃と一気に畳みかける。だが、EVILが顔面かきむしりで挽回し、ショルダータックルをお見舞い。すると、柴田が次のセントーンをかわしてサッカーボールキックを放つが、今度はEVILが回避した。
 真壁対BUSHIの場面。真壁がショルダータックルでなぎ倒し、乱入した内藤にラリアットを食らわせる。そして、串刺しラリアット2連発からBUSHIの頭部へパンチを連打して行くが、背後からSANADAが襲撃。すかさずBUSHIがミサイルキックで巻き返す。
 ここからLOS INGOBERNABLES de JAPONが真壁を逃がさず、BUSHIがTシャツによるチョーク攻撃、EVILがボディスラム、セントーン、SANADAが頭部へのパンチ、顔面かきむしりなどで攻め立てる。しかし真壁は、左ラリアットでSANADAに報復。
 棚橋対SANADAの場面。棚橋がフライングフォーアーム、ボディスラム、ダイビングサンセットフリップ。しかし、控えのEVILが棚橋のロープワークを妨害。続いてSANADAが前後の連続リープフロッグからドロップキックを食らわせる。それでも棚橋はスリングブレイドからハイフライフローを繰り出すが、SANADAにかわされて自爆してしまった。
 ロビンソン対内藤の場面。エルボー合戦からロビンソンが顔面パンチ連射。さらに、串刺しラリアット、フライングネックブリーカー、滞空式ジャックハマー、ボディスラムに繋げる。
 次にロビンソンはコーナーにのぼるが、BUSHIが脚を引っ張って転倒させる。そして、BUSHIの串刺しダブルニーアタックからEVILが串刺しラリアットに繋ぎ、内藤がマンハッタンドロップ、コンプリートショット、プルマブランカで追い討ち。
 ここから混戦となり、SANADAが棚橋にドラゴンスクリュー、真壁がSANADAにラリアット、BUSHIが真壁にコードブレイカー、柴田が真壁にフロントハイキック、EVILが柴田にダークネスフォールズ。
 続いて内藤&EVILがOUT OF CONTROLを仕掛けるが、ロビンソンが脱出し、2人にヘッドバットとエルボーをお見舞い。しかし、EVILがカウンタートラースキックで動きを鈍らせ、内藤がフェイント式延髄斬りで反撃。さらに、リバースDDTからデスティーノを炸裂させ、カウントを奪った。

COMMENT

内藤「先シリーズもそうだよ。今シリーズも、なんでタイトルマッチをやる選手が、このシリーズ、開幕戦からいないんだよ?マイケル・エルガンに関しては、ケガしたのか、敵前逃亡したのか知らないけどさ。まぁまぁ、ジェイ・リーサル。急に来れないのは分かるよ。でも、せめて大阪の1つ、2つ、3つ前くらいには来れたんじゃないの?こんなビッグチャンスだよ?今、プロレス界で最も“神ってる”男と、シングルマッチ。メインイベント。しかもタイトルマッチでできんだよ?どんだけのチャンスか、アイツは分かってんのかよ?まぁ、分かんないんだったらさ、去年、確か耳たぶの不調で、俺、泣く泣く欠場したんだけどさ、そろそろまた痛くなってくる頃かな?明後日以降、どうしよっかなぁ……ちょっと考えちゃうよね。あぁ痛ぇ、痛ぇよ。耳たぶが痛ぇよ……(※内藤はそのままコメントブースを去った)」
EVIL「柴田。大阪で、オマエを地獄へ葬り去ってやる。オマエの、思い描くものは、存在しない。この俺の方が、強ぇからだ。いいか?よく聞けよ。This is EVIL. Everything is EVIL. すべては、EVILだ」
BUSHI「今日さ、この次期IWGPジュニアのベルトに挑戦する挑戦者は、この会場に来たんですか?欠場の挨拶もできないほど、大きなダメージなわけ?このままタイトルマッチまでお休みします。ハァ?そんなのが成立するわけ?ズル休みか知らないけど、コッチは今日から始まったシリーズで、俺の持ってるパワーゲージは、どんどん減らされてるわけだよ。そうでしょ?ヘビー級相手に、本隊相手に絡んでいくこのシリーズ。チャンピオンはリフレッシュできない状態。ズル休みした人間だけがリフレッシュできて、俺はダメージを負ったまま、タイトルマッチを迎えるわけだよ。まぁ、それが作戦なのか知らないけど、大阪、11月5日、間に合うようだったら、今まで以上の苦しみを、オマエに味わわせてやるよ。En serio、マジで」
※SANADAはノーコメント
 
棚橋「(※コメントブースに登場すると、リングシューズの紐を直し)2016年、今まで何もできなかった“ツケ”が来てる。ツケが来てるけど……諦めないから。険しい道だけど、茨の道だけど、俺は、東京ドームまで、絶対に辿り着くから」
※真壁、柴田、ジュースはノーコメント
 

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年10月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
ジェイ・ワン・プランニング
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ