HONOR RISING:JAPAN 2016

日時
2016年2月20日(土)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
1,718人(超満員)

第7試合 60分1本勝負
NEVER無差別級6人タッグ選手権試合

  • (第3代チャンピオンチーム)
  • (チャレンジャーチーム)
※矢野&ブリスコ兄弟が防衛に失敗。オメガ&マット&ニックが新王者に。
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 2・14長岡でNEVER 6人タッグ王者に返り咲いたジェイ&マーク(ブリスコブラザーズ)&矢野が、わずか6日後に初防衛戦を敢行。対戦相手はIWGP IC王者オメガ+マット&ニック(ヤングバックス)のトリオ。
 
 オメガ組のセコンドとして、BULLET CLUBの同志であるコーディ・ホールが登場。そんな中、ホールがジェイとマークを場外へ落とし、4人で矢野に集中攻撃を浴びせる。
 
 これでようやく試合開始のゴングが鳴り、ホールが場外で矢野を捕獲。そこにニックがエプロンからランニングローキックを見舞う。
 ここでBULLET CLUBがリング上でポーズを決めるが、背後からジェイ&マークが急襲。マークがオメガをカウンターフロントスープレックスで投げ捨てる。そして、ジェイがマットへ串刺しラリアット、低空フロントキック。さらに2人は合体アームホイップでニックを場外に投げ捨て、オメガ&ホールを押し潰した。
 矢野対オメガとなり、矢野がオメガを挑発して自らロープエスケープ。さらに、ファンの「ブレイク」コールを扇動すると、左右から接近したマット&ニックを両腕を広げて足止めさせる。ところが、ホールが場外から両脚を掴んで動きを封じ、マット&ニックがダブルキックでサンドイッチにする。その直後、オメガが矢野、マットがマーク、ニックがジェイへ同時にトペスイシーダを敢行。
 これで矢野が孤立する展開となり、オメガが踏みつ攻撃、マットがギロチンドロップ、オメガがホールたちの手を借りた“反則”コブラツイスト、オメガとニックが引っかき攻撃、マットがフィストドロップなどで徹底的に痛めつける。
 さらに、オメガ&マット&ニックがコーナーで同時攻撃を食らわせるも、矢野がいつの間にかクッションを取り外す。そして、クッションでニックとマットのトラースキックをブロックして殴り倒し、オメガにもクッション攻撃を浴びせた。
 これでようやく出番となったマークは、ニックへ串刺しレッグラリアット、変型ジャンピングパワーボム。さらに、ジェイがマットに串刺しラリアットを見舞うと、マークが“鶴のポーズ”でニックを驚かせる。すると、オメガがマークへ襲い掛かるが、ジェイがフロントハイキックをお見舞い。続いてスイングネックブリーカーを仕掛けるも、マットがトラースキックでカット。
 ここでマットがパワーボムでマークをコーナーに投げ、同時にニックが背中へキックを浴びせる。さらに、オメガが串刺しジャンピングバックエルボーで追撃すると、マットがキャノンボール、ニックがジャンピングキックを同時発射。
 続いてマットがマークをロープへ固定し、ニックがコーナー最上段からスワントーンボムを投下。その直後、オメガが高速ドラゴンスープレックスホイップで叩きつけ、オメガ&マット&ニックがトリプルトラースキックをさく裂させる。
 ところが、マークが高速で赤コーナーへ逃げ込み、素早く矢野とスイッチ。その矢野は、コーナーの金具へ衝突することを回避し、反対にマットを金具へぶつける。そして、ニックにマンハッタンドロップを食らわせ、金具へ叩き付ける。続いて矢野はYTRアピールを開始し、オメガの動きを先読みして金具へ激突させる。さらに、634でマット&ニックの急所を殴打。
 次に矢野は、自分を羽交い絞めにしたホールへオメガのスプレー攻撃を誤爆させ、オメガの急所を殴ってスクールボーイで丸め込む。これをオメガが返すと、矢野は後ろ髪を掴んで引き倒し、そのままフォールに行く。ところが、オメガが顔面にスプレーを噴射して脱出。
 ここでジェイ&マークがリングへ入るも、オメガがジェイ、マットがマークをパイルドライバーの体勢で捕獲。そして、ニックが飛び込んで同時にインディーテイカーを食らわせる。
 その直後、オメガがカミカゼ&ライオンサルト、ニックがスワントーンボムで矢野に追撃し、最後はマットがファイヤーバードスプラッシュで勝負を決めた。
 
 この結果により、オメガはIWGP IC&NEVER 6人タッグの二冠王となった。

COMMENT

マット「見たか、俺たちの強さを!」
ニック「ジュニアのタイトルは、全部俺たちが獲ってやる!」
オメガ「よく、次の挑戦者は誰だとか、ライバルは誰だとか聞かれるが、非情にくだらないことだ! 俺たちの強さは見てのとおりだ! これが現実なんだ! 俺とヤングバック、そして残りのメンバー、BULLET CLUBはこれで充分なんだ! 俺たち3人のベルトを見てくれ! いつまでもこれを持ち続けてやる! タナハシだろうが誰だろうが、そんなものは目じゃない!」
——フィニッシュ技の名前は?
オメガ「べつに考えてなかったが、とりあえず仮でタイガーハットリスペシャルでいいんじゃないか?(笑)」
——BULLET CLUBから二人のメンバーが抜けるようだが?
オメガ「べつに気にしてない。あの二人には悪いが、ある意味でルーザーだ。大事な試合で必ず負けていた。それに比べて俺たち3人は見てのとおり、ベルトを保持している。だから、二人が抜けたのは関係ない。いま、世界で人気なのは誰なのかを考えればわかる。それは俺たちだ! BULLET CLUBは健在だ!」
 
マーク「何があったんだ。何があったのか分からない」
ジェイ「必ず俺たちは帰ってくる」
マーク「これは、まだ終わってないからな」
※矢野はノーコメント
  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年11月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ