Road to DOMINION

日時
2015年6月27日(土)   16:00開場 17:00開始
会場
岐阜・岐阜産業会館
観衆
1,800人(超満員)

第3試合 20分1本勝負

VS

境界線

レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 7・5大阪で行われるIWGP Jr.戦を控え、王者オメガと挑戦者KUSHIDAが前哨戦で激突。
 
 永田対高橋で試合が始まるも、ホールとオメガが乱入。3人がかりで永田へストンピングの雨を降らせる。しかし永田は、カウンターフロントスープレックスで高橋に報復。その直後、中西がスピアーでホールを吹き飛ばした。
 オメガ対KUSHIDAの場面。KUSHIDAがセルフ式タイムスプリッターズコンビネーションを見舞い、控えのオメガとホールをハンドスプリング式ニールキックで場外へ叩き出す。
 その後、オメガがいきなり片翼の天使を仕掛けるが、KUSHIDAが脱出。だが、オメガがカウンターキチンシンクで動きを止め、バックブリーカーで追撃。
 これをきっかけにKUSHIDAが孤立し、高橋がボディへストンピングを連発。さらに、首をトップロープへ打ちつける。
 その後もKUSHIDAの劣勢は続き、ホールが串刺しラリアット、ジャイアントスイング。そして、オメガが2段階式ブレーンバスターを仕掛けるが、KUSHIDAが脱出し、オーバーヘッドキックで逆襲。さらに、高橋をショルダースルー投げ捨て、ようやく中西とタッチする。
 その中西は、逆水平チョップ連射、串刺しラリアット、カウンター野人ハンマー、野人ダンスラリアットで高橋へ追撃。そして、アルゼンチンバックブリーカーで担ぐと、カットへ入ったオメガに投げつける。
 だが、高橋が顔面かきむしりで中西を黙らせ、フィッシャーマンバスターをお見舞い。しかし中西は、替わったホールをカウンター水車落としで叩きつけた。
 永田対ホールの場面。ホールが永田を持ち上げ、トップロープへ打ちつける。そして、ジャンピングフロントハイキックで追い討ちすると、高橋が串刺しフロントハイキック、オメガが串刺しジャンピングバックエルボーで続き、ホールがローリングラリアットをカウンターで浴びせる。
 続いてホールはアウトサイダーズエッジの体勢に入るが、永田が抵抗。すると、KUSHIDAがホールへスワンダイブミサイルキックを食らわせ、ハンドスプリングエルボーで高橋とオメガを蹴散らす。
 すかさず永田がホールにタイナーを見舞い、中西との合体技イーストゴールドで追撃。そして最後は、バックドロップホールドで3カウントを奪った。

COMMENT

永田「BULLETの若い連中の元気の良さで、ちょっと向こうが押し気味だったかもしれませんけど、まだ雑だなと。イーストゴールドのパターンに持っていくのは、案外、難しくなかったなと。久しぶりにやってみた。ひらめいたときに中西がさっと(コーナーに)上がって、まだ阿吽の呼吸っていうのはあるなと。普段は闘ってばっかりなんですけどね。BULLET CLUBのあの辺のクラスは、もう一つ二つ経験が必要だなと。イーストゴールドに入るのは、案外たやすかった。それが今日の勝因。それだけ」
KUSHIDA「何で僕は外国人選手とめぐり合わせがいいんでしょうね。そういう星に生まれてるような気がして。ケニー・オメガ? 挑戦者と思ってないから。あくまで2人のチャンピオンが勝負するってこと。この(『BEST OF THE SUPER Jr.』)タイトルと、もう一つのタイトル(IWGP Jr.ヘビー級)、同じ(重さ)だと思ってるから。ここは一発、俺が彼からベルトを取り戻して、よりインターナショナルなものにして、海外の景色を歴代(『SUPER Jr.』)優勝者に見せてあげたいですね。今のKUSHIDAだったら、2015年のKUSHIDAだったら、それができるから」
——『SUPER Jr.』に優勝して、改めてその重さを感じた部分はありますか?
KUSHIDA「歴史の中で、20数人しかこの(頂からの)景色を見てないわけで。代々木で見た光景、そして優勝してみた光景っていうのは、歴代の何人かしか見てないわけで。でも僕は、歴代の優勝者が見てない道を歩いていきたい」
※中西はノーコメント
 
※高橋&オメガ&ホールはノーコメント
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2021年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ