Road to POWER STRUGGLE

日時
2015年11月4日(水)   17:30開場 18:30開始
会場
福井・福井県産業会館
観衆
850人

第7試合 30分1本勝負

VS

  • マット・サイダル

    結果

  • バレッタ

境界線

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

「ジュニアタッグトーナメント」決勝進出のリコシェ&サイダル組とロッキー&バレッタ組が6人タッグマッチで激突。
 
棚橋とオカダが先発で試合開始。両者ロックアップからロープ際、オカダが棚橋の胸板をポンポンと叩き、クリーンブレイク。再びロープ際、棚橋がオカダの胸板に張り手を見舞っていく。これに対し、オカダはヘッドロックで棚橋を締め上げていくと、ショルダータックルで棚橋をぶっ飛ばし、レインメーカーの体勢へ。これを棚橋がかわすと、会場からは大きな歓声が沸き起こる。
サイダル対バレッタの場面、サイダルはヘッドシザースホイップからジャンピングスピンキックをバレッタへ見舞っていく。
リコシェ対ロッキーの場面、リストの取り合いはリコシェが制するも、ロッキーもサミングで反撃。これにリコシェもヘッドシザースホイップでロッキーを場外へ蹴散らす。しかしロッキーもリコシェの腹部にショルダータックルを見舞うと、直後にCHAOSが襲撃。
リング上では、代わったオカダがリコシェへセントーンアトミコを放ち、バレッタとタッチ。バレッタはリコシェの顔面をかきむり、コーナーで強烈な逆水平チョップを見舞っていく。
苦しい状況のリコシェは、ロッキーのスピアーをかわし、バレッタへ誤爆させる。
棚橋対オカダの場面、棚橋は串刺しボディアタック、フライングフォーアームを見舞っていくと、続けてボディスラムでオカダをリングに寝かし、セカンドコーナーからサンセットフリップを的中させる。しかしオカダもロープへ走った棚橋をフラップジャックで投げ捨てると、DDTで棚橋をリングに突き刺し、跳ね起き。だが、棚橋もオカダのフロントハイキックを受け止め、ドラゴンスクリューで切り返し、サイダルとタッチ。
サイダルはリコシェと合体のその場飛びムーンサルトプレスからトラースキックの連打をオカダに見舞っていく。さらにサイダルはロープへ走ると、そこへロッポンギヴァイスが合体のジャンピングニーを発射。続けてオカダがリバースネックブリーカーを決めるが、サイダルもジャンピングニーで反撃。直後に両軍入り乱れる中、棚橋とリコシェが場外のロッポンギヴァイスへプランチャを発射。
リング上では、サイダルがエアー・サイダルを狙うも、オカダはこれをかわし、カウンターのドロップキックを放つと、最後はダイビングエルボードロップからレインメーカーを炸裂させ、サイダルから3カウントを奪った。

試合後、勝者の3人がリングに残ると、まずはロメロがマイクを手にし、「コンバンハ、フクイ!オカダサン、シャベリマス」と前振りしてからマイクを渡した。
そしてオカダは、鳴り響く「オカダ」コールを制して、「ロッキーの変な振りは置いといて、三つ、言わせて下さい」と告げると、一つずつ、右手を大きく掲げてから言葉を放った。
「一つ、7日、大阪、スーパージュニア・タッグトーナメント、バレッタとロッキーが必ず優勝します。二つ、2016年1月4日、東京ドーム、必ず防衛します。対戦相手の棚橋さんは、絶対俺に勝てない。何でかわかるか?レェ〜ベルが違うんだよ、この野郎!三つ、特にありません……と言いたいけど、2016年1月4日、『WRESTLE KINGDOM』で必ず防衛して、またチャンピオンとして、ここに戻ってくる。その時はまた、ここ福井に、カネの雨が降るぞ!」と福井大会を締めくくった。
 そしてロメロとバレッタに促すと、3コーナーにそれぞれ上ってポーズ。お調子者のロメロは何度もレインメーカーポーズを決める。あきれ果てたオカダとバレッタが先に引き揚げたのを知らずにレインメーカーポーズを続けるロメロ。1人リングに残されたものの、それでもリング中央で四方に向かって何度もレインメーカーポーズを決めていた。

COMMENT

※オカダ、ロメロ、バレッタはノーコメント

サイダル「リコシェ、俺のアゴを触ってみてくれ。レインメーカーは冗談じゃないぐらい効いたぞ。折れてないか?あんな一撃を食らったら、ノックアウトされて当然だ。でも、もうノックアウトされることはない」
棚橋「(※サイダルに)大丈夫?助けられてなくてソーリー」
サイダル「聞いてたのか?今日は仕方ない」
リコシェ「今日は負けたけど、『POWER STRUGGLE』(11・7大阪)で、ロッポンギヴァイスにこの借りは返す。今日のようなラッキーは、もう2度と起こらない。このリコシェとマット・サイダルがトーナメントに優勝するんだ。名全なら、その試合では相手コーナーにオカダはいないからな」
サイダル「このスーパージュニア・タッグトーナメントで、リコシェとマット・サイダルが、もっとも新しく、最も危険なジュニアタッグチームであることをオーサカで証明する」
棚橋「『俺たちが最も新しく、最も危険なタッグチームであることを大阪で証明する』と言ってます。訳してあげました(笑)」
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2021年10月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ