G1 SPECIAL in USA

日時
2017年7月2日(日)   15:30開場 17:00開始
会場
アメリカ・ロングビーチ コンベンション アンド エンターテイメント センター
放送
バナー
観衆
2,305人(札止め)

第6試合 60分1本勝負
IWGPジュニアタッグ選手権試合

  • <第52代チャンピオンチーム>

  • <チャレンジャーチーム>

※ヤングバックスが初防衛に成功

MATCH REPORT

 IWGPジュニアタッグ王者のヤングバックスがロッポンギヴァイスと防衛戦。6.11大阪城でベルトを奪われたロッポンギヴァイスにとってはリベンジマッチとなる。昨日の前哨戦ではロッキーがマットからフォールを奪っている。

 先発はロッキーとマット。ロックアップからロッキーがショルダータックル。続くロープを使ったすばやい攻防から、マットはシャープシューターで捕獲。ロッキーはすかさずロープエスケープ。
 すると、マットはロッキーに挑発するように言葉を浴びせかけるが、ロッキーは不敵な笑みを浮かべ、強烈な張り手。するとニックとバレッタもリングイン。そこから両チーム共にサンセットフリップのかわし合いや、ドロップキックの相撃ちと、技の読み合いを展開。
 続いて打撃戦をはさみ、コーナーを使った串刺し攻撃の読み合いとなり、ロッキーがマットにラリアット。そして、バレッタがそこ目掛けてニックをフロントスープレックス。ここでロッポンギヴァイスはハイタッチ。さらにヘルズブルドーザーを狙うが、ヤングバックスはトラースキックで迎撃。ヤングバックスはロッポンギヴァイスを場外に落とすと、ニックがマットのアシストを受け、トップロープからラ・ケブラーダ。
 リング上、マットがロッキーにダイビングエルボー。さらにニックが串刺しニーを打ち込み、トップコーナーからスワントーンボムを狙うも、ロッキーはヒザで迎撃。だが、ヤングバックスはロッキーのタッチを許さず。さらにマットはコーナーのバレッタをパワーボムの体勢で捕らえると、そのまま花道に叩きつける。続いてニックはエプロンサイドを走り込み、ロッキーにキック。そして、マットはロッキーをエプロンサイドで捕獲すると、ニックはスワントーンのように身体を浴びせかける。
 リングに戻ると、ニックがロッキーの頭上にナックルを連発。続いてマットがロッキーにコーナーを背負わせ、執拗なストンピング。そしてスリーパーに捕らえるが、ロッキーも逆水平チョップで反撃。しかし、ヤングバックスは技の切り返しから、一気にメルツァードライバーを狙う。だが、これはロッキーがティヘラで切り返す。
 しかし、バレッタはまだダメージが深いため、ロッキーはタッチができず。ロッキーはヤングバックスのバックドロップを切り抜けるも、ダブルのトラースキックを食らってしまう。しかし、雄叫びと共に二人をラリアットで吹き飛ばす。
 ようやくバレッタが登場。ニックに延髄斬り、串刺しエルボーを見舞い、スウィングDDTへ。しかし、マットが阻止。ヤングバックスは串刺し攻撃を狙うが、かわしたバレッタはマットに今度こそスウィング式DDT。ここからバレッタはトップコーナーに上るが、マットが足をすくって阻止。
 マットがバレッタをコーナーに叩きつけると、ニックがエプロンからトラースキック。ここでヤングバックスはパワーボム&延髄斬りのダブル攻撃。そして、マットがシャープシューターに入るが、ロッキーがカット。しかし、ニックはロッキーをパワーボムで持ち上げると、そのままバレッタに叩きつける。ロッポンギヴァイスは防戦一方に。
 ロッキーはヤングバックスを二人まとめてフランケンシュタイナーに仕掛けるも、ヤングバックスはダブルのトラースキック。バレッタにもトラースキックを叩き込むと、ニックがトップコーナーへ。そして、マットはバレッタをアルゼンチンバックブリーカーにとらえ、腰狙いのモア・バング・フォー・ユア・バックへ。しかし、バレッタはギリギリでキックアウト。
 すると、マットはバレッタにシャープシューター。そこにニックがエプロンから攻撃を仕掛けようとするも、これはロッキーが阻止。しかし、ニックはロッキーを振り切り、バレッタにスワントーンボム。すかさずロッキーがカットイン。
 ロッキーはニックにスライス・ブレッドを狙うが、これをニックはツームストンパイルドライバーのかたちで捕獲。なんとかエプロンに逃れたロッキーだったが、マットがトラースキック。そして、ロッキーを担ぎ上げるも、ロッキーは背後に着地。そして、バレッタがマットを肩車すると、ロッキーはエプロンを走ってニーを炸裂。
 ここでニックがバレッタにエプロンでニー。そして、バックを取るが、切り抜けたバレッタはパイルドライバーへ。続いてバレッタはニックにニーから、ゴッチ式パイルドライバー。だが、ニックは3カウント寸前でキックアウト。
 バレッタはニックにデュードバスターを狙うも、切り抜けたニックは逆水平チョップ。さらにロープに走るが、ロッポンギヴァイスはカウンターのダブルニー。そして、ロッキーはマットにトペ・スイシーダ。ここでロッポンギヴァイスはストロングゼロを炸裂。だが、ニックは必死にキックアウト。
 続いてロッキーとマットが対峙。二人は激しいエルボー合戦を展開。競り勝ったマットがロープに走るが、ロッキーはカウンターのニー。マットもトラースキックで返すが、ロッキーはスピンキック。そして、飛びつき式のスライス・ブレッドでマットを場外に追放すると、間髪入れずにトペ・スイシーダ。しかし、マットは倒れず、場外でロッキーをツームストンパイルドライバーのかたちで担ぎ上げると、ニックがトップコーナーからダイブ。場外でメルツァードライバーを炸裂させる。
 リング上、ヤングバックスがロッキーにとどめをさそうとすると、バレッタがふらつきながらリングイン。そして、逆水平チョップを叩き込み、ニックにはツバを吐きかける。すると、ヤングバックスはバレッタの腰にダブルのトラースキック。
 そして、ヤングバックスはロッキーにメルツァードライバーを炸裂、そこからニックがロッキーにシャープシューター。これでギブアップを奪い、ヤングバックスが初防衛に成功した。

COMMENT

ニック「せっかく俺たちがタイトルを防衛したっていうのに、リコシェに全部持って行かれた!」
マット「リコシェが邪魔して俺たちのセレブレーションが台無しだ。せっかくあいつらをシャープシューターでタップアウトしたのに。あいつ、マイケル・ジョーダンになりたいのか!?」
ニック「俺たちのタイトルに挑戦したいって? 俺たち、このベルト6回獲ってるんだけど? そんなにこのベルトを獲ってるタッグチーム、他にいるか? 俺たちは宇宙一だって言ってるかいないか!」
マット「俺たちはプロレス・タッグチーム界のマイケル・ジョーダンだ。14年間もこの2人でやって来た。そしてROH、と新日本、スーパーキックパーティのベルトを持っている」
ニック「やりたいならかかって来い。やってやるよ!」
マット「俺たちは強いぜ」

ロッキー「まず、遂にこの時が来たという感じだ。俺たちはJr.タッグチームのベルトを3回獲得した。バレッタはヘビー級に転向する時が来た。今はそれだけしか言う事はない」
バレッタ「ありがとう」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2019年6月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ