Road to DOMINION

日時
2015年7月3日(金)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
1,686人(超満員札止め)

第7試合 30分1本勝負
スペシャル10人タッグマッチ

VS

  • マイケル・ベネット

  • ドク・ギャローズ

  • マット・ターバン

  • “ザ・マシンガン”カール・アンダーソン

境界線

  • WITHマリア・ケネリス
  • WITHアンバー・ギャローズ
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 7・5大阪で行われるIWGPヘビー戦を目前にし、王者AJがついに参戦。挑戦者オカダと前哨対決するメインイベント。
 またこの一戦は、IWGPタッグ戦ターバン&ベネットWITHマリアvsアンダーソン&ギャローズWITHアンバー、IWGP Jr.戦3WAYマッチ・マット&ニックvsロメロ&バレッタvsオライリー&フィッシュの前哨戦でもある(※オライリー組は本日の第1試合に出場)。
 
 試合前、オカダ組の6人が全員でレインメーカーポーズを披露し、BULLET CLUBを挑発。
 
 そして、オカダ対AJで試合が始まり、オカダがフライングメイヤーを着地。さらに、いきなりレインメーカーも繰り出すが、AJが回避し、前方回転エビ固めからスタイルズクラッシュを仕掛ける。だが、今度はオカダが脱出した。
 ロメロ対アンダーソンの場面。ロメロがロープのあいだで急停止するフェイントでアンダーソンを惑わし、場外へ追いやる。しかし、マットとニックが合体攻撃でロメロを場外に落とし、激しい大乱闘が勃発。これでロメロが完全に孤立してしまい、長時間のローンバトルを強いられる。
 しかしロメロは、ニックのスワントーンボムを両膝でブロックし、フェイント式ニールキックでアンダーソンに逆襲。ターバン対アンダーソンとなり、ターバンがドロップキック、延髄斬り。続いてセカンドロープへ飛び乗るが、控えのギャローズが妨害。
 しかしターバンは、トレイン攻撃から逃れ、アンダーソンにトラースキック。そして、セカンドロープからジャンプし、ムーンサルトプレスで押し潰す。その後、ベネットがギャローズを担ぐが、ギャローズが脱出。直後にターバンがトラースキックを食らわせるも、アンダーソンがフロントハイキックで蹴散らした。
 オカダ対AJになり、オカダがニックのジャンピングハイキックをマットに誤爆させる。そして、ニックをコーナー最上段へ乗せ、ドロップキックで場外へ落とす。
 続いてオカダはレインメーカーを狙うが、AJが回避してローリングソバット。そして、スタイルズクラッシュの体勢に入るが、オカダがバックスープレックスで投げ捨てた。
 バレッタ対AJの場面。バレッタとロメロがダブルジャンピングニーアタックを見舞い、ベネットがエルボー、ターバンがミサイルキックで追い討ち。さらに、オカダとバレッタがトップロープへ乗せ、ロメロがミサイルキックを浴びせる。その直後、オカダが低空ランニングフロントキック、バレッタがジャンピングニーアタックで追撃。
 だが、BULLET CLUBが巻き返し、バレッタにトレイン攻撃を敢行。そして、マットがパワーボムホイップで投げ捨て、ニックが背中へハイキックを食らわせると、AJがブラディサンデーをお見舞い。
 その後、ロメロがスワンダイブミサイルキックでアンダーソンとギャローズを蹴散らす。そして、マットとニックも含めて四方のコーナーへ追い込み、それぞれに串刺しラリアットを敢行。
 さらにロメロは、ヘッドシザースホイップでマットとニックを同時に投げ捨てる。ところが、アンダーソンたち4人がトラースキックの一斉発射でロメロを蹴散らす。しかし、ターバンとベネットがアンダーソンとギャローズを場外に落とし、2人同時にトペコンヒーロをお見舞い。
 一方、オカダとAJがエルボー合戦を繰り広げ、AJが打撃コンビネーション。それをオカダが途中で逃れるも、AJが追走式ラリアットで場外に落とす。そして、アンダーソンがロメロを捕まえ、パワーボムホイップで場外に放り捨てる。
 続いてアンダーソンはロープへ走るが、マリがその前へ立ちはだかる。これで場内が「マリア」コールに包まれると、2人はリング中央でダンスを開始。ところが、マリアがいきなり張り手を食らわせる。
 その直後、アンバーがスピアーでマリアを転倒させ、両者が取っ組み合いのケンカになる。すると、アンダーソンがマリアの髪の毛を掴んで引き起こし、ギャローズとマジックキラーの体勢に入る。しかし、ベネットがカットに入り、アンダーソンたちへパンチを連射。
 だが、アンダーソンがカウンターガンスタンでべネットを排除し、アンダーソンとギャローズがターバンにマジックキラーを敢行。ところが、マット&ニックがダブルトーラスキック、AJがオーバーヘッドキックを同時にアンダーソンへ食らわせる。
 さらに、ニック、マット、AJが順番にバレッタへファイヤーバードスプラッシュ。だが、オカダがマットとニックをフラップジャックで同時に叩きつけ、アンダーソンをカウンタードロップキックで蹴散らす。
 次にオカダはマットを捕まえるが、AJがスワンダイブフライングフォーアームで排除。ここでマットとニックがAJのアシストを受け、バレッタにインディーテイカーを敢行。そして最後は、AJがスタイルズクラッシュで勝負を決めた。

COMMENT

AJ「ヘイ!   見たか? 俺たちBULLET CLUBの力を! パーフェクトな勝利だ!」
一同「TOO SWEET!!」
ニック「ククク。最後のバレッタ……アイツは首が破壊されたんじゃないのか?」
ギャローズ「いいか、今日の試合でわかっただろ? 俺たち、BULLET CLUBがプロレス界の勢力図を変化させているんだ!」
アンダーソン「フフフ。そして、俺たちはファミリーであり最強のチーム、ビジネスでも成功しているし、デカい家だって持っている。それにどうだ? 俺たちは日本人にはない立派なヒゲをたくわえてるんだ!」
マット「イエス! それに、デカいタマ○ンも持ってるぞ!  S○CK IT!!」
一同「TOO SWEET!!」

 
ロッキー「今夜はCHAOSとキングダムの連携が上手くいかなかった。だが大阪城ホールを出る時は、俺たちが必ずチャンピオンとして出ていく。チャンピオン、イズ、フォーエバー」
ターバン「今日は連携が上手くいかなくて、ほんと負けるなんて変な気分だ。この金色のIWGPタッグのベルト、欲しければ俺たちを殺してから獲れ。殺さなければ獲れない。」
ベネット「そうだ。BULLET CLUB覚悟しとけ。カール・アンダーソン、ドク・ギャローズ、俺らを殺さなければこのベルトを獲れないと思ってかかってこい。マリアにも手をかけさせない」
キングダム一同「キングダム、カム」
オカダ「最後の最後でいい前哨戦ができたと思います。ほんと俺が待ってたのはね、こういう闘いなんですよ。やっとAJが来て、ただ次はタイトルマッチだ。ほんと自分の中では最高ですね。大阪城ホール、チケット完売。そして対戦相手がAJ。改めてAJが相手で良かったなって思いますよ。ほんと楽しくなってきました、大阪城ホールが。また『大阪城ホールによく帰って来てくれた』ってね、言われるような大会にしたいなと思います。ほんと『オカダ、ありがとう』って大阪城ホールに言わせますんで、しっかり勝ちます」
※バレッタはノーコメント
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2021年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ