NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2016

日時
2016年1月24日(日)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
1,599人(超満員札止め)

第6試合 60分1本勝負
CMLL世界ライト級選手権試合

  • (チャンピオン)
  • (チャレンジャー)

VS

境界線

※カマイタチが新王者に
レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 高橋広夢ことカマイタチが登場。CMLLで抗争中のリーとCMLLライト王座を懸けて激突。
 昨年3月、両者はマスカラ・コントラ・マスカラ(敗者マスク剥ぎデスマッチ)で対戦し、リーが勝利してカマイタチがマスクを剥がされた。また、昨年12月には、2人が同王座を懸けて対決。1度はカマイタチが勝利したかに見えたが、疑惑の判定で戴冠を逃した。これを受け、カマイタチが昨日の後楽園大会に乱入。ヴィールスを破って同王座を防衛したリーを襲撃し、力づくでタイトル戦を実現させた。
 
 カマイタチのセコンドとしてOKUMURA、リーのセコンドとしてストゥーカが登場。そんな中、カマイタチがヘッドシザースホイップを繰り出すも、リーが前方宙返りで着地する。
 さらにリーは、背中合わせでカマイタチを飛び越え、ヘッドシザースホイップで場外に追い込む。すると、カマイタチが素早くリングへ戻るが、リーがドロップキックで再び場外へ落とし、トペスイシーダでなぎ倒す。
 リングへ戻り、カマイタチがドロップキックでリーを場外へ追いやり、エプロンからミサイルキックをお見舞い。その後、カマイタチがリーの脚を取ってドラゴンスクリューで投げ捨て、コーナー最上段からのダイビングニードロップを急所へ浴びせる。
 しかし、リーがカマイタチをエプロンへ追いやり、ジャンピングハイキックで動きを止める。そして、トップロープ越えのヘッドシザースホイップで場外へ投げ捨てる。
 リーの攻撃は続き、ドロップキック2連発からノータッチトペコンヒーロ。さらに、リング上で変型ジャンピングパワーボムへ繋ぐ。
 続いてリーがカマイタチをコーナー最上段で逆さづりにし、パタラス・エネル・ペチョを狙う。だが、カマイタチが逆さづりの状態からリーを変型フロントスープレックスで投げる。これでカマイタチが場外に向けて逆さづりになると、リーはそのままパタラス・エネル・ペチョを敢行。
 次にリーはリング内でもパタラス・エネル・ペチョに行くが、カマイタチが回避し、ランニングドロップキックで場外に落とす。それでもリーはエプロンに上がるが、カマイタチがランニングタックルで再び場外に落とし、セントーンアトミコで追撃。
 リングへ戻ったカマイタチは、変型ドラゴンスクリュー、変型足4の字固めでリーに追い討ち。そして、ジャーマンスープレックスを繰り出すも、リーがバク宙で着地し、ジャーマンスープレックスホイップ。しかし、カマイタチも直後に同じ技を返す。
 その後、リーの飛びつき前方回転エビ固めを、カマイタチが変型スクールボーイに切り返す。そして、次のウラカン・ラナも切り返し、上から押さえ込む。するとリーは、カウンターフロントハイキックでカマイタチをダウンさせ、フェニックスプレックスの体勢に入る。しかし、カマイタチが後方回転エビ固めに切り返す。
 だが、リーがカウンター脇固めでカマイタチを捕まえ、変型ナガタロックIIIでロープエスケープさせる。そして、パタラス・エネル・ペチョからフォールに行くが、カウントは2。
 リーの攻勢は続き、変型ジャーマンスープレックスホールドで叩きつける。しかし、カマイタチが変型足4の字固めで逆襲し、リーは手を伸ばしてロープエスケープ。するとカマイタチは、ジャーマンスープレックスでリーを叩きつけ、クラッチを離さずにジャーマンスープレックスホールド。
 さらにカマイタチは、リーのニーアタックをブロックして張り手を食らわせてロープへ走るが、リーがカウンター変型スパニッシュフライで反撃。そして、またもフェニックスプレックスを狙うが、カマイタチがカナディアンデストロイヤーに切り返し、接戦を制した。

COMMENT

カマイタチ「最高だよ!最高だよ!最高だよ!このベルト。最高だよ!それ以外言葉なんてねぇよ。ドラゴン・リーだよ。アイツが巻いてたベルト、アイツから獲って、初めてこのベルトの価値があるんだよ。すげぇ輝いてんだろ?もっと輝かせるぜ。最高、最高だよ」
——改めて、ベルト奪取おめでとうございます。
カマイタチ「ありがとうございます」
——本当に最高の凱旋帰国だったと思いますが?
カマイタチ「最高、最高ですよ。本当に言葉にあらわせない。最高の一言ですよ」
——長い海外修行の成果を100%以上出せたんじゃないですか?
カマイタチ「そうですね。約2年半ぶりの後楽園ホール。挨拶して、イギリスに旅立って、メキシコに辿り着いて。そのメキシコでもがき苦しんで、ドラゴン・リーにやられ、やられ、やられっぱなしで、やっとこの『FANTASTICA MANIA』って舞台で取り返せたのが、すげぇ嬉しいですよ。最高ですよね」
——ドラゴン・リー選手にとっても、日本で最高の試合を見せられたと思いますが?
カマイタチ「アイツまだ若いですからね。ほんとに、ドラゴン・リーのこと、リスペクトしてますよ、もちろん。本当にメキシコで、いい相手に巡りあえたなと。嬉しいですよ。憎いですけどね。あんな、20歳で……20歳なんて、自分は新日本に入ったばっかりですよ。それであのレベルですよ。アイツは、メキシコだけじゃなくて、世界に通用する選手、そういう風に思ってますよ。いくらキャリア積んだ人間でも、やっぱり海外でスタイル変えて闘うっていうのは難しいことで。俺もキャリア5年で、すげぇ噛み締めてますから。だから、本当に2年くらいで、凄いと思います」
——これからメキシコに行く小松選手、田中選手にも、励みや希望を与えたと思いますが?
カマイタチ「1つ、勘違いしないでほしいのは、俺まだ完全帰国じゃないですから。俺はまだメキシコで闘いますよ。もちろん、OKUMURAさん、フウジンライジン、アイツらと一緒に、メキシコでまだまだ闘って、もっと成長して、俺の新日本プロレスのリングに帰ってくるんで。その時まで、もう少しだけ、楽しみにしててください」
——CMLL世界ライト級のベルトを獲った以上は、責任を果たすということですか?
カマイタチ「別に、責任がどうのこうのっていう思いはまったくないですけど、チャンピオンらしく、誰の挑戦でも受けますし、もちろん、ドラゴン・リー。俺ともう1回やりたいと思いますよ。その気持ちは分かりますよ。俺だってアイツに、今回で5回目の挑戦ですから。4回も負けてるんで。悔しいと思いますよ。アイツは5回目を獲られて。でも、関係ないから。俺はこの新日本プロレスで、ずっと諦めないで生きてきたから。本当に、正直、何も取り柄なんてないですよ。身長も小さいし、すげぇいい身体もってるわけじゃない。それに、リコシェみたいに、すげぇ跳べるわけじゃない。俺に何があるかって?やり合うしかないんですよ。諦めない心。それだけは誰よりも持ってるんで。2年半前と、まったく何も変わってないですよ。俺は、IWGPヘビーを獲って、ゴールデンタイムで試合をするっていう夢は、ずっと変わってないですから。」
——前回はドラゴン・リー選手に挑戦して、2分半だけ“幻のチャンピオン”になりました。それを経て、改めてベルトを手にした感想は?
カマイタチ「正直、あの試合、本当に悔しかったですよ。レフェリーが3カウント入れたんで、勝ちだと思ってましたから。それが、ロープに足がかかってたと。マキシモが苦情入れて、コミッショナーが動いて、『あぁ、そんなに日本人にベルト獲られるのが嫌だったのかな』って考えちゃいますよ、悪いですけど。まぁ、でもね、今こうやってベルトあるんで、まぁいいですよ。勝つことがすべてですから。勝って、お客さんがすげぇ盛り上がる試合をするっていうのが、俺たちの役目ですから。すげぇ幸せですよ、今」
——『FANTASTICA MANIA』の大会の中で、一気にカマイタチ選手が主役に踊り出た試合だったと思いますが?
カマイタチ「どうですか?それは、記者の皆さん、お客さんが感じたことがすべてだと思うんで。自分は別に、この大会の主役だとか、そんなことは抜きに、ただただ、ドラゴン・リーを追いかけて日本に来ただけなんで。このベルトがすべて、このベルトが俺のところにあるっていうことがすべてですよ」
——完全帰国の目途は?
カマイタチ「そうですね。正直に言いますと、今、新日本のジュニアは、自分の中で、どうしても一歩出ないところがあるんです。どうしても、ヘビーに勝てないんですよ。今、チャンピオン、KUSHIDAさんですよね?たとえば、KUSHIDAさんと棚橋さんがシングルでやる。KUSHIDAさんとオカダさんがシングルでやる。KUSHIDAさんと中邑さんがシングルでやる。悪いですけど、言っちゃ悪いですけど、IWGPジュニアチャンピオンのKUSHIDAさんじゃ勝てないです。やっぱり、ジュニアはそこを超えなくちゃいけないんですよ。だから、俺は、ずっと寮で世話になってた、プリンス・デヴィットさんに憧れましたよ、本当に。デヴィットさんは、ジュニアとヘビーの壁をぶち破ってくれた人だと思ってます。デヴィットさんは、1人で、ヘビーに立ち向かってくれましたよ。俺は、ああなりたいんですよ。ジュニアを巻いて、ヘビーのベルトを巻きたいんです。ジュニアは、ヘビーの下じゃないんですよ。ジュニアとヘビー、同じ位置にいなくちゃいけないんですよ。だから、俺は、まだ、まだ勝てないです。棚橋さんと、中邑さんと、オカダさんとやっても、まだ勝てる自分が想像できないんです。その自分が想像できたら、俺はその時、日本に帰ってきます」
——ロス・インゴベルナブレスに入るんじゃないかという噂もありますが?
カマイタチ「それについて、コメントが聞きたいんですか?1つコメントするなら、トランキーロ、焦んなよ。それだけです」
 
リー「俺たちはほんとにいつでも素晴らしい試合ができていると思う。今日に関しては、カマイタチ、お前の方が上だった。このクラスでは、信じられないような試合をしたと思う。今回に関しては、お前の方が上だったが、いつでも再戦の準備はできている。早いタイミングでチャンスが欲しい。アレナ・メヒコで日本でもやりたい」
 
  • facebook
  • twitter

出場選手

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ