Road to POWER STRUGGLE

日時
2015年10月23日(金)   18:00開場 19:00開始
会場
埼玉・所沢市民体育館・サブアリーナ
観衆
882人(超満員)

第7試合 30分1本勝負

VS

  • マット・サイダル

  • 結果

    バレッタ

境界線

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

来年の1.4東京ドームで激突するオカダと棚橋がそれぞれ、今シリーズのSUPER Jr.TAG TOURNAMENTに出場するリコシェ&サイダル、ロメロ&バレッタを引き連れて対戦。
 
先発はオカダと棚橋。会場はオカダコールと棚橋コールが拮抗。両雄はロックアップで組み合うと、そこからリストの取り合いへ。グラウンドにもつれこんでも、棚橋はオカダのリストを離さず、そのまま自軍コーナーに戻ってリコシェにタッチ。すると、オカダも自軍コーナーに下がってバレッタにスイッチ。バレッタはロープ際でリコシェの腹に蹴りを叩き込むと、「ロッポンギ!」とシャウト。続くロープを使った攻防ではリコシェがヘッドシザースから、華麗なドロップキック。
 
続いてロメロとサイダルが対峙。サイダルがリストを取るも、ロメロは激しいエルボーを叩き込み、「サイダル、バカ!」と罵声を浴びせながら攻撃。しかし、サイダルはロメロに人工衛星ヘッドシザースを見舞うと、さらにバレッタにもドロップキック。そして、サイダルはロメロに串刺しニーを叩き込む。続いて変形の鎌固めでロメロを攻め込むが、これはロープエスケープ。すると六本木ヴァイスは二人がかりでサイダルに攻撃。ロメロはバレッタが場外で捕獲したサイダルめがけて、ジャンピングニーをお見舞い。

ロメロとスイッチしたオカダは、サイダルにエプロンサイドからトペ・アトミコを敢行。続いて登場したバレッタは、サイダルをハンマースルーで豪快にコーナーに叩きつけると、倒れ込んだところにニードロップ。続いてロメロはサイダルに低空ドロップキックを見舞うと、うつ伏せのサイダルにまたがり、コブラクラッチの態勢で絞めあげていく。これをサイダルはエルボーで切り抜けるも、ロメロは串刺しラリアットを連発。しかし、3発目をかわしたサイダルは、変形のレッグドロップ。

スイッチしたリコシェはロメロにスワンダイブ式のラリアット。さらに六本木ヴァイスの同士討ちを誘うと、二人まとめてネックブリーカー。続いてロメロにその場飛び式のシューティングスタープレスを見舞う。だが、ベナドリラーはロメロが交わし、リコシェの顔面にキックを叩き込むとオカダとスイッチ。

すると、棚橋も同時にリングインし、二人は激しいエルボー合戦。これに競り勝ったオカダはビッグブーツを狙うが、棚橋はその足を捕らえるとドラゴンスクリュー。そして、ボディスラムでオカダを叩きつけると、セカンドロープに登ってサンセットフリップ、そしてロープに飛ぶが、これを捕獲したオカダはツームストンパイルドライバーの体勢へ。これを棚橋が切り返し、さらにロープに飛ぶも、待っていたのはオカダのフリップフラップ。そして、オカダは棚橋をDDTで突き刺すと、中腰状態の棚橋に対して走り込んでカチ上げ式のエルボー。

ここでリングは両軍が入り乱れる混沌状態に。オカダはトップコーナーに登り、棚橋が向かってくると、それをかわしてリングに着地。だが、棚橋はすかさず低空ドロップキック。そして棚橋はロープに飛ぶも、オカダのカウンターのドロップキックをグサリ。ここでバレッタが登場し、棚橋にスウィング式のDDTを見舞うが、カウント2で跳ね返される。
 
六本木ヴァイスは棚橋にダブルのジャンピングニーから、バレッタが棚橋を固定したところにロメロがミサイルキック。そして、とどめとばかりにストロングゼロを狙うが、これはサイダルが阻止。そして、サイダルは場外のオカダにプランチャ、リコシェもロメロにキリモミ式のプランチャを敢行。リング上に残った棚橋はバレッタにスリングブレイドを炸裂させると、最後はハイフライフローを決め、開幕戦勝利を飾った。
 
試合後、マイクを握った棚橋は「新日本プロレスが所沢に帰ってきたぞ〜! 今日はありがとうございました。そして東京ドームのメインのカードが決まりました!」と東京ドーム決戦へのヤル気をみなぎらせながら、オカダ戦に向けて堂々のアピール。

そしてアンコールを含め、エアギター3連発を披露したうえで「所沢のみなさん、愛してまーす!」で大盛り上がりの開幕戦をシッカリと締めくくった。

COMMENT

サイダル「今夜、ベストなJr.タッグチームがデビューした。マット・サイダルとリコシェが組めば、どんな相手にも負けることはない」
リコシェ「リコシェ、マット・サイダル、タナハシが組めば、間違いなくベストの中のベストだ」
サイダル「俺たちはシングルでもチャンピオンになるぐらい強い。チームを組めば敵はいない」
リコシェ「reDRagon、ヤングバックス、タイムスプリッターズ、ロッポンギヴァイス、すべて倒す」
サイダル「勝って勝って勝ちまくる! 俺たちを止めることはできない!」
リコシェ「いいね!」
棚橋「(今年の)ドームを思い出せ!! 子供扱いしてやるから(ニヤリ)」
 
オカダ「棚橋さんに関しては、まだ何もないです。いまのあの人と向き合うと、あの人と同じレベルになってしまいますから。しっかり俺に向き合えるだけのレベルになって下さい」
ロメロ「ロッポンギヴァイスはIWGP Jr.タッグチャンピオンになるはずだった! リョーゴク(両国国技館)でタイガー服部がミステイクを犯したんだ! 俺たちはリベンジする! 『(Super)Jr. Tag Tournament』をロッポンギヴァイスが制し、オーサカでパーティーするぞ!! ドウトンボリスタイルだ!! 必ず俺たちがこのトーナメントを勝つ!」
バレッタ「チキショー!! なんてこった!!」
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2021年6月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ