バディファイト Presents G1 CLIMAX 26

日時
2016年8月14日(日)   13:30開場 15:00開始
会場
東京・両国国技館
観衆
10,204人(超満員札止め)

第9試合 無制限1本勝負
「G1 CLIMAX 26」優勝決定戦

VS

境界線

  • (Aブロック1位)
  • (Bブロック1位)
※ケニー・オメガが「G1」初出場・初優勝
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 2016年の『G1』覇者を決める優勝決定戦。Aブロック1位の後藤と、Bブロック1位のオメガが激突する。
 
 後藤が優勝決定戦に進出したのは、自身が初出場・初優勝を遂げた2008年以来2度目。初出場のオメガは、これが初となる。後藤が勝てば2008年大会以来2度目の優勝。オメガが勝てば初優勝で、外国人として初めての『G1』覇者となる。
 
 試合開始前、テレビ朝日の実況席がLIVEで場内に紹介され、野上慎平アナウンサー、解説の中山雅史氏、ミラノコレクションA.T.氏、そして蝶野正洋が登場した。
 
 そこからオメガと後藤が入場し、いよいよ試合開始のゴング。両者への大声援で場内が騒然となる。その後、後藤がヘッドロックを極め、ショルダータックルをお見舞い。すると、オメガがその場飛びフランケンシュタイナーで反撃に出るが、後藤がカウンターミドルキックで吹き飛ばす。
 後藤が足4の字固めでさらに攻めると、場内がブーイングに包まれる。すると、後藤が追走式ラリアットでオメガを場外に落とし、鉄柵攻撃を浴びせる。だが、オメガがトラースキックで巻き返し、鉄柵上からムーンサルトアタックを敢行。さらに、ボディスラムで後藤の背中をエプロンの角へ激突させ、パワーボムホイップでエプロンへ叩きつける。
 ここからオメガのペースとなり、スイングネックブリーカー、変型キャメルクラッチ、チンロック、コタローフェースクラッシャーなどで攻め込む。そこからチョップ合戦を挟み、後藤が追走式ラリアットで逆転。
 さらに後藤は、串刺しニールキック、バックドロップ、串刺しラリアット、ダイビングエルボードロップと得意技を連発。そして、ファイヤーマンズキャリーの体勢に入るも、オメガが脱出してツバを吐き、カミカゼ&ライオンサルトの連続攻撃。
 再びオメガのペースとなり、追走式ラリアットをかわして高速ドラゴンスープレックスホイップ。これで後藤が場外に落ちると、ノータッチトペコンヒーロで押し潰す。
 後藤がリングへ戻ると、オメガは背後からミサイルキックで撃ち抜く。だが、後藤は次のドラゴンスープレックスを抵抗し、カウンター牛殺しで逆襲。さらに、エプロン上に立つオメガをラリアットでなぎ倒す。
 続いて後藤はオメガをコーナー最上段へ乗せ、雪崩式牛殺しを敢行。そして、スリーパーホールドからドラゴンスリーパーへ移行するも、オメガが抵抗。それでも後藤はジャーマンスープレックスを繰り出すが、オメガがバク宙で着地し、その体勢からランニングニーアタックをお見舞い。
 次にオメガは、変型スタガリンブローの体勢で後藤を持ち上げ、頭部を自分の膝に打ちつける。そして、ランニングニーアタックから片翼の天使を狙うが、後藤が回避してスリーパーホールド。オメガに抵抗されると、背中に乗ってなおもスリーパーを極める。すると、オメガが後藤を背負ったままコーナー最上段へのぼり、後ろ向きに倒れて圧殺。
 その後、両者がエルボー合戦を繰り広げ、そこからオメガがフロントハイキック。さらに、シットダウン式ラストライドで後藤に大ダメージを負わせる。だが、次に放たれたフェニックススプラッシュは、後藤が回避。
 続いて後藤は、“滝って”ローキックを炸裂させる。そして、昇天から逃げたオメガの顔面にヘッドバットを食らわせ、裏昇天で追い討ち。さらに、GTRの体勢に入るも、オメガが膝蹴りを頭部に浴びせて脱出。
 さらにオメガは、ニーアタックで追撃し、高速ドラゴンスープレックスホイップで後藤を叩きつける。それでも後藤はランニングニーアタックを受け止めるが、オメガが頭部へ膝蹴りを連発。そこからロープへ走るが、後藤がカウンターラリアットで逆襲。そして、昇天・改からフォールに行くも、カウントは2。
 次に後藤はドラゴンスリーパーの体勢に入るが、オメガが切り返してブラディサンデー。さらに、スタイルズクラッシュで追撃すると、最後は片翼の天使で後藤を撃破。史上初の外国人『G1』覇者となった。

COMMENT

オメガ「何万時間もトレーニングして、年を重ねて、レスリングをして、もう14年間経った。やっと夢が叶った。たったの14年間だけで、伝説になれたことは、非常に俺としてはラッキーなことだ。だって、ほとんどの人は、日本に行くチャンスはないし、残れる可能性もない。でも、俺はここにいる。俺だけじゃなくて、(※周りにBULLET CLUBのメンバーがいる中で)コイツらが日本にいるために、たくさん犠牲にしてここにいる。そう、お前らは、コイツらの振る舞いが好きじゃないか?でも、コイツらこそ、ちゃんと仕事ができている。俺たちは、今新日本プロレスの一番の売り上げじゃないかもしれないけど、世界一の売り上げは、誰だ?そう、俺たちだろ。そして、俺らはまた日本でも、売り上げ一番になれるか?今日、俺が優勝したんだから、間違いないだろ」
——大ケニーコールがありましたが、それはどうでしたか?
オメガ「DDTにいる時を思い出した。DDTは俺の家族みたいなものだった。俺のことを息子のように扱ってくれた。しかし、その続きはどうだったろう? …だから、今日ファンがケニーコールをした時に、最初の一瞬だけは気持ちがよかったよ。心の中に、温かい気持ちが広がった。しかし、それから思い出した。レスラーは愛され始める間もなく、次の新しい人気者のために、捨てられるものだ。だって、ロス・インゴベルナブレスを見ててもそうだろ。お前ら、以前はBULLET CLUBを愛してただろ?でも、今はみんなロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのTシャツを着てるだろ。でも今は、俺がナンバーワンのレスラーだから、好きになってるだろ?それは、当たり前だろ。」
——試合中、シットダウン式ラストライドなど、技を出していましたが?
オメガ「ノーコメント。次の質問」
——初めて、外国人選手が『G1』を制しましたが?
オメガ「まぁ正直言うと、日本のレスラーは心が強い。絶対諦めない覚悟を持っている。俺は、この他の選手より、2倍の才能があるのに、みんな諦めない。死を覚悟して闘っている。でも、俺は違う。お金と名声を手にしたいだけだ。で、伝説になるのは大変でしたか?はい。そうだよ、大変だったよ。今日、他の男の心を壊す必要があった。魂を折る必要があった。生放送で、アイツを破るしかなかった。あぁ〜、気持ちよかった」
——今日闘った後藤選手については、いかがでしたか?
オメガ「実は、今日初めてゴトウと闘った。でも、お前らはわかってるだろ?俺が闘ってない選手は、まだほかにもいる。ゴトウは、その中の一人なだけだ。でも、俺はついていた。だって、ゴトウは前の試合で、マルフジと闘っていた。マルフジは誰かわかるよね?一応有名人だよね。マルフジは、俺と同じように膝を使って闘っている。まぁ俺の膝の方が強いけどね。人の顎を壊すまで、何回も膝をぶつける必要がある。だから、マルフジがゴトウを弱らせてくれたから、片翼の天使1発で、ゴトウを倒すことができた。だから、試合の前、俺は自信を持っていた。まぁ今日の試合は、短くてよかった。2日間の試合を合わせて、1時間くらい闘ってるからな。それはめんどくさかった。まぁでも、全部終わって、今日グッスリ眠れると思う。次に質問。今、BULLET CLUBの中で、お酒飲まないのは、俺だけ。俺はこの(※ビール)缶で乾杯するけど、これは飲まないで、あとでコーラを飲む。今日は、祝わないとね。BULLET CLUB for life!(※メンバーと乾杯)今日の勝利の祝いは、ここにいる選手だけじゃなくて、いないニックとマットのためにも祝う。そして、以前失った仲間のことも、忘れることはいけない。アイツらがいなければ、俺は今ここまで来られなかった。BULLET CLUBのおかげで、俺は初めて外国人選手で『G1』を制することができた。だから、これは俺の勝利じゃなくて、BULLET CLUBの勝利だ。BULLET CLUB乾杯!バンザイ!グッバイ・アンド・グッナイ」
 
※後藤はヤングライオンに担がれ、ノーコメントのまま控室に運ばれた
  • facebook
  • twitter

出場選手

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ