KIZUNA ROAD 2017

日時
2017年6月20日(火)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナー
観衆
1,258人

第7試合 60分1本勝負
NEVER無差別級6人タッグ選手権試合

  • <チャレンジャーチーム>

  • <第13代チャンピオンチーム>

※チャンピオンチームが2度目の防衛に成功
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 タグチジャパンの田口&ジュース&KUSHIDAが、LOS INGOBERNABLES de JAPONのSANADA&EVIL&BUSHIに挑むNEVER 6人タッグ戦。なお、この一戦は6・27後楽園で行われるIWGP Jr.戦KUSHIDAvsBUSHIの前哨対決でもある。

 KUSHIDAとBUSHIの対決で試合が始まり、両者が高速ロープワークで何度も行き交う。そこからBUSHIがヘッドシザースホイップを繰り出すが、KUSHIDAが側転で切り返してローキックを発射。しかし、BUSHIが回避し、直後に2人のドロップキックが交錯した。
 田口対SANADAの場面。SANADAがいきなりパラダイスロックを仕掛けるも、田口が脱出して反対にパラダイスロックを狙う。これをEVILがカットして田口を羽交い絞めにするも、控えのジュースがSANADAのロープワークを妨害し、ジュースとKUSHIDAが顔面にパンチを食らわせる。そして、田口がアンダースロー式ボディブローで追撃。
 ここからタグチジャパンがSANADAに連続トレイン攻撃を敢行。、田口がSANADAの反撃を読んでKUSHIDAにストップをかけ、コーナー下に座り込んだSANADAの顔面に尻をこすりつける。そして、田口がその体勢でサインを送ると、KUSHIDAの投球モーションからジュースがSANADAにキャノンボールをお見舞い。レッドシューズ海野レフェリーがストライクと判定した。
 ところが、EVILが場外からジュースのロープワークを妨害し、SANADAが低空ドロップキックで報復。これでジュースは動きがストップしてしまい、EVILが挑発を引っ張っていたぶる。だが、ジュースはカウンターフロントハイキック、カウンターバックスピンでEVILに逆襲。
 スイッチした田口は、BUSHI→SANADA→EVILにジャンピングヒップアタックを食らわせ、串刺しジャンピングヒップアタック2連発でEVILに追撃。そこからアンクルホールドを仕掛けるも、EVILがロープへ逃げる。
 次に田口は、EVILにランニングヒップアタックを見舞ってギタる。だが、EVILが田口の脚をレッドシューズ海野レフェリーに持たせ、ガラ空きの尻へトラースキックを食らわせた。
 田口対BUSHIとなり、BUSHIがミサイルキックで先制。しかし田口は、カウンタージャンピングヒップアタックで逆襲。これでKUSHIDAが登場し、BUSHIの腕にミドルキック3連射を見舞う。
 さらにKUSHIDAはアームホイップでBUSHIを投げ、側転から低空ドロップキックを浴びせる。そして、EVILにはハンドスプリングエルボーを浴びせるが、BUSHIがTシャツを悪用したチョーク攻撃で逆転。
 しかしKUSHIDAは、トレイン攻撃を回避してSANADAをヘッドシザースホイップで投げ、ホバーボードロックでBUSHIを捕獲。すると、ジュースが本間朋晃の“こけしアクション”からこけしを炸裂させ、KUSHIDAが腕ひしぎ逆十字固めでBUSHIの腕を伸ばす。
 さらにKUSHIDAはBUSHIの腕にドロップキックを見舞い、ホバーボードロックに行く。これをBUSHIが切り返して逆さ押さえ込みの体勢に入り、抵抗したKUSHIDAにフェイント式ニールキックを食らわせる。それでもKUSHIDAはバックトゥザフューチャーを狙うが、BUSHIが抵抗し、変型ネックブリーカードロップで叩きつけた。
 ジュース対SANADAの場面。ジュースがラリアットで先制し、BUSHIとEVILの顔面にパンチ連射を浴びせる。そして、EVILにショートレンジドロップキックを見舞うと、SANADAにはバックブリーカー→河津落としの連続攻撃、セントーンで追撃。さらに、カウンタースピニングスパインバスターでEVILを蹴散らす。
 ジュースの攻撃は続き、コーナー最上段からのフライングボディアタックでSANADAを押し潰す。だが、次のパワーボムをSANADAが回避し、コーナーを利用してSkull Endを極める。
 これをKUSHIDAがスワンダイブミサイルキックでカットするも、BUSHIがコードブレイカーでKUSHIDAを排除。その直後、田口がBUSHIにジャンピングヒップアタックを食らわせるが、EVILは簡単に回避。
 しかし、ジュースがラリアットでEVILを蹴散らし、ジュース&KUSHIDAがSANADAに串刺しラリアット&延髄斬りのサンドイッチ攻撃をお見舞い。さらに、ジュースがSANADAを肩車し、田口と共にダブルインパクト式ダイビングヒップアタックを敢行。
 続いてジュースはパルプフリクションを仕掛けるが、SANADAが切り返してフランケンシュタイナーに行く。だが、ジュースが踏ん張り、パワーボムで叩きつける。
 ここでジュースは再びパルプフリクションを狙うが、SANADAが回避してSkull Endで捕獲。これをジュースが切り返すも、SANADAは再びSkull Endを極めてグラウンドへ持ち込む。そこからジュースが脱出してまたもやパルプフリクションに行くが、SANADAも負けじと切り返す。するとジュースはジャーマンスープレックスを繰り出すが、SANADAがバク宙で着地。
 その直後、SANADAがカニばさみでジュースを転倒させ、EVILが場外からイス攻撃を食らわせる。そして、BUSHIがエムエックスでジュースに追撃し、トペスイシーダでKUSHIDAを分断。最後はSANADAがSkull Endで勝負を決めた。

COMMENT

EVIL「このベルトの価値は、俺たちが持ち続ける限り上がり続ける。そしてまた試合後に、このベルトで祝杯を上げてやる。よく覚えとけ! THIS IS EVIL! EVERYTHING IS EVIL! すべては…EVILだ!」
BUSHI「このNEVER無差別級6人タッグのベルトには、いろんな思い出が詰まってるよ。時には第2試合をやったり、ガントレットマッチをやったり、今日のようにメインをやったり。これからどんどん、俺たちがチャンピオンとしてこのNEVER無差別級6人タッグのベルト、チャンピオンとしての付加価値がどんどんついていく。そして、次の次、27日、IWGPジュニア戦。KUSHIDA、もうオマエはチャンピオンとしての時間は終わりだ。俺がオマエからベルトを奪う。俺はオマエには負けない。EN SERIO、マ・ジ・で!」

 

田口「クッシ―は大丈夫か?」
KUSHIDA「監督が身代わりになってくれた。すみません監督。すみません。BUSHI!なにが調子に乗ってるだとコラ!そっくりそのまま、その言葉をお前に返してやるよ。去年の9月、その前の年。手段はなにも変わってない。『Super Jr』、昨日、公式戦。ヤツの全部観せてもらったけど、相変わらず毒霧だけですね。見えますか?大丈夫ですか?(田口の目を心配して)大丈夫そうですね。大丈夫?(ジュースに向かって)
ジュース「クソ!大丈夫だと思う。」
KUSHIDA「確かに6人タッグの実力は認めますよ。ただ俺は次タイトルマッチあるからヤツ(BUSHI)と。警戒するところは毒霧と突っ込みの能力だけですよ。悔しいな。もう一回いきたいですね。ONE MORE CHANCE?ONE MORE TIME?あるのかな?あるのか分からないけど。」
ジュース「俺たちにもイスを使うとか遊び心がもうちょっと必要かも。まぁ卑怯だけどもイスもいいかも。相手をもう少し攪乱したほうがいいかも。もうちょっと遊び心が必要かも。」
KUSHIDA「僕はいつでも監督、召集かかれば協力しますのでよろしくお願いします。」
ジュース「コーチ。コーチ。ごめんなさい。」
――大阪城に続けてまた負けてしまいましたが次は?
田口「次は考えます!3連敗。チャンピオンシップで3連敗。ちょっと考えます。一からチーム立て直して。むしろ足りない部分があるからこういう結果になってるわけで。もうちょっとメンバー選考から考えていきたいと思います。まぁ監督、代表からは私外れて監督に専念することも考えて次のチームを作っていきます。」
――監督はチームに入らない?
田口「はい。私は入らないかもしれないです。ただ入るかもしれないです。いまの段階で私も外れて、全員も一回外れて、代表というものを。それでみんなスタートライン一緒で考えていきます。6人タッグを確実に取れるチーム。全国を獲れるチームを。また県大会から頑張っていきます。ありがとうございます。」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年10月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
ジェイ・ワン・プランニング
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ