Road to DOMINION

日時
2015年7月3日(金)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
1,686人(超満員札止め)

MATCH REPORT

 第三世代の同期である永田と中西が対決する6人タッグマッチ。
 
 永田対中西で試合が始まり、中西が張り手連打と野人ハンマーで競り勝つ。そこからタイガー対田口となり、田口がヒップアタック連射、ジャンピングヒップアタック。そして、トップロープとセカンドロープのあいだから尻を突きだすトペフェイントで場内を沸かせた。
 ライガー対ドラダの場面。ドラダがトラースキック、セカンドロープを移動してのミサイルキック、トペスイシーダ。これでライガーが捕まり、田口がヒップドロップ連射、中西がダイビングブレーンチョップなどで攻め立てる。しかしライガーは、中西のジャンピングニードロップを回避して突破口を開き、田口とドラダに風車式バックブリーカーをお見舞い。
 これでようやく永田の出番となり、ミドルキック、串刺しフロントハイキックで中西に追撃。次のエクスプロイダーを中西が抵抗すると、フロントハイキックからフェイントで張り手を浴びせ、今度こそエクスプロイダーで投げ飛ばす。
 しかし中西は、のど輪ラリアットで逆転し、アルゼンチンバックブリーカーからスピアーへ繋ぐ。ここで中西組がトレイン攻撃に行くが、永田が脱出。そして、田口のジャンピングヒップアタックを誤爆に追い込み、尻へキックを食らわせた。
 それでも田口は、三角飛びダイビングヒップアタックでタイガーに逆襲。タッチを受けたドラダが、セカンドロープからのジャンピングバックエルボーをタイガーにお見舞い。だが、次のセントーンアトミコはタイガーが回避し、タイガードライバーで逆襲。
 しかし、ドラダがトレイン攻撃から脱出し、中西が永田へ野人ハンマー。さらに、ドラダと田口がタイガーへダブルヒップアタックを食らわせ、ドラダがその場飛びムーンサルトプレスで追い討ち。
 その直後、永田と中西が場外で番外戦を繰り広げる中、タイガーが飛びつき回転十字架固めでドラダから3カウントを奪った。
 
 試合後、永田がマイクアピールを敢行。自分の健在ぶりをアピールすると共に、7月13日(月)後楽園ホールの『橋本真也復活祭』で橋本大地に勝利すること、7月20日(月・祝)から開幕する『G1 CLIMAX 25』で優勝することを宣言した。

永田「え〜、どうも皆様。『DOMINION』21年目ぶり大阪城ホール大会、第0試合出場者・永田裕志でございます(※大拍手)。もしかしたら、ファンの皆様の中に『もう永田は終わりかな!?』と思う方もいらっしゃるかもしれませんが!(※場内騒然) まだまだムダに元気なんで(※場内笑)。この元気をムダにしないように、この夏、突っ走りたいと思います(※大拍手)。まずは! 7月13日、この後楽園ホールにおいて、橋本真也さんから教えてもらった新日本プロレスの闘いの本質というものを、息子・橋本大地に思いきりぶつけます(※大拍手)。そして! その勢いを持って、今年の『G1 CLIMAX』、正面からブチ抜いて、優勝目指して頑張りたいと思います(※大拍手)。皆様、もうしばし! 永田裕志にご声援よろしくお願いします。どうもありがとうございました(※大拍手)」

COMMENT

タイガー「ボクはさっき永田さんが言ったけどね、ボクも橋本さんの試合には一応出場するということですね、とにかくなんの試合だろうとボクは、全力で新日本のタイガーマスクを見せるだけです。あとは前から言ってる通りNWAのジュニアのベルト。ボク、もうずーっと今負けなしだからね。調子がいい。早く挑戦したいです」
永田「まぁ今リングで言いましたけど、やっぱり今年はほんとにボクにとっては、あえて試されてるのか、試練の年なのか、そういう感じで東京ドームも0で、一度メインに這い上がったものの、また残念ながらずり落ちて、大阪城ホール大会で残念ながら第0試合というわけで。それはさておき、ボクは完全に気持ちが折れてるかって言ったらそうではなくて、なんとか巻き返しをと。気持ちと体も燃えてますんで、そのきっかけが今流星の新日本プロレスだからこそ、あえて7月13日の橋本戦で新日本の源っていうか、源流というか、それを息子の大地に。橋本真也から教わったものを大地に思いっきりぶつけなきゃと。でその勢いで、今年の『G1 CLIMAX』を。去年、誰が言ったんだか、『空前絶後』なんてとんでもないこと言ってますが、今年はさらにそれを超える強行スケジュールの中、あえて正面から正々堂々と臨んでですね、頂点を獲りに行くいう大きな志を持って臨みたいっていうのを、今ここでちょっと早いけど後楽園の観客の皆様にアピールさせてもらいました」
——19年前に橋本真也選手と闘ったことは、永田選手とって財産になってますか?
永田「いや、もうあれ1度きりしかなかったですからね、橋本さんとシングルで当たったのは。でもそれがほんとにボクにとっては、今だから財産と言えるような有意義な闘い。あの時はただやられただけで、自分自身でもあの闘いの意味を理解することはなかなかできませんでしたけど、やっぱり19年経って今、やっぱりあの闘いは非常に貴重で、ほんと振り返ってみると、あぁいう橋本さんの闘い方っていうのをいつの間にかボクが受け継いでいたというかね、あぁいうものを参考に自分なりの闘い方をね。結果的に非常に近いなと思いますしね。デビューして確か4年くらいで橋本さんと闘いましたけど、なんかくしくもデビューまる4年を迎えた橋本大地と永田裕志の闘い。なんかその4年っていうキャリアの中でぶつかるというシチュエーションが、なんか運命的なものを感じますし。だからこそ今やっぱ流星の新日本だからこそ、こういう闘いの本質というか源流ってものをあえて、まずは後楽園ホールで大地に披露して、その勢いを持って『G1』に臨みたいなと」
※ライガーはノーコメント
 
ドラダ「今日は向こうのチームのほうが少しだけ強かった。今後はタグチと新しいコンビを組んで、IWGPジュニアタッグを狙いたい! ヨロシクオネガイシマス!」
田口「ユー、タッグ? イエー!」
中西「まあ次はがんばって!」
田口「中西さん!」
中西「はい!」
田口「タッチが強すぎますよ! 強すぎます!(と言って去る)」
中西「……コミュニケーションがなっとらんな。今度のDOMINION、大阪城ホール。前回(21年前)の大阪城に続いて出るのは、俺だけらしいな? まぁぶっちゃけ思い出はないし、今回は0試合やけど、おもいっきり大阪城を爆発させて、大成功させますから!」
  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ