BEST OF THE SUPER Jr.XXII

日時
2015年6月7日(日)   15:30開場 17:00開始
会場
東京・国立代々木競技場・第二体育館
観衆
3,250人(超満員)

第9試合 無制限1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr. XXII」優勝決定戦

  • (Bブロック1位)
  • (Aブロック1位)

VS

境界線

※KUSHIDAが「BEST OF THE SUPER Jr.」初優勝を飾る
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 前年度準優勝者のKUSHIDAが、2年連続で優勝決定戦に登場。僅差で田口を抜いてAブロックを勝ち抜いたオライリーと激突。
 
 握手で試合が始まり、両者がグラウンドで互角の勝負を展開。そこからKUSHIDAが脚を取るも、オライリーが切り返して両肩をマットへつける。すると、KUSHIDAがブリッジを繰り出し、オライリーがボディに飛び乗って潰そうとする。だが、KUSHIDAがボディシザースでオライリーを捕まえ、アームロックに切り返した。
 その後、オライリーがアームホイップを切り返し、逆さ押さえ込みで丸め込む。だが、KUSHIDAが跳ね返し、アトミックドロップをお見舞い。そして、膝へ低空ドロップキックを浴びせると、側転から頭部へも低空ドロップキック。
 だが、オライリーが打撃コンビネーションでKUSHIDAをダウンさせ、バックブリーカーで追撃。さらに、グラウンドで膝蹴りを連発し、腕固めで絞り上げる。
 オライリーの攻撃は続き、変型エビ固め、変型卍固め、ロコモーション式変型ダブルアームスープレックスなどで攻め立てる。そして、ブレーンバスターの体勢に入るも、KUSHIDAが頭部へ膝蹴りを見舞って脱出。
 その直後、KUSHIDAはトップロープを支点にしたバク転キック、エプロンからの延髄斬り、ロープを利用したアームブリーカーで追撃。さらに、スワンダイブブレーンチョップ、腕へのミドルキック連射、ハンドスプリングエルボーと一気に畳み掛ける。
 すると、オライリーがKUSHIDAの股下をくぐって背後へ回り込む。だが、KUSHIDAも後ろ向きでオライリーの股下をくぐり、そこから腕を取ってホバーボードロックに行く。これをオライリーが切り返して腕ひしぎ逆十字固めを狙うが、KUSHIDAが脱出。
 すると、オライリーが両脚をKUSHIDAのボディに絡め、フロントネックロックで捕獲。これをKUSHIDAがホバーボードロックに切り返し、オライリーをロープエスケープさせる。
 その後、オライリーがコーナーへのぼると、KUSHIDAが腕にジャンピングハイキックをお見舞い。自分もコーナーにのぼって腕を取るが、オライリーが切り返し、雪崩式アームブリーカーの荒技を敢行。
 これでKUSHIDAの動きが止まり、オライリーが腕固めで追撃。さらに、ブレーンバスターの体勢で持ち上げるが、KUSHIDAが後ろへ着地し、ジャーマンスープレックスホイップ。そして、ドラゴンスープレックスホールドで3カウントを迫る。
 続いてKUSHIDAは、ショルダーアームブリーカーで追い討ちするが、2発目をオライリーがスリーパーホールドに切り返す。これをKUSHIDAが振り解くと、オライリーはカウンターニーアタック。だが、直後にKUSHIDAがハンドスプリング式ニールキックで場外へ落とし、コーナー最上段からトペコンヒーロを敢行。
 先にリングへ戻ったKUSHIDAは、ロープをまたごうとしたオライリーに低空ドロップキック。続いてコーナー最上段からムーンサルトプレスを繰り出すも、オライリーが回避して三角絞め。これはガッチリ極まっていたが、ロープブレイクとなる。
 次にオライリーは雪崩式攻撃を仕掛けるが、KUSHIDAがアームブリーカーで転落させる。だが、すぐに立ち上がったオライリーが、トップロープ上から雪崩式バックドロップをさく裂させる。
 ここからオライリーは、KUSHIDAの胸板へローキックを連発。しかし、KUSHIDAが蹴り脚をキャッチし、左右の張り手連打、ミドルキック連射で逆襲。ところが、オライリーが脚取り式バックドロップで巻き返す。
 さらにオライリーはかかと落としからエルボーを見舞うが、KUSHIDAがマサヒロ・タナカで報復。すると、オライリーがショルダーアームブリーカーで反撃するが、KUSHIDAがオーバーヘッドキックを浴びせる。それでもオライリーはダウンせず、ラリアットをお見舞い。対するKUSHIDAもダウンせずに前へ出るが、オライリーがカウンターラリアットでなぎ倒す。
 続いてオライリーは垂直落下式ブレーンバスターから腕ひしぎ逆十字固めに行くが、抵抗されたため、腕固めに移行。KUSHIDAは辛うじてロープへ逃れる。
 そこからエプロン上での攻防となり、オライリーがミドルキック。そして、ショルダーアームブリーカーの体勢に入るが、KUSHIDAが背後から突き飛ばす。それでもオライリーはフロントネックロックを繰り出すが、KUSHIDAがブレーンバスターに切り返し、エプロンへ叩きつける。
 ダブルダウンとなり、そこから両者が右腕のみでエルボー合戦を展開。さらに、KUSHIDAがエルボー連打で押し込むが、オライリーも立ち上がる。そして、両者が左手で互いの髪の毛を掴み、至近距離で右のエルボーを打ち合う。
 その後、KUSHIDAがシェルショックでオライリーの頭部をコーナーに激突させ、“進撃の巨人式”敬礼からスライスブレッド。そして、コーナー最上段からミッドナイトエクスプレスを放つも、目測を誤って不発となる。しかしKUSHIDAは、すぐにホバーボードロックで捕獲。オライリーがロープへ近づくと、自ら1回転して中央へ引き戻し、ついにギブアップを奪った。

COMMENT

※棚橋、田口、タイガー、ドラダ、フィンレーがビールを手に持ちKUSHIDAの登場を待つ。
田口「クッシー、『SUPER Jr.』優勝おめでとう」
※その他の選手も一緒に「おめでとう」と祝い、KUSHIDAにビールをかけた。その後、KUSHIDAは各選手に「ありがとうございました」とお礼を伝え、ガッチリ握手を交わした。
——初めて手にする栄冠はいかがですか?
KUSHIDA「いやぁ、もう言葉にならないです。感無量です。いやぁ、嬉しいです。10年前メキシコでデビューして、ここまでのプロレス人生、簡単な道じゃなかったっす。全然舗装されてないし、もうデコボコだし、ここに辿り着けて、こんな光景見られるなんて、ほんとに10年前想像できなかったことで、ほんとに嬉しいです」
——今回のリーグ戦、KUSHIDA選手には負けられない理由がいくつもあったかと思いますが?
KUSHIDA「そうっすね。もう試合中、覚えてないっすね。気付いたら腕とってましたね。負けられない理由っつても、ボクに失うものはなにもないし、ボクには野心しかないっすよ。俺は今いるこの新日本プロレスジュニアっていうものを一段階、二段階もっと上にステージを上げなきゃ、プロレスラーじゃないでしょ。棚橋、中邑、オカダ、アメリカに行っても、紙面を見ても、テレビを見ても、新日本プロレスはその3人だけじゃないんだ。新日本プロレスジュニアがここにいる(拳を胸に当てる)。100キロもない、身長も言っちゃえば入門規定に満たない人間ばかりですよ。ボクはだからメキシコに行った。勝るものは気持ちでしょ。それと道場で培った技術。最初に桜庭さんに習って、TAJIRIさんに習って、メキシコ行って、新日本プロレス道場で磨いて、ボクはやわじゃないっすよ。エリートじゃない。誰に踏まれてもコツコツ一歩一歩上がってきたから、失うものもなければ、一杯たくさん負け、挫折も経験してきたんで、あとは上がるだけっす。新日本プロレスジュニアがなめられてたまるかっす」
——高田道場からスタートしたKUSHIDA選手のキャリアからすると、その技術も発揮できたオライリー選手というのは、決勝の相手として一番良かったと思いますが?
KUSHIDA「なんかそういう対戦相手も凄く巡り合わせって言うか、シェリーもそうだし、一番最初新日本プロレスに上がるきっかけ、SMASHでプリンス・デヴィットと闘って、ほんと彼にはリング上、リングの外でいろんなことを学んできました。そういうライバルがボクを強くさせてくれましたね。ほんとに感謝したいです」
——今、名前が挙がったシェリー選手のシェルショック、スライス・ブレッドも今日は有効に決まったと思いますが?
KUSHIDA「そうっすね。ほんとに今、新日本プロレスでKUSHIDAっていうポジションがあるのは、ほんとにシェリーが押し上げてくれた。シェリーがもし3年前にやって来てくれなかったら、一生上がれなかったです。上に上がれなかったし、ボクが言う言葉に説得力が生まれなかったと思います。ほんとにシェリーに『ありがとう』言いたいし、まだ恩返しできてないから、『いつでも待ってる』そう伝えたいっすね」
——これで先日の後楽園で言っていた「ひとつ抜け出しちゃいけない」という言葉を実践できるチャンスを大阪城ホールで得たと思いますが?
KUSHIDA「そうっすね。もう『SUPER Jr.』に全力を尽くしてきたから、先のことはまだ考えられないけれども、このトロフィー、モノじゃなくて人だと思ってるから、大事にするし、今チャンピオンの持っているIWGPのベルト、数か月間太陽の光に浴びられてないっすよね。忘れられてますよね。優勝したらそのチャンピオンベルも幸せな思いにさせてあげたいです。リング上で言ったように、なにをしてきたか、なにをやってきたか、どこからきたか、これが大事じゃなくて、これからどこに行くか、なにをするかがこれから大事でしょ。新日本ジュニアKUSHIDAが行ったことない明るい未来の先に、KUSHIDAがお連れします。ペーパードライバーっすよ、ボクなんか。しっかりシートベルト付けてついて来てください。ありがとうございました」
——優勝賞金の使い道は?
KUSHIDA「そうっすね。ボク、いろんな団体辞めて、会社に属せずに海外修行っていう無謀な賭けにでたので、その時給料ももらえなかったんで、母親にお金を借りて、海外遠征に行って、その数万円がなかったらこのリングに立てなかったので、産んでくれた両親と育ててくれた母親に感謝で、賞金はプレゼントしたいですね。ほんとありがとうございました」
 
オライリー「負けたことに関してはほんとに悔しい。だが、今回この3週間の間、世界中からほんとにベストだと思われるレスラーが集まって、しのぎを削ったと思う。今日、KUSHIDAには負けた。俺はKUSHIDAにギブアップしてしまった。彼は間違いなく、俺からギブアップを奪った。KUSHIDAは非常に素晴らしいレスラーである。俺はこれからまた365日、1年後もう一度この『SUPER Jr.』に帰ってきて、次こそは『BEST OF THE SUPER Jr.』の頂上に立つことを絶対に約束する。それを絶対に証明してみせる」
  • facebook
  • twitter

出場選手

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ