BEST OF THE SUPER Jr.XXIII

日時
2016年6月7日(火)   17:00開場 18:30開始
会場
宮城・仙台サンプラザホール
観衆
2,167人(超満員)

第5試合 30分1本勝負

レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 『BEST OF THE SUPER Jr.XXIII』に出場したJr.戦士たちによる豪華な6人タッグマッチ。IWGP Jr.王者のKUSHIDAとIWGP Jr.タッグ王者組のリコシェ&サイダルがドリームチームを結成し、ライガー&タイガー&ボラドールのレジェンドチームと対決する。なお、サイダルはKUSHIDAの持つIWGP Jr.ベルトに挑戦表明している。
 
 KUSHIDAとタイガーの対決で試合が始まり、タイガーがリープフロッグから後転。しかし、KUSHIDAがこれを飛び越え、次の風車式バックブリーカーも回避。その直後、両者が同時に放ったドロップキックが交錯した。
 リコシェ対ボラドールの場面。リコシェが下からのヘッドシザースホイップでボラドールを投げ、素早くローキックを放つ。しかし、ボラドールが回避し、即座にヘッドスプリングで立ち上がった。
 サイダル対ライガーの場面。サイダルが風車式バックブリーカーを回避し、ローキック、ローリングソバット、串刺しラリアット。さらに、前方回転エビ固めをすり抜け、その場飛び串刺しダブルニーアタックを食らわせる。
 だが、次のジャンピングハイキックをライガーがかわし、今度こそ風車式バックブリーカーをお見舞い。さらに、ロメロスペシャルで締め上げる。
 これでサイダルの動きが止まり、タイガーがフロントネックチャンスリー、タイガードライバー、ボラドールが滞空式ブレーンバスターなどで追撃。しかしサイダルは、カウンターニールキックでライガーに逆襲。
 これでKUSHIDAの出番となり、ハンドスプリング式ニールキックで控えのタイガー&ボラドールを場外に落とす。そして、ハンドスプリングエルボーでライガーに追撃すると、コーナー最上段から場外の2人へトペコンヒーロを敢行。
 それでもライガーはロープへ走るが、リコシェが転倒させ、KUSHIDAが側転から低空ドロップキックを見舞う。そして、リコシェがその場飛びシューティングスタープレス、サイダルがその場飛びムーンサルトプレスを同時に浴びせる。
 その後、KUSHIDAのショルダーアームブリーカーに対し、ライガーも同じ技をお返し。そして、ジャンピングネックブリーカーで巻き返した。
 リコシェ対ボラドールの場面。2人がハンドスプリング&バク宙で同時にフェイントをかけ、リコシェのニールキックを回避したボラドールがトラースキックを放つ。だが、リコシェが受け止め、延髄斬りをお見舞い。
 その後、ライガーが掌底でリコシェを吹き飛ばし、サイダルがライガーにジャンピングニーアタック。しかし、ライガーがショルダースルーでサイダルを場外に落とし、タイガーもKUSHIDAを場外へ追いやる。そして、それぞれコーナー最上段からのプランチャで分断。
 一方、リング上ではボラドールがカサドーラからの回転エビ固めでリコシェを押さえ込み、返された直後にバッククラッカー。
 続いてボラドールは雪崩式攻撃を仕掛けるが、リコシェが突き飛ばす。それでもボラドールはバク宙で着地するが、直後にリコシェがローキックで側頭部を撃ち抜く。そして、そこから630°(スプラッシュ)を炸裂させ、勝負を決めた。

COMMENT

KUSHIDA「確かに昨日、BUSHIに負けて、今日の決勝戦に進めなかった、これ事実。でも、BUSHIに一つだけ言っといてやるよ。KUSHIDAの足を確かに引っ張ったな。それ以外、テメェは何残したんだよ、この『SUPER Jr.』で。それだけ言っといてやるよ。『BEST OF THE SUPER Jr.』凄いメンツっすよ。こうやってね、ネクストがもう始まってる。すげぇ悔しかったす、決勝にいけなくて。3年連続、内容結果残せるのは、KUSHIDAだけだと思ってたから。1日、『俺、無理なのかな』、『俺には、引っ張ることが出来ないのかな』って、そうへこんだんすけど、一つ躓いたぐらいで、落ち込むような男に、新日本プロレスジュニア任せられないでしょ。このあと、田口隆祐かウィル・オスプレイ、どっちが勝つのかわからないけど、『BEST OF THE SUPER Jr.』は次期IWGPジュニアヘビー級挑戦者決定戦じゃないんだ。どれだけ凄いことか、俺はわかってる。だからこそ、2016年『BEST OF THE SUPER Jr.』獲りたかった。実況解説呼ばれてるんで、一番前で決勝戦見させていただきます。ありがとうございました」
 
ボラドール「まず最初に『ありがとう』と言いたい。素晴らしいルチャドール(プロレスラー)に囲まれて試合できて感無量だ。歴史に名を残している選手とも闘えた。それに日本のファンのサポートにも感謝する。みんなの応援があって、最後まで闘えた。この日本でルチャ・リブレの素晴らしさを見せられたと思う。この素晴らしい経験をアレナ・メヒコに持って帰るよ」
ライガー「今、ボラドール選手は、色々レジェンドがどうのこうのって、褒め称えてくれましたけども、リングに上がっている以上、全然関係ないし。この『BEST OF THE SUPER Jr.』で決勝に残ることができなかった俺が、こういうセリフを吐いていいのかどうかわからないけど、俺はもう一度、KUSHIDAとやりたい。もう一度KUSHIDA、IWGPジュニアヘビー級のチャンピオンのKUSHIDAとやりたい。改めて、今ここで表明しときたい。意思表示をしときたい。そのためだけに、これからも毎日毎日、試合がある。だから、ファンの皆さん、“後押し”宜しく願いします。今年もどうもありがとうございました」
※タイガーはノーコメント
 
オライリー「オーサカジョーホールでの『DOMINION』で、あのIWGPジュニアタッグのタイトルを狙っていく」
フィッシュ「カイル、俺たちは負けたわけじゃないもんな。俺たちは決して、負けてタイトルを失ったわけじゃない。俺たちの腰からベルトが動いていっただけだ。二つの異なる出来事で、今、彼らはベルトを持ってるんだ。だからオーサカジョー(大会)が終わったら、俺たちの元にベルトがあることを、ここでみんなに約束する」
 
バレッタ「俺たちは確かに負けてタイトルを奪われたさ。負けてベルトを失ったよ。でもな、だけどな、しかしながらな、リマッチの契約を交わしていたっていう事実があるんだ。(※手にしている書類を示して)ほら、ここに『負けた場合はリマッチを行う』ってあるだろ?」
ロメロ「この契約を反故にするのか?だから、俺たちは次、リマッチを要求する」
バレッタ「ちゃんと契約しているんだから、守ってもらわないとな。アイツらに権利はないんだ。パッと来てベルトを横盗りしやがって」
ロメロ「ウソつきって言われたくなかったら、リマッチを組め。ココにそれを認めている契約書があるんだからな。シバクゾ、ナカスゾ、コノヤロー。ロッポンギ・ヴァイスが次のチャンピオンになるんだ。オーサカでな(※と言ったところで、バレッタがロメロを突き飛ばす)オイ、俺を突き飛ばすな」
(※バレッタはあきれ顔でロメロの後を追う)
 
サイダル「チャンピオンはいつも人気があるもんさ。チャンピオンは試合が終わったからといって、安心していられないんだ。なぜなら、みんながこのベルト狙っているからさ。今、俺とリコシェの手の中にあるベルトをな。みんなこのジュニアという階級のなかで、最高のレスラーになりたいんだ。それは、このベルトを手に入れることで証明できるからね。で、タイトルマッチをやりたいって?チャンピオンシップを組んでくれって?今ここで言っておく。俺は異論ない。できるっていうなら、俺たちからベルトを奪い取ってみろ。リマッチの契約を交わしてるって?負けてベルトを奪われたわけじゃないって?そんなこと別にどうでもいいよ」
リコシェ「リマッチの契約とか、負けてないとか、赤ん坊のようにワーワー泣きわめきやがって。泣いたら、言うことをきいてもらえるとでも思ってるのか?ゴチャゴチャ言ってるけど、要はこのタイトルに興味があるんだろ?欲しいんだろ?だったらオーサカジョーでやってやるよ。面倒くさいからまとめてやってやる、3WAYマッチでね。マット・サイダル&リコシェ、reDRAGON、ロッポンギ・ヴァイスの3チームで。いつかと同じさ。勝てばいいだけのことさ」
サイダル「ベルトが欲しいなら、みんなを叩きのめせばいいだけのことだ。ちょっとのミスも許されないけどね。リコシェは過去に『SUPEr Jr.』を制している。俺たちは2つも3つも勲章を手にしていくんだ。オーサカの『DOMINION』では試合後も、このIWGPジュニアタッグのベルトは俺たちの手に残ってるだけのことさ。チャンピオンで居続けるのは厳しいけど、俺たちはチャンピオンであり続けるさ」
  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ