THE NEW BEGINNING in OSAKA

日時
2016年2月11日(木)   15:30開場 17:00開始
会場
大阪・大阪府立体育会館
観衆
5,180人(超満員)

第7試合 60分1本勝負
NEVER無差別級選手権試合

  • (第10代チャンピオン)
  • (チャレンジャー)
※柴田が初防衛に成功。
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 1・4東京ドームの再戦となる柴田vs石井のNEVER戦。同所では柴田が石井を破り、同王座を初戴冠している。
 
 ロックアップで試合が始まり、両者がロープ際でもつれあう。そこから石井が不意打ちに出るも、柴田が先読みしてエルボーを浴びせる。
 その後、石井がショルダータックルで柴田を倒し、直後にローキックを放つ。これを柴田が回避して立ち上がり、フロントハイキックで報復。そして、すぐにローキックを発射するが、今度は石井が回避。
 続いて両者は激しいエルボー合戦を展開。これで石井の動きが鈍ると、柴田はフライングメイヤーからサッカーボールキック。さらに柴田は敢えて仁王立ちになって石井を挑発。すると、石井がブレーンバスターで投げるも、柴田はすぐに立ち上がる。
 その直後、今度は石井が仁王立ちになり、敢えて柴田のブレーンバスターを受けてすぐに立ち上がる。その後、両者がもう1度同じ流れでブレーンバスターを繰り出し、石井が3回目のブレーンバスターで叩きつける。これでついに柴田が立ち上がれず、石井がエルボー&逆水平チョップ連射、串刺しラリアットで追撃。さらに、頭を挑発的に何度も蹴りあげる。
 石井の攻撃は続き、逆水平チョップ連射で柴田をコーナーに追い詰め、顔面ウォッシュからエルボー連打。しかし、柴田が立ち上がって前進し、強烈な逆水平チョップをお見舞い。さらに、追走式串刺しジャンピングフロントハイキックから顔面ウォッシュ、エルボー連打をお返し。そして、串刺し低空ドロップキック2連発へ繋ぐ。
 続いて柴田はフロントネックチャンスリーを狙うが、石井がこらえて逆水平チョップ。しかし、柴田がすぐに立ち上がってエルボー。そして、今度こそフロントネックチャンスリーで叩きつける。
 ここから柴田がフロントハイキックを連発するが、石井が踏ん張ってラリアットを返す。その後、柴田がフロントハイキック、石井がラリアットを打ち合い、続いて柴田がフロントハイキック3連発。しかし、石井がこらえてカウンターラリアットを食らわせる。
 次に石井は柴田をコーナー最上段へ設置し、雪崩式ブレーンバスターで追撃。そして、パワーボムからフォールに行くが、柴田が三角絞めに切り返す。これを石井がロープエスケープし、左右のエルボー連打。だが、柴田がツバメ返しで逆襲し、フロントネックロックを極める。
 柴田の攻勢は続き、デスバレーボム、ジャーマンスープレックスホイップ、ランニングフロントハイキック、スリーパーホールド。石井がもがいてロープに触るとすぐにキックを浴びせるが、直後に石井が延髄斬りで報復。
 ここから両者はフラフラ状態でエルボー合戦を展開。そして、柴田が連打で押しこむものの、石井が強打でダウンさせる。続いて石井は、ラリアット、ジャーマンスープレックスホイップ、カウンターラリアットで追い討ちするも、柴田がフォールをカウント1で跳ね返す。
 苦しくなった柴田はツバメ返しを繰り出すが、石井が回避し、顔面めがけてヘッドバット2連発。そして、スライディングラリアットからフォールに行くが、カウントは2。
 すると石井はブレーンバスターの体勢に入るが、柴田が切り返して脇固めを仕掛ける。これを石井がこらえると、柴田は飛びつき腕ひしぎ逆十字固めで逆転。石井は辛うじてロープへ逃れる。
 続いて柴田は前後からキックを浴びせるが、石井が逆水平チョップで反撃。すると、柴田がツバメ返しで逆襲し、PKを発射。これを石井が受け止めると、カウンタードロップキックで吹き飛ばす。
 次に柴田はスリーパーホールドを狙うが、石井が前方へ投げ捨て、左右のエルボー連打。すると、柴田が強烈なヘッドバットを食らわせ、両者の張り手が相打ちになる。そこから石井が張り手を連発するも、柴田が張り手を返し、今度こそスリーパーホールドで捕獲。これで石井の動きを止めると、PKで勝負を決めた。
 
 試合後、柴田は青コーナーにのぼってガッツポーズ。さらに、客席を指差して咆哮すると、レッドシューズ海野レフェエリーからNEVERベルトを受け取り、それをエプロン上で掲げる。
 そして柴田は、客席に向かって一礼すると、大歓声の中を退場。特設ステージ上でもう1度礼をして、バックステージへ下がった。

COMMENT

柴田「はい!ベルト獲った!なにか?」
——前王者のリマッチを退きましたが?
柴田「獲った。やっと獲った。獲ったね。ドームの時と同じ気持ち」
——NEVERのベルトがご自身のシングル初ベルトとなりましたが?
柴田「喜びはない。喜びはないんですが、このベルトを獲ったからって、喜びはまだないですね。石井に勝った、それが事実。返り討ちにしてやった。でこっからだね。一つね、気になったことが今日の大会で、何気なくモニター見てたんだけど、『なんかいつまで経っても、ケツの青い先輩たちが、なんか言ってんなぁ』と。『いつまで経っても、ケツの青いおっさんたちが、なんか言ってた』。言うのは簡単なんだよ。言わないで現実に実行してきた。俺はそのプロレスをやっているという自負がある。3人まとめてでも、やる気があるなら。言うのは簡単だよ。やるかやらないかは、本人次第。そういう使い方もあるのかなと思っております。なにか?」
——ベルトは腰に巻かないんですか?
柴田「巻かないね。たぶん巻かないね。巻かないで、防衛し続けるんだから、俺は。でもせっかくだから、ベルトは使う。いいっすか?以上」
 
※石井はノーコメント
  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ