レスリングどんたく 2016

日時
2016年5月3日(火)   15:30開場 17:00開始
会場
福岡・福岡国際センター
観衆
5,299人(超満員)

第6試合 60分1本勝負
NEVER無差別級選手権試合

  • (第10代チャンピオン)
  • (チャレンジャー)
※永田裕志が新王者に。
レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 第10代NEVER王者の柴田に、第三世代の永田が挑戦するタイトルマッチ。柴田は、3月19日名古屋で小島、4月10日両国で天山を撃破し、これまで3度の防衛に成功している。
 永田は、同期の中西をセコンドにつけ、1984年に大ヒットしたMIE(現:未唯mie)の「NEVER」で登場。一方の柴田は、いつものようにベルトを手に持って入場。
 
 試合開始早々、ロープ際で柴田が永田を挑発し、エルボー連打をお見舞い。すると、永田がカウンターフロントハイキックでダウンさせ、直後にローキックを発射。しかし、柴田が冷静にかわす。
 さらに柴田は、永田をテイクダウンして膝十字固めを極め、逃げられると足4の字固めで絞り上げる。だが、ロープへ逃れた永田が、カウンターキチンシンクで逆襲。
 永田の攻勢は続き、柴田の胸板へ強烈なキックを連発。そして、串刺しフロントハイキックを浴びせるが、柴田がすぐさま串刺しフロントハイキック2連発で報復。
 さらに柴田は、エルボー連打で永田をコーナー下に座らせ、ローキック連打、スライディングキック、串刺し低空ドロップキックで追撃。そして、フロントネックチャンスリー、背中へのサッカーボールキックへ繋ぐ。
 すると、永田がいきなり脇固めを決め、そこから腕固めを仕掛ける。しかし、柴田が素早く脱出し、スリーパーホールドで捕獲。たまらずロープへ手を伸ばした永田にキックを浴びせ、PKを発射する。だが、永田が回避し、カウンターエクスプロイダーで逆襲。
 ここで両者はエルボー合戦を繰り広げ、柴田が連打で押し込む。その後、永田がフロントハイキックを見舞うと、柴田もすぐに同じ技をお返し。すると、永田がエクスプロイダーで投げるが、柴田が立ち上がり、ジャーマンスープレックスホイップ、武者返しで報復。
 さらに柴田は、永田の胸板へキックを連発し、頭を平手で思いきり叩く。これに激怒した永田が強烈なエルボーで柴田をダウンさせ、膝蹴り、ローキック、ストンピングを連発。
 永田の攻撃は続き、タイナー、垂直落下式ブレーンバスターと大技2連発。そして、ナガタロックIIを繰り出すが、柴田がすぐにロープエスケープし、カウンタードロップキックで逆転。
 続いて柴田はスリーパーホールドを極め、永田が逃げるとバックドロップホールドで3カウントを迫る。そして、PKを発射するが、永田が脚をキャッチ。すると柴田は張り手を連発して行くが、永田がフロントハイキックで黙らせ、バックドロップで追撃。
 次に永田がキックを連射すると、柴田は張り手で反撃。ところが、永田が強烈な張り手を食らわせ、延髄斬りで追い討ち。そこからなんとPKを炸裂させると、最後はバックドロップホールドで3カウントを奪取した。
 
 試合後、中西が永田のもとへ駆け寄って祝福。そして、腰にNEVERベルトを巻いた永田は、両手でガッツポーズ。さらに、赤コーナーへのぼって敬礼を披露し、前王者の退場を見送る。
 さらに永田は、「1、2、3、ゼア!」でファンと一緒に敬礼を決め、青コーナーでも敬礼を披露した。

COMMENT

永田「(※インタビュースペースに戻ってくると、この試合を実況していた野上アナが待ち構えていた。「遂にやりました」と声を掛けられると笑顔が漏れる)言葉が出てこないほど強烈な試合でしたよ。柴田の当たりはいつも以上に強烈だった。でも、その強い柴田を打ち破ってこのベルトを獲った。俺の見込んだNEVERのベルトだ。このベルトには間違いなく、かつてのIWGPの闘いが詰まってる。どんどんこういう試合して、IWGP以上のものにしてやりますよ。今日の勝利は俺だけじゃない。小島、天山、そして(リング)下で見ていた中西学、3人が俺に力をくれた。柴田(は)、小島、天山を破って上ってきて、弾き落とされた。あいつは2人倒してる。俺は柴田しか倒してない。どうだ柴田、もう一丁いくか?こういう闘いを続ければ、新日本の景色は変わるぞ。どうだ、柴田?この俺に遠慮なく感情をぶつけてきて、それを弾き飛ばしたんだよ。お前、それでいいのか?柴田、これでやめるなんて言わないだろうな。今日は俺がしっかりお前に勝った。これで終わりか、柴田?この闘いを新日本に植えつけるには、まだまだ闘わなきゃダメだろ。な、野上、IWGP、インターコンチネンタルとは違う、これぞ新日本という試合だったろ?男と男の意地、嫉妬、憎しみ、悲しみ、そういうものがすべて詰まった闘いが今の闘いだよ。この闘いでこの機に、俺の力で……柴田よ、悔しかったら、もう一丁やろうぜ」
−−「窓際に追いやられた同世代に勇気を与えるような試合をしたい」って、そう話してましたけど、年齢を確かに48歳と認めるなかで、そういうことが伝えられたと思います。
永田「何度転んでもいいんだよ。でも、転んだ時、立ち上がれるかどうかだよ。本当に強い人間は。何度転んでも、何度くじけようとも、どんなに傷ついても、汚れても、それは強くなるチャンスなんだ。だから何度倒れても立ち上がって笑って、それがNEVER GIVE UPだ。I NEVER SAY GIVE UP」
−−これ、永田さんにぴったりのベルトです。
永田「IWGPの闘いをもう1度、新日本プロレスに、俺の手で取り戻して、俺の色に染めてやる。青き色に。透き通ったブルー・ジャスティスに。新チャンピオンは公約をいわないとな。政治家と一緒だよ。ちゃんとした公約の下、このベルトを持って、次から次へと出てくる相手と闘う。それがチャンピオンの宿命だ。このリングで、俺の色に、セルリアンブルーよりさらに青く……」
(※コメントを終えると、「どうだ、野上?」と言ってハグ。「1人で青義軍守ってくれてありがとう」と伝えると野上アナの目には光るものが……)
 
※柴田はノーコメント
  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ