DOMINION 6.19 in OSAKA-JO HALL

日時
2016年6月19日(日)   14:30開場 16:00開始
会場
大阪・大阪城ホール
観衆
9,925人(超満員)

第7試合 60分1本勝負
NEVER無差別級選手権試合

  • (第11代チャンピオン)
  • (チャレンジャー)
※永田が初防衛に失敗。柴田が第12代王者に。
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 NEVER王者・永田と前王者の柴田がリターンマッチで激突。永田のセコンドとして、天山&小島&中西も登場。
 
 序盤、両者がもつれてロープ際へ行き、柴田がいきなりエルボーで不意打ち。すると、永田がミドルキックを浴びせるが、柴田はすぐにフロントハイキックで報復。
 その後、柴田が腕ひしぎ逆十字固め仕掛けるが、永田が抵抗。しかし、柴田がなおも永田の腕を狙い、腕固めで絞り上げる。
 さらに柴田は、永田の胸板へローキックを浴びせ、ストンピング、エルボーなどで追撃。続いてロープへ走るも、永田がカウンターキチンシンクで逆襲に出る。
 さらに永田は、柴田の胸板へ強烈なローキックを連発し、ミドルキックで追撃。そして、串刺しフロントハイキックへ繋ぐも、柴田が追走式串刺しフロントハイキックで逆転。さらに、串刺しフロントハイキック、エルボー連打、串刺し低空ドロップキック、フロントネックチャンスリーで追い打ちをかける。
 ここからエルボー合戦になり、柴田が連打で押し込んでロープへ走る。それを永田がフロントハイキックで迎撃すると、柴田もすぐに同じ技をお返し。続いて永田がエクスプロイダーで投げると、柴田はジャーマンスープレックスホイップで対抗。それでも永田は大☆中西ジャーマン(第1段階)を繰り出すが、柴田がすぐに立ち上がって武者返しで報復。
 続いて柴田は、キック連打で永田の動きを止め、スライディング式キックで追撃。さらに、変型卍固めからスリーパーホールドへ移行し、ロープへ接近した永田にミドルキックを見舞う。そして、なんとバックドロップホールドで3カウントを迫る。
 しかし、永田が次のPKを回避し、スリーパーホールドから逃れて腕固め。白目をむいて絞り上げたのち、ミドルキック、ニーリフト連射、タイナーで追い打ちをかける。
 続いて永田はバックドロップからフォールに行くが、柴田がギリギリで返す。すると永田は、垂直落下式ブレーンバスターで追い打ちし、なんとPKで柴田を大の字にさせる。
 次に永田は柴田を強引に立たせ、バックドロップの体勢に入る。ところが、柴田が頭部へ膝蹴りを浴びせて脱出。すると永田は膝蹴りと張り手を連発して行くが、ミドルキックを柴田がキャッチし、張り手からスリーパーホールド。そして、前方へ投げられてもクラッチを離さず、さらに力を込めて絞めあげる。
 永田は必死で腕を引き剥がそうとするが、柴田がこらえてなおも絞る。そして、グロッキー状態になった永田をPKで轟沈した。

COMMENT

本間「(※柴田を追いかけるようにインタビュースペースにやって来て)オイ、柴田、お疲れ。お前がチャンピオンになったら、俺がいくしかない。俺が次いくからな、お前」
柴田「(※インタビュースペースに座り込んで)誰か通訳を……何だ今の?交通事故に遭った、そんな気分だよ。何言ってんだ?とりあえず、とりあえずって言い方、したくないけど、(※前に置いたベルトを叩いて)また、戻って来ちゃった。ベルトが戻って来ちゃいました。一つわかったこと、あるんですけど、第三世代はまだまだ終わっていないっていうことを、身をもって証明させられました。ダメだったら介錯、本気で思ってました。もう、辞めてもらおうと。こっちもそのぐらいの覚悟で挑んだんで。けど、このザマですよ。俺は2勝1敗で負けてますから。いや2勝2敗。引き分けなんですよ。これがここにあろうがなかろうが。でも、なんか、自分の空白の時間、空白のレスリング、空白の新日本プロレス、しっかり、しっかり時間超えて体感して、今、俺はここにいる。それが答え。そんな感じですね。何かありますか?ない?じゃあ、一つ。さっきなんか、何言ってるかわかんないんだけど、何か言ってるヤツがいたんで。言やぁいいってもんじゃないんだ。言やぁいいってもんじゃないんだけど、最近試合もしねえで、Tシャツ売りに来ました、そんな感じで会場にのこのこ現れて、試合しないで帰ってくヤツがいたんで、キッチリやる気があんのか、ないのか、勝負してやります。あと、さっきの彼のコメント、文字に起こしてといてください。全ッ然、わかんなかった。何かありますか?ない?以上」
 
※永田は胸をおさえ、コメントブースに登場
天山「永田、大丈夫か?」
永田「すいません」
天山「もう最高や。シビれた。これで勝てたら、よかったんだけどな」
永田「どうもありがとうございました(※天山、小島、中西とガッチリ握手)。すいません。みんなの力で獲ったNEVERのベルト、また獲られた。またでも、頑張りましょう」
天山「獲られても、また獲り返せばいいんだよ。まだまだ永田やれるよ。試合見て、ビックリしたよ。この間のタイトルマッチは見れなかったけど。今日生で見てね、こんなに力持ってるって、48歳まだまだできるって、凄いわ」
永田「それはもう、山本(※天山)さんとか、小島さんとか、中西さんが、そばにいて、やっぱそういう力を、俺の目の前で見せつけてくれるから、出せるもんであって」
天山「久々に見て、俺興奮したわ、ほんま。柴田も強かったし」
永田「柴田、強かった。悔しいけど、強かった。返せなかった。柴田になんか想いが通じたかもしれない。初めてだよ。柴田が、俺の目の前で、あぁやって深々と礼をしてきたの」
——最後に柴田選手を抱き寄せ、声をかけられていましたが、どんな言葉をかけたんですか?
永田「『柴田がいれば、新日本プロレスは大丈夫だ』って言いましたよ。時代がいくら変わっても、“ストロングスタイル”を守れる人間ってのが、中邑がいなくなって、ちょっとどうかなと思ったけども、だからこそ、奮い立った、立ち上がった部分はあるけど、『柴田がいれば大丈夫かな』って、そう感じる試合でしたよ。リングあがって、もうビリビリ相手の殺気が伝わってきたし。俺を見て、柴田が震えたってのも見えたし。そういう緊張感の中で、この2016年6月19日大阪城ホールで闘えたことは、ほんとにこの上ない、俺にとって幸せだったっすね。野上、泣くな。泣くな、野上。ほんとに強い人間ってのはさ、何度倒れても立ち上がればいいんだ。野上、俺は大きな野望に向かって、またさらに立ち上がるから、もしもそれを野上アナはじめ、一人でもファンの人たちが俺を信じて、待ち続けてくれるなら、再び君たちに、“歓喜の涙”流させてやるよ。待ってろよ、野上!(※野上アナと抱き合う)」
野上「このTシャツ着て実況したことを、ほんとに今は誇りに思います。」
永田「待ってろよ。天山広吉、小島聡、中西学、俺たちが積み上げてきた闘いの歴史ってものが、人々を揺さぶる時が必ず来る。俺たちは、また立ち上がる。俺たちを信じて、待ってくれさえいれば、必ず“歓喜の涙”を流させてやるから。以上だ。ありがとうございました(※天山、小島、中西とガッチリ握手)」
 
  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ