Road to POWER STRUGGLE

日時
2015年10月24日(土)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
1,738人(超満員札止め)

第4試合 無制限1本勝負
「Super Jr. Tag Tournament 2015」1回戦

VS

境界線

※reDRAGONが2回戦進出。
レフェリー|佐藤健太

MATCH REPORT

 後半戦より、サムライTVの放送席に中邑が登場。
 
 そこから始まった第4試合は、現IWGP Jr.タッグ王者組のオライリー&フィッシュが、“ワールドレジェンドコンビ”ライガー&タイガーと対決。
 
 タイガーとオライリーの対決で試合が始まり、互角の勝負を展開して一歩も譲らず。これでライガー対フィッシュとなり、こちらもグラウンドで互角の勝負を繰り広げる。
 その後、フィッシュのカウンターバックキックに対し、ライガーが風車式バックブリーカーでお返し。さらに、スライディングキックを食らわせる。ところが、控えのオライリーがライガーのロープワークを妨害し、トップロープ越しに腕ひしぎ逆十字固め。
 これでライガーは沈黙してしまい、オライリーがスライディングニーアタック、フィッシュがエルボースタンプ、変型バックドロップ、オライリーがランニングニードロップ、2人が合体ブレーンバスターなどでいたぶり続ける。
 追い込まれたライガーだったが、カウンター掌底でフィッシュに逆襲。さらに、ジャンピングネックブリーカーでオライリーとフィッシュをまとめてなぎ倒し、ようやく自軍コーナーへ帰還。
 タイガー対オライリーとなり、タイガーがドロップキック、ハイキック、タイガードライバー。さらに、ライガーがカウンター掌底、パワーボムホイップでアシストし、タイガーがダイビングヘッドバットで追い討ちをかける。
 続いてタイガーはリバースダブルアームバーを極めるが、フィッシュがライガーを振り切ってカット。さらにオライリー&フィッシュは、連続串刺し攻撃、合体ダイビングニードロップでタイガーに追撃。
 そして、2人はチェイシング・ザ・ドラゴンの体勢に入るも、ライガーのカットが間に合う。だが、オライリーとフィッシュは、ジャンピングニーアタック&水面蹴りの同時攻撃でライガーを排除。改めてチェイシング・ザ・ドラゴンでタイガーを葬った。
 
 試合後、オライリー&フィッシュがライガー&タイガーに敬意を表し、最後は4者が握手で互いの健闘を称え合った。

COMMENT

オライリー「前にも言ったとおりだ!今日も同じことを言う!reDRagonが今回、なんのために来たのか?勝つために来たんだ!このトーナメントも必ず勝つ!そしてIWGPジュニアタッグのベルトは誰にも渡さない!何十回でもオレたちが守ってみせる!」
フィッシュ「そのとおりだ!必ず日本で勝って、必ずアメリカに持って帰る!ニュージャパンよ、いつでもいい、どんなヤツでもいい、相手を用意しろ!」
 
タイガー「すいませんでした」
ライガー「いや、関係ないよ(タイガーとガッチリ握手)。俺もちょっと腕をやられ過ぎた。チャラチャラしてるのかなと思ったら、しっかりサブミッションもできるし。薄々はわかってたけど、キッチリ彼らも勝負してきたし。俺の腕狙ってきやがったし。そういう意味ではやっぱりチャンピオンだけあるよ。すげぇチャンピオンだよ。ほんとに強いチャンピオンだと思う。今の新日本のジュニアのタッグのチャンピオンは彼らだ。だからといって、俺たちは『はい、負けました。終わりです』じゃいけないんだよ。俺は前にも言ったように、タイガーのタイトルに挑戦したいと思ってるし。俺とタイガーが組んで、ヘビーのベルト、ジュニアのベルト、すべてのベルトに挑戦したいと思ってる。このまま『はい、負けました。終わりです』じゃない、それは絶対。タイガーもそれは一緒。今日は俺のミス。ごめん、俺のミスだ(タイガーと握手)」
タイガー「ある意味、この開幕の後楽園でね、IWGPのタッグのチャンピオンと、俺とライガーさんをぶつけるっていう会社の意図がよくわかった。俺らを試しているか、どうなのか。そしてあの2人は、ライガーさんじゃなくて、俺を狙ってきた。これは喧嘩を売られてたと一緒だからね。キッチリ返してやる、これを。オライリー、KUSHIDAと『SUPER Jr.』で確かに素晴らしい試合したかもしれない。でも俺はあんな長くかけなくても試合をして、勝つ。そういう自信がある。あの2人は素晴らしい。素晴らしかった。俺も見てて、『凄いなぁ』と思ったし。ただ、俺は違う闘い方をいつもしたいって言ってるから。今、ライガーさんも言ってた通り、あの2人関節技が凄い長けてるし。素晴らしい選手。ほんとに今のIWGPのジュニアタッグを象徴するチャンピオンだと思ってます。ただ俺はシングルを持って、チャンピオンであって。これがシングルでやったらわかんない。俺はボビーに1回勝ってるからね、『SUPER Jr.』で。シングルでやればわかんない。今日はタッグ。アイツらの方が俺たちよりも、2歩、3歩、10歩先、それは認めざるを得ない。素晴らしい選手です。ただ、俺を狙ってきたってことは、俺は絶対アイツらにリベンジをする。そして、会社が今日IWGPのタッグチャンピオン、そして俺とライガーさんの最年長コンビをここで組んだという意味を、もう一度俺は会社にもしらしめたいし。そして自分たちがまだまだ勝てるというのを見せてみたい。だから今日は会社にお礼を言いたいです。こういうチャンスをくれて、ありがとうございました。また沸々とやる気が湧いてきました」
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2021年4月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ