バディファイト Presents G1 CLIMAX 26

日時
2016年8月12日(金)   17:00開場 18:30開始
会場
東京・両国国技館
観衆
6,598人(満員)

第9試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 26」Aブロック公式戦

VS

  • 棚橋 弘至

    Warning: in_array() expects parameter 2 to be array, string given in /home/web/www.njpw.co.jp/public_html/wp-content/themes/njpw-pc-sc/functions.php on line 925

  • Warning: in_array() expects parameter 2 to be array, string given in /home/web/www.njpw.co.jp/public_html/wp-content/themes/njpw-pc-sc/functions.php on line 925

    オカダ・カズチカ

境界線

  • (5勝3敗=10点)
  • (5勝3敗=10点)
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 5勝3敗で同率となった棚橋とオカダが、Aブロック公式戦最終試合で激突。両者のシングル対決は1月4日東京ドームのIWGPヘビー戦以来で、オカダ勝って王座を防衛した。また、両者が『G1』公式戦で当たるのは2013年大会以来で、そのときは時間切れ引き分けに終わっている。
 
 ここまでの試合結果により、この試合の勝者が優勝決定戦へ進出できる。ただし、引き分けになった場合、セミファイナルですでに6勝目をあげた後藤がAブロック1位となる。
 
 序盤、棚橋がクリーンブレイクせずに張り手で不意打ち。ところが、オカダがいきなりリバースネックブリーカーを炸裂させ、低空ドロップキック、ダイビングエルボードロップで追撃。そして、早くもレインメーカーポーズからレインメーカーを繰り出すが、棚橋がかわして首固め。これをオカダが返すと、棚橋は左膝へ低空ドロップキックをお見舞い。
 その後、オカダがトップロープ越えのセントーンアトミコで巻き返し、棚橋の両手足を同時に極めたまま両肩をつけてフォール。棚橋は腹筋と首の力で難を逃れる。
 さらに棚橋は、オカダのフロントハイキックを受け止め、軸足へショートレンジ低空ドロップキック。そして、そのまま脚への集中攻撃で試合の主導権を握り続ける。
 苦しくなったオカダは、カウンターショルダースルーでようやく挽回。さらに、カウンターバックエルボー、串刺しジャンピングバックエルボー、DDT、低空ランニングエルボースマッシュ、レッドインクへ繋ぐ。
 しかし、棚橋がカウンターフライングフォーアームで反撃し、エルボー合戦へ持ち込む。ところが、オカダが棚橋をコーナー最上段へ乗せ、ドロップキックで場外へ転落させる。
 場外戦になり、オカダが鉄柵攻撃からフロントハイキックを放つ。しかし、棚橋が蹴り脚を受け止め、膝を鉄柵へぶつける。そして、鉄柵を利用してドラゴンスクリューを見舞うと、コーナー最上段からボディアタック式ハイフライフローを敢行。
 これでオカダが動かなくなり、棚橋がリングへ戻そうとする。ところが、オカダが突如息を吹き返し、場外マット上でツームストンパイルドライバー。棚橋はカウントアウト寸前で辛うじてリングへ戻る。
 ここでオカダはトップロープ上からミサイルキックを繰り出すが、棚橋が回避してドラゴンスクリュー、リバースドラゴンスクリュー。それでもオカダはテキサスクローバーホールドを抵抗し、ヘビーレインに行く。だが、棚橋が空中で切り返してオカダをマットへ叩きつけ、ダルマ式ジャーマンスープレックスホールドで3カウントを迫る。
 20分が経過し、コーナー最上段へのぼった棚橋をオカダが追いかけ、雪崩式攻撃を狙う。すると、棚橋がオカダを転落させてハイフライフローを繰り出すが、オカダが回避して低空ドロップキック。さらに、(正調)ドロップキックで追い討ちをかける。
 ここからオカダはレインメーカーを狙うが、棚橋が切り返してレインメーカー式スリングブレイドでなぎ倒す。その後、2人がロープを挟んでエルボーを打ち合い、オカダがフロントハイキックを発射。ところが、棚橋が脚をキャッチし、膝をトップロープへ叩きつける。そして、エプロンを利用してドラゴンスクリューをお見舞い。
 次に棚橋はテキサスクローバーホールドで絞るも、ロープエスケープしたオカダがドロップキックを放つ。しかし、棚橋が回避し、背後からリバーススリングブレイドを見舞う。
 続いて棚橋は、うつ伏せになったオカダをハイフライフローでプレスし、仰向けにして2発目を放つ。ところが、オカダが両膝を立てて撃墜。
 残り試合時間3分となり、オカダがツームストンパイルドライバーの体勢に入る。しかし、棚橋が切り返して反対にパイルドライバーで突き刺し、変型ファイナルカットで追い討ち。
 次に棚橋はコーナー最上段からボディアタック式ハイフライフローを敢行するが、オカダが下からドロップキックで迎撃。そして、レインメーカーを狙うものの、棚橋が回避して張り手を見舞う。
 さらにオカダは、高角度ジャーマンスープレックスから棚橋の手をクラッチし、レインメーカーに行く。これを棚橋がかわして張り手を浴びせるも、オカダが手のクラッチを切らずに変型レインメーカー。そして、さらにレインメーカーを繰り出すが、棚橋が回避してドラゴンスープレックスホールド。ところが、オカダがフォールを返し、ツームストンパイルドライバーで報復。
 さらにオカダはレインメーカーに行くが、棚橋がかわして反対にレインメーカーを繰り出す。これをオカダがさらに切り返してレインメーカーを狙うも、棚橋がスリングブレイドへ切り返す。
 ここで残り10秒となり、棚橋がボディアタック式ハイフライフローでオカダをなぎ倒す。そして、(正調)ハイフライフローからフォールに行くも、カウントの途中で試合終了のゴングが鳴った・・・。

COMMENT

棚橋「(※川人に肩をかり、コメントブースに現れると、床に倒れ込み)すいません。ちょっとこのままで……」
——2人には、30分は短すぎた結果となりましたが?
棚橋「そんなことないよ。そんなことないって。結果的に、棚橋の復調具合が仇になったから」
——まさかの引き分けで、決勝戦進出を逃しましたが?
棚橋「ほんとはね、ほんとはだよ、ようやく怪我から、みんなの前に復帰したっていうね、喜びを噛みしめたいシリーズだったけど……あぁ!そうはやらしてくんねぇのが、新日本プロレス……2連覇の夢が……ただ、強がりだけ、最後に言っとく。終わりは、始まりだから」
 
オカダ「『G1 CLIMAX 26』俺の『G1』は、今年はもう終わりだ。完敗じゃねぇぞ、完璧な引き分けだ、コノヤロー。でもな、『G1』は終わってもな、俺のIWGPの闘いは終わってない。借りを返す敵もできたし。次はまだ何も分からないけど……東京ドームだな。東京ドームで、改めて、覇者と、まぁ東京ドームじゃなくてもいい。とりあえず、終わりだ。俺の『G1』は。(※外道に肩を叩かれながら、コメントブースを後にした)」
 
後藤「まずはじめに、俺の決勝進出を予想してたヤツが何人いるかって話だよ。『ざまぁみろ!』って、そういう気持ちもあります。とにかく、全世界のプロレス業界が注目する、『G1 CLIMAX』決勝戦。後藤ワールド見せてやるよ。言葉じゃない。本当のストロングスタイルを見せてやるよ。以上です」
——『G1のGは、後藤のG』とおっしゃっていましたが、今回もまた?
後藤「『G1のGは、後藤のG』。『GHCのGも、後藤のG』で。それで丸く収まった。あとは、決勝。期待してください」
 
  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ