WRESTLE KINGDOM 10 in 東京ドーム

日時
2016年1月4日(月)   15:30開場 17:00開始
会場
東京・東京ドーム
観衆
25,204人

第7試合 60分1本勝負
NEVER無差別級選手権試合

  • (第9代チャンピオン)
  • (チャレンジャー)
※柴田が新王者に
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 試合開始前、テレビ朝日の解説者としてライガー、元新日本プロレスの蝶野正洋、サッカー解説者の松木安太郎氏が放送席に登場。
 
 そこから始まった第7試合は、柴田と石井が激突するNEVERタイトルマッチ。
 
 ゴング直後、2人が両手の張り手連射を打ち合って一歩も引かず。その後、石井がフロントハイキックをかわしてショルダータックルを浴びせ、スライディングラリアットを発射。これを柴田が回避してミドルキックを放つも、今度は石井がかわした。
 激しいエルボー合戦を挟み、柴田がカウンターキチンシンクをお見舞い。そこから挑発的にストンピングを連発すると、石井が怒って立ち上がり、フライングメイヤーからサッカーボールキック。その後、両者が自分から座ってサッカーボールキックを何度も受け合い、柴田が競り勝つ。
 さらに柴田は、石井の逆水平チョップ連射を受けきり、ヘッドスプリングから強烈なエルボー。だが、石井がすぐにバックドロップで巻き返し、エルボー&逆水平チョップ連打、串刺しラリアット。
 それでも柴田がエルボー連打で巻き返し、対角コーナーへダッシュ。これを石井が追走するも、柴田がカウンタージャンピングフロントハイキックで打ち抜き、コブラツイスト、卍固め。
 柴田の攻勢は続き、ミドルキック、顔面ウォッシュ、グーパンチ&逆水平チョップ連射。さらにエルボー連打で追い討ちするが、石井がかまわず前進。そして、強烈なエルボーで柴田をダウンさせ、顔面ウォッシュをやり返す。
 続いて石井は強烈なエルボーを浴びせるが、立ち上がった柴田がエルボーで石井を赤コーナーに追い込み、串刺し低空ドロップキック。すると、石井が負けずに低空ラリアットを食らわせるが、柴田もすぐに低空ドロップキックをお見舞い。
 続いて柴田は、フロントネックチャンスリーから三角絞め。だが、石井は辛うじてロープへ足を伸ばす。ここで柴田は石井の前後にローキックを連発するが、石井がカウンターエルボーで逆襲し、フロントハイキックを受け止めてラリアット。
 その後、柴田がフロントハイキック、石井がラリアット、さらにはジャーマンスープレックスホイップを交互に繰り出す。そして、ダブルダウンを挟み、石井が強烈なチョップ連射からパワーボム。
 次に石井は雪崩式攻撃に行くが、柴田が抵抗して雪崩式アームブリーカー。だが、石井が背後からヘッドバットを食らわせ、ミサイルキック、ラリアット、スライディングラリアットで追撃。
 しかし柴田は、ブレーンバスターを切り返して石井を投げ捨て、エルボー連打、ランニングエルボー。それでも石井がバックを取ると、浴びせ蹴りを食らわせる。そして、石井のPKをキャッチし、その体勢からショートレンジラリアットをお見舞い。
 柴田の攻撃は続き、デスバレーボムからスリーパーホールド。石井が前方に投げてもロックを離さず、そこから強引に立ち上がる。そして、胸板にミドルキックを浴びせてPKを放つが、石井に回避されたため背中にPKを見舞う。
 ここで柴田は前方からもPKを打つが、石井が受け止め、顔面にヘッドバットを浴びせる。そして、背後と前方からラリアットを食らわせると、再び顔面にヘッドバットをお見舞い。ところが、柴田もヘッドバットを返し、さらに2人のヘッドバットが相打ちになる。
 続いて石井がロープへ走ると、柴田がカウンタードロップキックで迎撃。だが、石井もすぐにカウンターラリアットを食らわせ、ショートレンジラリアットからフォール。
 これを柴田が跳ね返し、ツバメ返しで反撃。すると、石井が延髄斬りを浴びせるが、柴田がミドルキックで報復。さらに、カウンタージャンピング延髄斬りで追撃すると、すぐさま胸板へローキックを食らわせ、今度こそPKで勝負を決めた。

COMMENT

−−会場が大歓声に包まれてました。そして石井選手から、あの闘いで獲ったベルト、今の感想を聞かせてください。
柴田「どっちが勝ったか、よくわかんねぇよ。自分的にはベルトが懸かっていようが、いまいが、やることはいっしょ。そのスタンスは変わんない。変わんないんだけど、石井の意識は、このベルトがあることによって、あそこまで引き上げられたのかなと感じております。意地?意地のぶつかり合いで、どっちが勝っても、どっちが負けても、よくわかんない。そんな感じの試合でした」
−−試合前に話されてましたけど、本当に命を削るような試合だったと思います。改めて石井選手は、柴田選手にとってどんな相手だったのか、聞かせてください。
柴田「魂を削って試合を1試合1試合してる選手だと思いますね。別に褒めてるわけじゃないけどね」
−−先ほど「意地」と言われてましたけど、柴田選手も意地を東京ドームに集まった多くのファンに届けたと思いますが?
柴田「わかんない。ぶっちゃけ、わかんないけど、今この瞬間、お互いに技を出して、受け止めている間に意識が飛んでいく、薄れゆく意識の中で、必死で立ってるっていうのが、そんなレベルが高いのか低いのかわかんないけど、そんな闘いだったと思います」
−−これは愚問かもしれませんけど、そんな意識が遠のいていく中で、それでも立ち上がる理由は何なんですか?
柴田「負けたくないから。ただそれだけだね。負けたくない。石井も意地っ張りかもしれないけどね、俺も意地っ張りだからね」
−−ベルトを手にされました。今後、そのベルトをどうされていく……今ちょっと考えるのは難しいかもしれませんが?
柴田「いや、このベルトね、今獲ったからって浮かれてられないんだよ。俺は去年ここで、ドームで(IWGPタッグの)ベルトを獲って、次のシリーズで失ってるからね。今はまだ(ベルトを)巻くわけにはいかない。まだ俺のベルトっていう気がしねぇ。とりあえず、そのことだけはわかってる。ベルトの話はそれからだ。以上」
 
※石井はノーコメント
 
  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ