戦国炎舞 -KIZNA- Presents KING OF PRO-WRESTLING

日時
2016年10月10日(月)   14:30開場 16:00開始
会場
東京・両国国技館
観衆
9,671人(超満員)

第7試合 60分1本勝負
NEVER無差別級選手権試合

  • (第12代チャンピオン)

  • (チャレンジャー)

VS

境界線

※柴田が3度目の防衛に成功
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 柴田とオライリーが激突するNEVER選手権試合。王者・柴田は9月17日大田で行われた2度目の防衛戦でフィッシュを撃破。その直後、パートナーのオライリーが次期挑戦者として名乗りをあげた。
 
 試合開始のゴングが鳴ると、ファンが「柴田」コールを起こす。そんな中、両者はスタンディングで互いをけん制。そこからグラウンドの攻防となり、柴田のヒールホールドをオライリーが回避。さらに、ローキックをかわす。
 その後も両者はグラウンドで張り合い、柴田がキーロックを繰り出す。しかし、オライリーがランニングローキックで柴田をダウンさせ、腕ひしぎ逆十字固めで逆転。
 ここからオライリーは柴田のウイークポイントである右肩へ集中攻撃を敢行。さらに、打撃コンビネーション、串刺しエルボー、バックドロップ、アキレス腱固めなどで試合の主導権を握り続ける。
 ところが、柴田は座った状態でオライリーのキック連打を受けきり、ミドルキックをキャッチしてエルボーを浴びせる。
 次に柴田が追走式串刺しフロントハイキックを繰り出すと、オライリーも負けずに追走式串刺しジャンピングニーアタックでお返し。だが、柴田が再び追走式串刺しフロントハイキックを食らわせ、エルボー連打、串刺し低空ドロップキック、フロントネックチャンスリー、スリーパーホールド、コブラツイスト、卍固めと猛攻。
 ここで両者がフロントハイキックを打ち合い、柴田がフロントネックロックを繰り出す。これをオライリーがすり抜けてニーリフトを連射し、ミドルキックを受け止めて変型キャプチュードで叩きつける。
 続いてオライリーは垂直落下式ブレーンバスターからフォールに行き、返された直後に三角絞めを極める。これを柴田が激しく抵抗すると、オライリーは腕ひしぎ逆十字固めへ移行。だが、柴田はすぐにロープブレイク。
 すると、オライリーはショルダーアームブリーカーを狙うが、柴田が回避してスリーパーホールド。さらに、ジャーマンスープレックスホイップで叩きつけると、オライリーもすぐに同じ技を返す。だが、柴田がさらにジャーマンスープレックスホイップ。
 その後、両者がエルボー合戦を展開し、キックの相打ちでダブルダウンとなる。そこからオライリーがカウンターラリアットを食らわせ、PKからフォールに行くが、柴田がキックアウト。
 するとオライリーは打撃コンビネーションを浴びせるが、柴田がカウンターで張り手をお見舞い。さらに、ツバメ返しからスリーパーホールドを極めると、PKでボディを撃ち抜く。そして、オライリーの左腕とボディを両脚でロックし、スリーパーホールドで絞め上げる。危険と判断したレッドシューズ海野レフェリーが試合をストップした。

COMMENT

柴田「(ベルトを放り出し、床に倒れ込んで)あー、クソ!久々のリング、帰ってきたら、やることが山積みになってた。まず、今日戦ったカイル、そして大田区で戦ったボビー。彼らから、ホントに、今の日本人が失いかけてるファイティングスピリット、侍魂、そういったものを感じました。戦って初めて分かること、それが今日の試合を通じて、前回の大田区を通じて、感じたことでした。そして、次、誰だと。次、誰だ。2人、どっちが先か分かんねえけど、片っ端から、エブリシング、片付けていきたいと思います。ありがとうございました! 以上!」

 
オライリー「今日は、ここ日本で、敗北という大変な屈辱を喫した。次は、柴田。オマエが、俺のホームに来て試合をしてみろ。今日、俺はオマエの陣地である新日本に来て、レフェリーストップという、とても悔しい判定で負けてしまった。本来なら、俺が勝って、腕を高く掲げられるはずだったのに。ただ、この物語は、まだ始まったばかりだ。俺は必ず、自分のプライドを懸けて闘ってみせる。絶対に、3戦目を要求するぞ。それが実現するように、俺たちは動いていく」

潮﨑「散々ね、俺が蹴り入れるって言ってた男が、今日は試合では当たりませんでしたけど、NEVERのタイトルマッチ。男と男の熱い闘いが行われて、でも俺の中では、NEVERのベルトうんぬんよりも、柴田勝頼。レスラー、柴田勝頼の首を俺は狙っていきたいし、それが自分にとってプラスになることには間違いないので、次に繋げるためにも、柴田勝頼の首をね、獲りたいと思います」
 
EVIL「柴田、Welcome to the darkness world. 今、リング上で見せたことが、すべてだ。This is EVIL. Everything is EVIL. すべては…、EVILだ」

 
 
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2020年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ