Road to TOKYO DOME

日時
2015年12月18日(金)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
1,666人(超満員札止め)

第4試合 60分1本勝負
NWA世界ジュニアヘビー級選手権試合

  • (チャンピオン)
  • (チャレンジャー)
※タイガーマスクが初防衛に成功
レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 NWA Jr.王者のタイガーにライガーが挑戦するタイトルマッチ。タイガーは9月23日岡山でNWA Jr.王座を獲得して以来、ライガーとの防衛戦を熱望していた。
 
 ライガーは普段よりも角が短く、目の部分が開いたマスクを着用し、上半身裸でリングイン。
 
 そんな中、握手から試合が始まるが、ゴング直後にライガーがカウンター掌底をお見舞い。さらに、ストンピング連射、串刺し掌底で追い討ちをかける。
 次にライガーはパワーボムの体勢に入るが、タイガーが脱出し、ショートレンジドロップキックで逆襲。これでライガーが場外に落ちると、トペスイシーダを食らわせる。
 だが、ライガーがすぐにカウンター掌底で巻き返し、床の上で垂直落下式ブレーンバスター。これでタイガーが大ダメージを負うと、ライガーがサンダーライガーボムでさらに追い詰める。
 次にライガーは雪崩式攻撃を仕掛けるが、タイガーが激しく抵抗。さらに、トップロープからジャンプしてコーナー最上段のライガーにヘッドバットを浴びせる。そして、雪崩式ダブルアームスープレックスの大技で逆転すると、タイガードライバーで追撃。
 続いてタイガーはタイガースープレックスを繰り出すが、ライガーが河津掛けで阻止。すると、タイガーは回転十字固めを仕掛けるが、ライガーが回転をこらえて変型バックフリップで叩きつける。
 さらにライガーは、ランニング掌底、垂直落下式ブレーンバスターで追撃。次にランニング掌底をヒットさせるが、タイガーが倒れずに「来い!」と叫んで挑発。
 これでライガーが掌底を連発するも、タイガーはローリングソバット、ハイキックなどで対抗。ダブルダウンを挟み、なおもライガーが掌底を放つ。それをタイガーがかわして腕に絡みつくと、ライガーは左手で掌底を発射。しかし、タイガーがその腕も取って切り返し、リバースダブルアームバーで勝利した。

COMMENT

——タイトル防衛、おめでとうございます。
タイガー「ありがとうございます」
——ライガー選手とは、新日本プロレスの中で、とがった部分を出して試合をしたいとおっしゃってましたが?
タイガー「今、新日本プロレス、もちろん進化中だと思います、いろんな選手。ヘビーもそうだし、ジュニアもそう。すべてがいい試合をしてると思います。ただ、自分はシリーズを通して何回も言ってきたと思うけど、今の彼ら若い選手と同じような試合ができるかって言ったら、ボク答えは、『ノー』と言います。なぜなら、教わってないから。僕たちが教わってきたプロレス、レスリングと言うのは、殺伐とした試合。次、いつやられるかわからない、そういう試合なんです。もちろん今のプロレスも素晴らしいですよ。見てて追いつかないし、ワクワクするし、素晴らしいと思ってます。でもライガーさんと俺みたいな試合があったっていいんじゃないかなと。ボクが佐山聡に教わってきた試合。佐山聡=アントニオ猪木、新日本プロレス。獣神サンダー・ライガー、新日本プロレス。やはり教わってきたモノは一緒なんです。ライガーさんは最初から俺を潰しに来た。だったら、俺もいってやると。もちろん、ライガーさんの体を見てわかる通り、ボクとは1まわりも2まわりも違うと思います。でも勝てるんですよ。今日はなにが勝ったかって言ったら、(※胸を指さし)ここですよ、気持ち。『俺は絶対にライガーに負けない』、『絶対、今の新日本プロレスに負けたくない』って、そういう思いがありました」
——リング上で、バトルライガーと言われる、上半身裸の体を見た時、タイガー選手の気持ちが通じたのではないかなと思いましたが?
タイガー「今日は来るなと思いましたよ、もちろん。だから、ボクはずっとシリーズ通して言ってました。『獣神サンダー・ライガーの技を全部受け切ってやる』って。前回は掌底で敗れてるんです。最後あれだけ追い打ちをかけてきたけど、『俺は絶対に潰れない』そういうつもりでいきました。あとはワンチャンス、それをずっと狙ってました。見事に今日はそれがハマったなと思いますけど。でもリングの上でライガーさんに、『ほんとに今日は胸をかしていただいて、ありがとうございました。そしてタイトルマッチをやっていただいて、ありがとうございました』っていう気持ちになりましたよ。だけど、ライガーさんは座ってる俺に言いました。『練習じゃねぇんだ。勝ったのはお前なんだ、立て!』と。『やはり最後まで獣神サンダー・ライガーはプロレスラーだな』と思いました」
——試合後に、タイガー選手のお子さんらしき子供を抱きかかえてましたが?
タイガー「そうですね。あれはなにを隠そうボクの子供なんですけどね。やはり今、子供もどんどん大きくなって、自分の父親の試合っていうものも時々見てるとは思うんですけども、やはりこういうタイトルマッチ、そして相手が獣神サンダー・ライガーということでね、自分の親父がやってきたことに対して、焼き付けておいてほしいなっていうのはありましたよね。彼らがどう思ってるかわからないですよ。彼らはやっぱり仮面ライダーが好きですから。仮面ライダーってのは、やられて最後に勝ってるっていう部分で、同じだと思ってるのかもしれないけど。自分の父親があそこまで痛めつけられて、ボコボコにされて、それでも最後に勝ってっていう、あれを見て、彼らにもまた一つなにか小さいですけど、得てもらいたいモノがあるなと。ボクもこれだけキャリアを積んできて、タイトルマッチというものが、あと何回できるかもわからない、正直ね。ただ、自分の中ではまだまだと思ってますよ。ただ、わからない、それは。そういう中でね、彼らにもやはり目に焼き付けておいてほしいなというのはあったんでね、今日は。まぁ勝つ勝てないってのは、もうその日のあれだからわからなかったけど。まぁ勝てたから、あぁいう風に呼んだけど。そういう男と男の絆という部分でのアレでしたね。親子と言うよりも、やはりなにかを焼き付けてほしいなという。逆にどうでした?」
——お二人ならではの試合でしたね。
タイガー「そうですね。ボクはライガーさんとしかできない試合がしたいんです。ただ普通の試合よりも、こういう『明日やりたくねぇなぁ』っていうようなね、そういう試合がしたいんです」
 
ライガー「まずったな。ライガーお得意のポカが出たな。悔しい!負けてるというか、押されてる感じはしなかったし、逆に言わせてもらえば、『あれ、タイガーこんなもんか?』とも思ったし。でも結果的に負けてるんで。『こんなもんか』と思ったヤツに負けたんだ。俺はこんなもん以下かよ。今日はガッチリ気合い入れて、本気でベルト獲るつもりでいった。最初からラッシュかけたし。いかんなぁ……いかんなぁ……まぁ会社の人間も見てるだろうし、NWAに限らず、とんと声のかからないIWGPジュニアもあるし。なぜ挑戦させてくれないのか俺には分からないんだよ!今日の試合見て、『ライガーはもうIWGPのベルトに挑戦する資格ないよ』って言われちゃうのかな。それは俺には、解せん。そういう不満も全部タイガーにぶつけたつもりだけど、やっぱり虎は強かった。肩が抜けるか、肘が折れるか脱臼するか、そこまでタイガーは絞りやがったから。俺の負けだ」
——上半身をあえて披露したのは?
ライガー「自分の気分、気持ちの高まりを、ファンの皆さんに分かってほしくて。注目されていたかどうか分からないこのカード、でも俺は絶対ベルトを獲るつもりだった。獲りたかったんだ。それで、『IWGPジュニア、もう1回挑戦させろよ!』と。俺はあの天龍源一郎さんの引退試合を見て。東スポプロレス大賞獲ったじゃないか。いくつだよ、あの人。俺も好々爺を演じてる場合じゃないよ。だからベルトが欲しかった。でも、あの試合だと、会社はOK出さないのかな、分からん。でも俺はいつでも挑戦できるように、身体もシェイプしてる、練習もしてる。やっぱり俺も、“ライガー最終章”。天龍源一郎は、すべてを形づくってくれた人、『腹いっぱいになるまでプロレスをやめるな』って言ってくれた。そして、あの歳でプロレス大賞のベストバウトを獲れる。すげぇや。まだまだ俺はケツの青いガキンチョ……とりあえず、IWGPジュニアのベルトに挑戦させてくれよ!会社!(記者に向かって)ダメか!?」
——僕は会社じゃないんで……
ライガー「はぁ!?ダメだねぇ……ダメだねぇ……」
  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ