WRESTLE KINGDOM 10 in 東京ドーム

日時
2016年1月4日(月)   15:30開場 17:00開始
会場
東京・東京ドーム
観衆
25,204人

第4試合 60分1本勝負
IWGP Jr.ヘビー級選手権試合

  • <第72代王者>
  • <挑戦者>

VS

境界線

※KUSHIDAが新王者に
レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 BULLET CLUBのオメガにKUSHIDAが挑戦するIWGP Jr.戦。KUSHIDAは昨年の『BEST OF THE SUPER Jr.』で優勝し、7月5日大阪城ホールでオメガから同王座を奪取。だが、9月23日岡山のリターンマッチに敗れて王座を明け渡し、今回がオメガと3度目のIWGP Jr.戦となる。
 
 まずはKUSHIDAの登場となり、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場するエメット・ブラウン博士(※通称ドク)によく似た男がリングに登場。
 一方、オメガは映画『ターミネーター』を彷彿とさせる登場で場内を沸かせ、マット&ニックを引き連れて入場。
 
 オメガの奇襲で試合が始まり、側転からツバを吐きかける。しかしKUSHIDAは、次の串刺し攻撃を回避し、側転からの低空ドロップキックをお見舞い。
 ところが、オメガが混戦に持ち込んでKUSHIDAの顔面に冷却スプレーを噴射。さらに、ニックが鉄製のゴミ箱で殴ると、オメガがカミカゼで場外マットへ叩きつける。そして、ゴミ箱を抱えて鉄柵からムーンサルトプレスを繰り出し、そのままKUSHIDAを押し潰す。続いてマット&ニックがゴミ箱を叩いて『ターミネーター』のテーマソングを奏で、オメガがノータッチトペコンヒーロでKUSHIDAに追撃。
 リングへ戻り、オメガがコタローフェースクラッシャー、張り手。しかしKUSHIDAは、次のブレーンバスターから逃れてオーバーヘッドキックで逆襲。さらに、トップロープを支点にしたバク転キック、エプロンからのジャンピングハイキック、スワンダイブチョップ、ミドルキック連射、ハンドスプリングエルボー、ホバーボードロックと畳み掛ける。
 するとオメガはカウンター逆水平チョップで反撃に出るが、KUSHIDAがハンドスプリング式ニールキックを追走式で見舞う。これでオメガが場外に落ちると、KUSHIDAはコーナー最上段からトペコンヒーロをお見舞い。
 さらにKUSHIDAは、オメガの頭部に低空ドロップキックを食らわせ、ムーンサルトプレスから腕を取る。ところが、オメガが脱出し、変型ジャーマンスープレックスホイップで逆転。
 続いてオメガは雪崩式攻撃に行くが、KUSHIDAが腕を極め、そのままリング内へダイブ。さらに、パントキックから腕を蹴るも、オメガがバックスピンキックで逆襲。しかし、次のジャンピングニーアタックをKUSHIDAがブロックし、マサヒロ・タナカを食らわせる。
 次にKUSHIDAはコーナー最上段からミッドナイトエクスプレスを繰り出すが、オメガが回避して自爆に追い込む。それでもKUSHIDAはハンドスプリングエルボーを放つが、オメガが受け止めてクロイツ・ラス。ところが、直後にKUSHIDAがホバーボードロックで逆襲。たまらずマット&ニックがオメガを助けるが、ドクがゴミ箱攻撃で2人を黙らせる。
 すると、オメガは片翼の天使に行くが、KUSHIDAが回避してローリングエルボー。それでもオメガはショートレンジニーアタックをKUSHIDAに食らわせ、右腕1本でジャンピングパワーボムを敢行。
 オメガの攻撃は続き、ジャンピングニーアタック。さらに、KUSHIDAをセカンドロープに引っかけて低空ニーアタックを浴びせる。そして、再び片翼の天使を仕掛けるが、KUSHIDAが前方回転エビ固めに切り返し、逆転勝利を収めた。
 
 試合後、KUSHIDAはドクとガッチリ握手をかわした。

COMMENT

KUSHIDA「(ベルトが)戻ってきました。よかったぁ」
——ついにベルトがその手に戻ってきました。おめでとうございます。
KUSHIDA「ありがとうございます」
——率直にずっと取り戻したかったベルトを前にして、どんな気持ちですか?
KUSHIDA「ハァハァ、ずっと近年このベルトには、悲しい思いさせてきたんで。特に近々の12月シリーズ、全国まわれなくて、ボク自身はそれもチャンピオンの務めだと思ってるから。このベルトをいろんな人に見てもらって、全国の巡業に持ってって、大いにアピールしたいですね」
——BULLET CLUBの介入等で、非常に厳しい闘いだったと思いますが?
KUSHIDA「ハァハァ、プロレスにはいろんなプロレスがあるけど、4WAYも経験してきた。アレックス・シェリーとジュニアタッグ、散々しのぎを削ってきましたよね。そこでやっぱり大事なのは、ここだから(※拳で胸を叩く)。真壁さんもよく言うように、ジュニアの中でそこで気が付いたのは、去年1年間で気が付いた財産っすね。そこの勝負だったんじゃないですかね」
——今日はアレックス・シェリーではない、強力な協力者が現れましたが?
KUSHIDA「ドク・ブラウンですね」
——あれはドクですか?
KUSHIDA「はい。あれは10月ぐらいだったっすかね?西澤管理部長に、『ドク・ブラウン呼んでくれ』と」
——ドク・ブラウンでよろしいですか?
KUSHIDA「ドクですね。どこからどう見ても」
——我々が見る限り、見たことのある動きだったり、しぐさがありましたが?
KUSHIDA「ちょっと頭打たれてわかんないっすね。今、試合中のことを言われても」
——ドクによって助けられた、バック・トゥ・ザ・フューチャーばりに未来を掴んだというような形になりましたが?
KUSHIDA「いや、一つやっぱりケニーの武器であるセオリーにない動き、奇想天外な動き、そこを闘う前から、自分にないモノだし、劣ってるモノだし。俺はやっぱり体が小さい、飛び技も大して凄くないから、なにで勝負するかって言ったら、やっぱり理詰めの勝負。腕にダメージを与えて勝つっていう。だから、そういう変化球の部分でも負けたくなかった」
——そして、『BEST OF THE SUPER Jr.』を獲った時も、ヘビーと同じレベルまで、あるいはそれ以上までジュニアを引き上げたいという決意表明もありましたが、改めて今、目の前にベルトがあるこの状況で、どのようなことを考えてますか?
KUSHIDA「やっぱりもう口では散々言ってきましたから、2016年は実行の年でしょ。2015年言いまくって、言いまくって、ウザいほど言いまくって、それでも実現できなかったから。残すは、皆さんの目に見える形で東京ドームのメインだったり、『SUPER Jr.』、去年『G1』の決勝でもできたこと、今年もやりたいですし。ジュニアもKUSHIDAも、可能性の塊ですよ。やっと年が明けました。2015年チャンピオンが前哨戦にいなかったり、タイトルマッチに誰かの介入があったり、ヘビー級使ったり、『SUPER Jr.』出なかったり、そんなもんもうクソくらえですよ。新しいスタート、2016年スタートですね。期待してください、これからのジュニア。期待と可能性しかないっす」
——すでにBUSHI選手がCMLLのベルトを獲って、IWGPジュニアへの道にしたいという発言もしてますが?
KUSHIDA「けっこうなことじゃないですかね。挑戦者がいてこそ、輝くベルトですから。KUSHIDAより、輝かせる自信があるものは、外国人でも日本でも、全員受けて立ちます」
 
※オメガはノーコメント
 
  • facebook
  • twitter

出場選手

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ