Road to DOMINION

日時
2015年6月28日(日)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
1,725人(超満員札止め)

第7試合 30分1本勝負

VS

境界線

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 CHAOSvsBULLET CLUBの6人タッグマッチ。オカダは、7・5大阪でIWGPヘビー級王者AJスタイルズに挑戦。ロメロ&バレッタは、3WAY形式のIWGP Jr.タッグ戦に出場する(※対戦相手はマット・ジャクソン&ニック・ジャクソン、カイル・オライリー&ボビー・フィッシュ)。
 また、アンダーソン&ギャローズはアンバー・ギャローズを引き連れ、IWGPタッグ戦でマット・ターバン&マイケル・ベネットWITH マリア・ケネリスと闘う。
 
 BULLET CLUBが奇襲を仕掛け、混乱の中で試合がスタート。しかし、ロメロがカウンタージャンピングニーアタックでアンダーソンを蹴散らし、バレッタと共にギャローズへダブルジャンピングニーアタック2連発。さらに、ダブル低空ドロップキック2連発を食らわせ、「ロッポンギ」コールを浴びる。
 その後、ロメロがギャローズへローキックを食らわせ、バレッタがその場飛びムーンサルトプレスで追撃。だが、ギャローズが逆襲し、バレッタのボディと頭部へパンチを連射。
 すると、高橋が踏みつけ攻撃、アンダーソンがスリーパーホールドなどで追い討ち。それでもバレッタは延髄斬りで逆襲するが、タッチを妨害されてしまい、ギャローズが開脚式フェースバスターで追撃。
 追い込まれたバレッタは、アンダーソンの串刺し攻撃を回避してコーナーに激突させ、コーナーを利用したスイングDDTで逆転。タッチを受けたロメロが、ヘッドシザースホイップでアンダーソンを投げ飛ばし、連続串刺しラリアットを開始。だが、アンダーソンがカウンタージャンピングフロントハイキックで中断させる。
 ここでアンダーソンはガンスタンを狙うが、ロメロが回避してウラカン・ラナに行く。これをアンダーソンが受け止めてハイアングルパワーボムを狙うものの、ロメロがヘッドシザースホイップに切り返す。そして、なおも脚を掴んで離さないアンダーソンにフェイント式ニールキックを浴びせ、脱出に成功。
 オカダ対アンダーソンの場面。オカダがDDTで先制し、リバースネックブリーカーを仕掛ける。これをアンダーソンが回避すると、オカダはレインメーカーを繰り出すが、アンダーソンが切り返してリバースガンスタン。
 オカダ対高橋の場面。高橋がフロントハイキック、顔面攻撃、ラリアット、フィッシャーマンバスター。続いてパワーボムの体勢に入るが、オカダがバックスープレックスに切り返し、リバースネックブリーカーをお見舞い。
 次にオカダはコーナー最上段へのぼるが、ギャローズがハイキックでリング内へ落とす。そこからアンダーソンがジャンピングフロントハイキック、ギャローズが串刺しボディアタック、アンダーソンとギャローズが合体リバースガンスタン、高橋が低空ランニングフロントキック、インカレスラムで集中砲火を浴びせる。
 続いて高橋はパワーボムの体勢に入るが、ロメロがスワンダイブミサイルキックでカット。それでもアンダーソンとギャローズはオカダにマジックキラーを仕掛けるが、バレッタがカットに入り、ギャローズをプランチャで分断。さらに、ロメロがアンダーソンにトペスイシーダを食らわせる。
 すると、高橋が東京ピンプスへ行くが、オカダが回避してカウンタードロップキック。そして、ダイビングエルボードロップからレインメーカーをさく裂させ、高橋を仕留めた。
 
 試合後、ロメロがマイクアピールを敢行。「トキオ、コンバンハー!」と大声で叫ぶと、大阪城ホールでCHAOSがBULLET CLUBに勝利することを宣言。さらに、ロッポンギヴァイスがIWGP Jr.タッグ王者、オカダがIWGPヘビー級王者になることを予告する。そして最後は、「イチ、ニ、サン! シバクゾ!!」と叫んだ。

COMMENT

オカダ「俺、今の試合でなにやった? なんだ? ネックブリーカーか? ドロップキック、エルボー、レインメーカー。そんだけの必要最小限の技でしっかり結果を出した。AJもな、楽しませてくれ。こんなんじゃな、やっぱりお前がいないとダメだ。しっかり大阪城ホール、俺がベルト持って、金の雨を降らしてやるから、覚悟しとけAJコノヤロー」
外道「オイ、AJスタイルズ、レインメーカーはよ、完璧な状態だ。この意味が分かるか、オイ。テメェに勝ち目はねぇってことだ!」
※ロッキー、バレッタはノーコメント
 
アンダーソン「Sh●t!! Sh●t!!! ニシザワ(通訳)、Sh●tは日本語でなんて言うんだ」
——「クソ」
アンダーソン「モウイッカイ!!」
——「クソ!!」
ギャローズ「クソォォォォオ!!!」
アンダーソン「クッソ!!!! オカダ、オマエはクソ野郎だ!!!何度目だこの感情は!!クソ!!! オマエなんか、AJに潰されればいいんだ!!! AJスタイルズがチャンピオンでありつづけるのさ。 キングダム、オマエらも気を抜くんじゃねぇぞ!?」
ギャローズ「IWGPタッグはオレたちのものだ!! キングダムには負ける気がしねぇ!! オレたちはIWGPタッグチームチャンピオンにオレたちは3回もなっているんだ!! 3回も!! 4回目も必ず大阪で奪ってやる!!」
※ここで、アンダーソンが右の上腕二頭筋に入れたタトゥーを見せつける。
アンダーソン「マリア、これはマリアのキスマークだ。(※タトゥーにはキスマークが描かれている)」
※そして、アンダーソンはそのキスマークにキスをした。
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2021年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ