NEW YEAR DASH !!

日時
2016年1月5日(火)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
1,726人(超満員札止め)

第7試合 30分1本勝負

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 後藤組vsオカダ組の8人タッグマッチ。1・4東京ドームで行われたNEVER戦では、柴田が石井を破って王座を獲得。また、IWGP王者オカダは、同所で棚橋を返り討ちにして2度目の防衛に成功。後藤はシングルマッチで内藤を下した。さらに、前IWGP Jr.タッグ王者組のオライリー&フィッシュは、同所で行われた4WAY形式の防衛戦で敗北。王座を手放した。

 オライリーとバレッタの先発で試合開始のゴング。 オーソドックスな攻防からオライリーが腕十字へ。そこからフィッシュに繋ぎ、2人がかりでのアームブリーカーからダブルミドルキック。
 ロメロはフィッシュのミドルキックを浴びながらも、バレッタとの連係からフォーエバーラリアットで反撃。さらに、オカダがエプロンからトップロープ越しのトペアトミコに繋ぐ。そして、石井が逆水平チョップを打ち込み、エルボー、ヘッドバットでダウンさせると、コーナーに控える柴田を挑発。
 フィッシュが石井にバックフリップを決めたところで、柴田にタッチを求める。それを阻止しようとオカダ&ロッポンギヴァイスが柴田に襲い掛かるが、柴田はエルボーで次々と迎撃。
 タッチを受けて正式に権利を得た柴田。石井をエルボー連打で腰を落とさせると、背を向けて対角線を走る。石井がその柴田を追いかけてラリアットを打ち込むと、柴田も追いかけてのジャンピングフロントハイキックのお返し。そしてコーナーで腰を落とさせて、対角線を走り込んでの低空ドロップキックを顔面に突き刺した。
 石井のブレーンバスターを浴びながらもすぐに立ち上がった柴田は、バックドロップを決める。そして両者がスタンドでエルボーの打ち合い。石井がラリアットを決めれば、柴田もすぐに立ち上がってフロントキックを返していく。
 タッチを受けた後藤はオカダのDDTを浴び、ロッポンギヴァイスの連係でピンチに立たされる。だが、オカダが狙ったツームストーンパイルドライバーを回避し、追走式ラリアット。そして、コーナーを背にしたオカダにニールキックからバックドロップ。カバーをカウント2で返されると、腕十字から昇龍結界へ移行する。これはカットに阻まれたが、後藤はすぐさまロープに走る。しかし、オカダがカウンターのドロップキックで報復。
 代わったバレッタがロメロとのダブルジャンピングニーアタックを柴田に決めると、reDRagonがコンビネーションでバレッタを追い込み、チェイシング・ザ・ドラゴンを狙う。しかし、これを石井がカット。
 その石井は、柴田とのエルボーの打ち合いを繰り広げ、ダブルノックダウン。ここでバレッタが後藤にジャンピングハイキックを決めたが、後藤はロープ間を一往復してのラリアット。そして牛殺しから昇龍結界に繋いでギブアップを奪った。 

COMMENT

オライリー「今日の結果はどうでもいいことだ。大事なのは、昨日の1.4東京ドームの結果だ。俺たちは負けたわけではない。タイトルを失ったが、負けたわけではない。俺たちよりベターなチームは、世の中に存在しない。ヤングバックスにリマッチを要求する」
フィッシュ「1年で一番大きな舞台、東京ドームという場で、俺たちはタイトルを失ったが、負けたわけではない。次、どんなチームであっても、俺たちが倒してやる。まずはリマッチだ。ヤングバックスにリマッチを要求する。そして、ヤツらを倒した後、どんなチームの挑戦でも受ける。どんなチームでも我々に挑戦して来い」
後藤「IWGPヘビー、挑戦を表明させてもらいますよ。去年の『G1』忘れてないようでよかった。今の新日本のこの図式をぶっ壊すのは、この俺の役目だ」
柴田はノーコメント
 
バレッタ「新年の始まりが、あまり良くない始まりになってしまった。でも、2016年はまだ始まったばかりだ。カムバックしてやる」
ロメロ「その通りだ」
オカダ「まぁIWGPヘビーとインターコンチの統一戦のムードが出来上がったなと。僕も借りを返さなきゃいけない相手だと思いますし。統一戦……」
外道「いや……(首を横に振る)」
オカダ「できなかったですね(笑)」
外道「もう(ベルト)持ってない」
オカダ「そうですよね。中邑さんがベルト巻いてるの、僕見てました……まぁ2016年は、こんな僕の勘違いから始まってしまいましたが……昨日から始まってましたね。すいません」
外道「後藤!オイ!オメェがレインメーカーの返答待ちなのは分かるけどよ、レインメーカーの返答は、(※オカダを指差して)コレだ。あとは、レインメーカー次第だな、後藤」
※石井はノーコメント
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2022年6月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ