WRESTLE KINGDOM 10 in 東京ドーム

日時
2016年1月4日(月)   15:30開場 17:00開始
会場
東京・東京ドーム
観衆
25,204人

第1試合 60分1本勝負
IWGP Jr.タッグ選手権試合4WAYマッチ

  • <挑戦者組>
  • <挑戦者組>

VS

境界線

  • <第43代王者組>
  • <挑戦者組/SJTT2015優勝組>
  • ボビー・フィッシュ

  • マット・サイダル

  • カイル・オライリー

  • リコシェ

※ヤングバックスが新王者となる。
レフェリー|佐藤健太

MATCH REPORT

 Jr.のトップチームがIWGP Jr.タッグ王座を懸け、四つ巴で激突。
 
 試合開始前、マット&ニックがセコンドのコーディ・ホールを味方につけ、ほかの3チームをリングから排除する。ここから試合開始となり、マット&ニックがフィッシュにダブル低空ドロップキックを浴びせる。しかしフィッシュは、オライリーのアシストを受けてマットを場外に蹴散らし、ニックをバックフリップで叩きつけた。
 フィッシュ対サイダルの場面。サイダルがフィッシュにジャンピングバックスピンキックを見舞うと、オライリーがサイダルに打撃コンビネーション。しかし、サイダルが追走式ジャンピングラリアットで迎撃。すかさずロメロがサイダルを捕まえて両脚をセカンドロープにかけると、バレッタがコーナー最上段からダイビングフットスタンプを投下。
 サイダル対バレッタの場面。バレッタが逆水平チョップ、ジャンピングハイキック。そして、ジャーマンスープレックスホイップでサイダルを場外に追いやり、ノータッチトペコンヒーロで押し潰す。ところが、マット&ニックが追撃を妨害し、ダブルトラースキックで完全に動きを止める。
 さらに、マットがバレッタに対してフィストドロップ、顔面かきむしり、ニックがスリーパーホールド、ドロップキックなどで追撃。そして、マットがバレッタをおちょくると、ロメロが乱入して張り手を浴びせるが、マットがトラースキックで場外に蹴散らす。しかしバレッタは、カウンターフットスタンプでマットに逆襲し、スイングDDTをニックにお見舞い。
 リコシェ対ニックの場面。リコシェがスワンダイブジャンピングラリアットをニックに食らわせ、サイダルとの連携攻撃からその場飛びシューティングスタープレス&ムーンサルトプレスの競演。すると、マットがロープへ走るも、オライリー&フィッシュがカウンターミドルキックを浴びせる。その後、フィッシュがフェイントで場外へ向けてコーナー越えのトペコンヒーロを敢行。
 ここでオライリーがマットにトップロープ越しの腕ひしぎ逆十字固めを極めると、ニックが2人を飛び越えてノータッチトペコンヒーロ。さらに、ロメロがプランチャ、サイダルがコーナー最上段からのムーンサルトアタックで続く。すると、ホールがアウトサイダーズエッジの体勢でリコシェを捕らえ、場外へ放り捨てた。
 その後、マット&ニックがリコシェにパワーボム&キック、キャノンボール&キックのサンドイッチ攻撃。さらに、マットがリコシェをセカンドロープに引っかけ、ニックがコーナー最上段からスワントーンボムを落とす。
 続いてマット&ニックはリコシェにモア・バンク・フォー・ユア・バックを仕掛けるが、サイダルが妨害し、コーナー最上段のニックをフランケンシュタイナーで投げ捨てる。そして、リコシェがマットにノーザンライトスープレックス→ブレーンバスターの連続攻撃を見舞い、場外のホールにトップロープからのシューティングスタープレスをお見舞い。
 その直後、サイダルがファルコンアローでニックを叩きつけ、リコシェがスワンダイブファイヤーバードスプラッシュで追撃。そして、2人はコーナー最上段へのぼるが、オライリー&フィッシュがカットに入り、マットに連続串刺し攻撃、合体ダイビングニードロップ、ダブルドラゴンを食らわせる。だが、フォールはホールが妨害。
 その後、オライリー&フィッシュとロメロ&バレッタ、リコシェ&サイダルとマット&ニックが合体ブレーンバスターを仕掛け合い、オライリーたちが競り勝つ。さらに、ロメロがスワンダイブ開脚式ミサイルキックでリコシェ&サイダルを吹き飛ばし、フィッシュにヘッドシザースホイップ、オライリーに顔面パンチ。
 次にロメロは、フィッシュ&オライリー、マット&ニック、そしてオライリー&フィッシュに両腕ラリアットをお見舞い。そして、バレッタがサイダルをトップロープへ乗せ、ロメロがミサイルキックを浴びせる。その直後、バレッタが低空ランニングニーアタックで追撃。
 すると、サイダルがショートレンジニーアタックで逆襲に出るが、ロメロが&バレッタがカウンターダブルジャンピングニーアタックで迎撃。さらに、ロメロがトペスイシーダでオライリー&フィッシュを戦線離脱させる。
 次にロメロ&バレッタはサイダルにストロングゼロを仕掛けるが、リコシェがカットに入り、ロメロへベナドリラー2point。そして、リコシェがバレッタ、サイダルがロメロへシューティングスタープレスを食らわせる。
 ところが、マット&ニックが割って入り、モア・バンク・フォー・ユア・バックでロメロを轟沈した。

COMMENT

マット「(※ベルトを手にインタビュースペースのテーブルに向かって歩みを進めながら)こんなに素晴らしいことはないぜ。この地球上で最高のタッグチームであることを示せたんだからな。北米だけじゃなく、オーストラリアでもメキシコでもどこでもな。もうすっかり知れ渡ったはずだ。それも今だけじゃないぞ。今まですべて、そして未来も含めても俺たちがベルトタッグチームなんだ」
ニック「俺たちは、時と場所を越えてベストなタッグチームなんだ。歴史上の全タッグチームを並べても俺たちがベストだ。ザ・ロッカーズ(ショーン・マイケルズ&マーティ・ジャネッティ)、ハーディ・ボーイズ(マット・ハーディ&ジェフ・ハーディ)を見て育ったけど、それ以前のレジェンドタッグチームを含めてもだ。俺たちは伝説になるためにいろいろとクリエイトしてきた。そしてそれに見合うだけの結果を残してきてる。結果だけじゃない。この業界のすべての部分においてだ。インディペンデント・レスリングの歴史を変えてきたし、Tシャツのセールスでもそうだし、俺たちが出場する試合のチケットセールスもだ。それを今日、ここ、トーキョードームでも示した。だからもっと敬意を表してもいいはずだ。これ以上、どうしろっていうんだ?まぁ文句のあるヤツにはスーパーキックを叩き込むまでさ」
ニック「見ての通り。これまで邪魔されることは何度もあった。しかし俺らはそれをも跳ね除けてきた。汚い手を使ってきたり、だまし討ちしてきたり、何度も腹を立てることはあったが、それも跳ね除けてきたんだ。そのためにどれだけスーパーキックをぶち込んできたか。もう100万回以上ぶち込んできたかな」
マット「何か質問はないか?」
ニック「ないのか?最高のタッグチームに対して質問の一つもないのか?俺らをコケにしてるのか?」
−−今日の4WAYマッチという闘い方に関しては?
マット「ン?4WAYマッチ得意かって質問してるのか?俺たちは地球上でベストなタッグチームだ。だからタッグチームの闘い方ができるなら全く問題ない。どういうシチュエーションであろうとな。いや、ヤングバックスにできない闘いはない。作戦を練って、その作戦を成功させさえすれば結果は見えてくる。まあ、(4WAYだと)タッグマッチより、ほかのチームにはチャンスがあるだろうな。だから3WAYでも4WAYでも構わない。この3年、俺たちはこのトーキョードームで4WAYマッチばっかり闘ってきてる。だけど1度も負けていない」
ニック「誰が俺たちを倒した?それこそが、俺たちがベストタッグチームであることを示している。普通のタッグチームでは、どんどんビジネスが落ちていってしまう。それを押し上げるのがヤングバックスの役割だ。だから、いろんなものをミックスさせたハイブリッドなタッグマッチをやってきた」
マット「これまでこんなにエキサイティングなタッグマッチを見たことなかっただろ? 俺たちは12年間もずっと組んできてるんだ。その間に次々とベストタッグマッチをやってきた。なぜ、そうしてきたのか?そして4度、このIWGPジュニアタッグチームのベルトを手にした。それに多くのファンがヤングバックスに関して話す。ヤングバックスが街にやって来ると聞くと、見に行きたいと騒ぎ出す。それがはっきりと示しているだろ?みんなトップチームのタッグマッチを見たいんだ」
ニック「ほかにもベターなタッグチームはいる。しかし、ベストなのは俺たちだ。ベターなタッグチームをやっつけてきたんだからな。それはウエート差なん関係ないんだ。さあほかに質問は?」
−−東京ドームでチャンピオンベルトをつかみました。それをこの1年間、どのようにつなげていきたいですか?
マット「次のチャレンジャーを探してくれ。俺たちは今日、ここで3チームをやっつけたんだから。俺たちに見合うチャレンジャーをリングに連れて来てくれ。俺たちと競い合えるチームを。そんなチームをどんどんブッキングしてく。今まで見たことないタッグチームをな。兄弟も俺と同じことを考えているはずだ。俺たちもビッグなタッグチームを連れて来てくれ。まあ、スーパーキックを顔面にぶち込んで倒してやるだけだけど」
ニック「そうだな。この1年間、ベルトを守り抜いていくよ」
 
※オライリー&フィッシュ、サイダル&リコシェ、ロメロ&バレッタはノーコメント
 
  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年9月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
ジェイ・ワン・プランニング
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ