BEST OF THE SUPER Jr.XXIII

日時
2016年6月7日(火)   17:00開場 18:30開始
会場
宮城・仙台サンプラザホール
観衆
2,167人(超満員)

第8試合 無制限1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」優勝決定戦

VS

境界線

  • (Aブロック1位)
  • (Bブロック1位)
※オスプレイが「BEST OF THE SUPER Jr.XXIII」初優勝。
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 Aブロック1位の田口(5勝2敗=10点)とBブロック1位のオスプレイ(4勝3敗=8点)が激突する優勝決定戦。田口が勝てば2012年以来2度目、オスプレイが勝てば初出場・初優勝となる。
 
 イギリス出身のオスプレイはイギリス国旗を羽織り、ロメロ&バレッタと共に登場。一方、宮城県岩沼市出身の田口は市のマークが描かれた旗を持参し、ライガー&タイガーと共に入場。そして、田口が「宮城県岩沼市出身」とコールされると、大歓声&「田口」コールが起きる。
 
 テレビ放送席でIWGP Jr.王者KUSHIDAが見守る中、田口とオスプレイが握手をかわして試合がスタート。田口が腕を取ると、オスプレイが連続ヘッドスプリングで脱出する。しかし、田口がヘッドシザースホイップで投げ、直後にジャンピングヒップアタックを食らわせる。これでオスプレイが場外へ逃げると、田口はロープのあいだに尻を挟むフェイントを披露。その尻をオスプレイが殴ろうとするも、田口が前転で回避し、ギタりポーズで挑発。またも大「田口」コールが起きる。
 しかし、リングへ戻ったオスプレイは、後転した田口を前方宙返りで飛び越し、ハンドスプリング&バク宙でフェイント。さらに、ドロップキックで田口を場外に落とすと、再びハンドスプリング&バク宙を繰り出し、ギタりポーズをパクって挑発した。
 これでオスプレイのペースとなり、フライングメイヤーから田口の後頭部へ低空ドロップキック。さらに、変型卍固めで締め上げる。すると、田口が脚を取るが、オスプレイはバク宙で着地。ところが、その衝撃で足を痛めてしまい、すかさず田口が低空ドロップキックを浴びせる。そして、スライディングキックで場外へ落とすと、脚にストンピング連射を見舞い、膝を場外マットへ叩きつける。
 リングへ戻った田口は、変型グラウンド卍固めでさらにオスプレイを痛めつけ、コーナーへ追い込む。そして、ロープに乗って股間をオスプレイの顔へこすりつけ、その体勢からヒップアタックを連射して行く。それでもオスプレイは田口をコーナー最上段へ固定してトラースキックを放つ。ところが、田口は尻でブロック。
 しかし、オスプレイがハンドスプリングスピンキックで巻き返し、エプロンからのジャンピングハイキック、スワンダイブフライングフォーアーム、その場飛び変型カンクーントルネード、低空ドロップキックと畳み掛ける。
 続いてオスプレイはレインメーカーポーズからレインメーカーを狙うが、田口が回避してカサドーラから回転エビ固め。さらに、アンクルホールドを繰り出すも、オスプレイがバックエルボーで脱出。
 その後、両者が高速で互いの技を切り返し、そこから田口が変型スパイラルボム。そして、オスプレイの顔面に尻をこすりつけ、ランニングヒップアタック2連発、場外からのジャンピングハイキック、スワンダイブジャンピングヒップアタック、ノータッチトペコンヒーロと一気にラッシュ。
 大ダメージを負ったオスプレイは、カウント19で辛うじてリングイン。すると田口は2連続ブレーンバスター&前落としで追撃。さらに、串刺し攻撃をかわしてオスプレイをコーナーへ激突させ、リバースパワースラムで叩きつける。
 続いて田口はギタッてからケツイェを敢行するも、フォールはオスプレイが跳ね返す。これでまたもや大「田口」コールになり、田口がとどんを仕掛ける。しかし、オスプレイが前方回転エビ固めに切り返し、田口が跳ね返すとカウンターハイキックに繋ぐ。そして、ひざまずいた田口にローキックを浴びせ、直後にバックキックを見舞う。
 しかし、田口がカウンター延髄斬りで巻き返し、再びどどんの体勢に入る。しかし、オスプレイが自分から肩へ飛び乗り、そこから体を反転させてフランケンシュタイナー。
 次にオスプレイは田口を踏み台にしてサマーソルトで着地し、ラリアットで場外に落とす。そして、トルニージョ式サスケスペシャルで追撃。
 続いてオスプレイはコーナー最上段へのぼり、ファイヤーバードスプラッシュを放つ。これを田口が回避すると、オスプレイは足から安全に着地する。ところが、その衝撃でまた足を痛めてしまい、田口が即座に低空ドロップキックを発射。ところが、オスプレイがジャンプでかわし、そのままジャンピングフットスタンプで踏み潰す。
 ここからオスプレイはコークスクリューキックで追撃し、オスカッターを狙う。しかし、田口が受け止め、アンクルホールドで捕獲。オスプレイが激しく抵抗すると、田口はどどんからエビ固め。それでもオスプレイがギリギリで肩を上げると、田口はまたもやアンクルホールドを極め、グラウンドへ持ち込む。
 しかし、オスプレイが脚力で田口を弾き飛ばし、カウンターのその場飛びスパニッシュフライで逆転。それでも田口がフォールをギリギリで返すと、場内が大「田口」コールに包まれる。
 ここでオスプレイがコーナーへのぼり、田口が追いかける。ところが、オスプレイが脱出して田口をコーナー最上段へ固定し、顔面付近へトラースキックを浴びせる。そして、リバースファイヤーバードスプラッシュから今度こそオスカッターを炸裂させ、ついに優勝の栄冠を掴んだ。

COMMENT

※CHAOSメンバーから祝福され、メンバーが去る。
オスプレイ「(※1人となり、トロフィーを見つめ、時折、涙を浮かべながら)プリンス・デヴィット、イブシ、タグチ、リコシェ、クシダ……彼らが手にしたこのトロフィーを手にできるなんて……僕も彼らスーパースターの仲間入りできたかな?多くの人は、僕が勝つなんて思ってなかっただろうね。でも、みんなに感謝したい。こうやって日本に来てることだけでも信じられないのに、何て言えばいいんだろう……本当に天にも昇る気持ちだ。いままで僕のことをプロレスラーって言ってくれる人はほとんどいなかった。先生と、友達と、ガールフレンドぐらいで。それがこれだけ多くの人に囲まれて、みんなプロレスラーとして応援してくるんだからね。アメリカでもこんなことなかったし。日本のファンのみんなのリアクションには驚かされたよ。興奮して足を踏み鳴らすんだからね。どんなにサンキューって言っても足りないほどだよ。何か聞きたいことはある?」
——おそらく『BEST OF THE SUPER Jr.』史上、最年少優勝になると思います。
オスプレイ「エッ、何て言ったの?最年少?そうなんだ……イギリス人初ってことばっかり頭にあった。それだけでもビックリなのに、最年少だって?たった一晩で、こんなにたくさんの記録を作ったなんて……でも、これで止まってなんかいられない。次は6月19日、『DOMINION』でKUSHIDAともう1回だ。タイトルマッチでね。KUSHIDAも受けてくれるはずだ。僕もこのタイトルを持っていくよ。CHAOSの一員としての誇りもね」
——1年前はどうしてました?
オスプレイ「1年前?みんなで僕の誕生日のお祝いをしてたよ。親戚もみんな集まってね。それに小さな大会で試合をしてた。70人とか、多くても150人ぐらいの会場で。今日(観客)は何人ぐらいいたの?」
——2000人以上です。
オスプレイ「そんなに?そんなにたくさんの人が、ジッと僕の試合を見てくれたんだ。ニュージャパンでの経験は、イギリスでもWWEでもTNAでもできないぐらい刺激的だよ。そのために一生懸命、頑張ってきた。まずはレスラーって見られるように。オカダやビッグ・マイク(マイケル・エルガン)は誰が見たってそう思うだろ?リコシェにしてもそうだよね。でも僕を見てごらん?レスラーに見える?僕のなかではレスラーだって思ってても、みんなはそう思わない。でも、そう見られたいって思ってやってきた。今日、やっとレスラーとして生まれたって感じ。ずっとレスリングをやってきて、やっとね。会場に来てくれたみんな、そして『NEW JAPAN WORLD』で見てくれてたみんなに『ありがとう』って伝えたい」
——イギリスに帰って、誰にどう報告したいですか?
オスプレイ「いの一番に両親に報告するよ。特に父親にはね。1年前、父は心臓発作を起こしたんだ。幸い一命をとり止めたけど、それから仕事ができなくなって。パイプを埋め込む手術をした。いまは元気になったけど、イギリスでの試合を見に来てくれてるんだ。そんな父に、これ(トロフィー)を見せてあげたい。そして僕を応援してくれてる友達にもね。でも一番には両親さ。でも、(トロフィーを)見たらビックリして(また心臓発作を起こして)死んでしまうかもしれないけど(笑)」
 
田口「(※床に倒れ込み)ハァハァ、ヤング……ヤングだね。今の自分の力が、ここまで通用するのか、ここまでしか通用しなかったのか……ここまでしか通用しなかったということでしょう。ハァハァ、気力で立ってたけど、リングの上は……気力だけでは補えない。なんっつうか、気力、知力……“精力”ですか?まだまだ三大欲求に、もっと磨きをかけて。特に……“性欲”剛を制す。“性欲”剛を制すで、この次の『SUPER Jr.』まで1年、“性欲”剛も制す。柔をも、剛も制す。そう、“性欲”柔をも、剛を制する。この1年で、どこまで磨きをかけられるか。しかし、オスプレイ、強かった。メスプレイなんて言ってる場合じゃなかった。ふざけて、入浴……入浴じゃない。入場をマジメにした反動で、試合中にちょっとふざけてしまった。あれも敗因かもしれない。しかし、これは私の道ですから。危ぶむ勿れです。この道を行けばどうなるものか……迷わずイケよ、イケば気持ちいさ!ありがとう」
 
KUSHIDA「いやぁ、凄い試合でした。ほんとはね、前々から言ってるように、『BEST OF THE SUPER Jr.』っていうのは、このIWGPジュニアヘビー級の次期挑戦者決定戦ではないから。彼もチャンピオンですよ。ほんと凄いと思う。あの場ってのは、やっぱ去年自分が経験して、いろんなもの犠牲にして、いろんな挫折をして、じゃないとね、あそこに辿り着けないし。ましてやね、勝てないから。あの舞台ってのは、ほんとに凄いと思う。で、今年集まったメンバー、ほんとに凄いから。『BEST OF THE SUPER Jr. XXIII』エントリーしたその事実だけでも、ボクとしては誇り高いし、もうチャンピオンでしょ、彼が。ただ、ボクもこのIWGPジュニアヘビー級の防衛戦を重ねてきてるから。このチャンピオンシップに、チャレンジャーはいない。両方ともチャンピオン、どっちが強いか、勝負しよう。Congratulations、ウィル・オスプレイ」
 
  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ