• 2017.4.4
  • #Media
【無料更新!!】「俺と新日本の勝負はまだ続いてるんですよ」4.9両国決戦目前! 柴田勝頼に直撃インタビュー!

     

今年の『NEW JAPAN CUP 2017』優勝者として、4.9両国国技館大会で、オカダ・カズチカに挑戦する柴田勝頼。長い間、シングル対決が封印されてきた禁断の一戦を前に、いま何を思うのか?

★4.9両国国技館大会は、新日本プロレスワールドで生中継!!

■『戦国炎舞-KIZNA- Presents SAKURA GENESIS 2017』
4月9日(日)16:00~ 両国国技館
(※第0試合は15時40分~開始予定)
★対戦カードはコチラから!
★チケット情報はコチラから!
※「砂かぶり」「2F特別席」「2F指定席」は完売となりました。
※「アリーナA」「アリーナB」「アリーナC」は残り僅かとなりました。
※4月3日現在の取り扱いは、店頭販売の店舗のみとなります。(「チケットぴあ」「ローソンチケット」「イープラス」の予定数は売り切れ)
※「闘魂SHOP水道橋店」「後楽園ホール」「書泉グランデ」「書泉ブックタワー」「BACK DROP」「チャンピオン」にて4月6日(木)まで販売いたします。(期間内でも在庫がなくなり次第終了となります。)
※前売券が完売となりますと、当日券の発売が行われないこともございます。

■それまで、オカダっていうのは俺にとって“触れることのできない存在”だったんですよ


――4.9両国でのIWGPヘビー級王座戦についてお聞きします。柴田選手は『NEW JAPAN CUP』(以下、『NJC』)優勝後に、「ベルトのことはあまり考えていなかったけど、“約束したヤツ”がいる」という言葉と共に、オカダ選手のIWGPヘビーへの挑戦を宣言しました。

柴田 「じゃあ、(ベルトを)選べ」ってなったら、もうそれしかないですよね。3年前のことを俺は忘れてないし。

――3年前の2.11大阪ですね。オカダ選手が後藤洋央紀選手を下してIWGPヘビー級王座を防衛した直後、柴田選手はその前に立ちはだかりました。すると、オカダ選手は「このベルトに挑戦したいなら『NJC』で優勝してから来い」と言い放って。 

柴田 俺はこうして、アイツに言われたことはやりましたから。それまで、オカダっていうのは俺にとって“触れることのできない存在”だったんですよ。 

――たしかに対戦の機会は非常に少なかったです。会見では、「過保護」という言葉もありました。 

柴田 それは会社がオカダを守っていたのか、どういう理由なのかはわからない。俺はこの3年、オカダの「オ」の字も、IWGPヘビーの「ア」の字も言ってないんですよ。そういうことを言えば言うほど遠のくと思って、こっちからも一切閉ざしていたので。

――そこはあえて距離を取っていた、と? 

柴田 そうですね。でも、IWGPヘビーを巻いていたアイツは、ずっと気になる存在でしたよ。正直、自分が巻いていたNEVERは“3本目のベルト”ですよ。いまだから言えますけど、去年はその“3本目のベルト”を使って、自分の中でIWGPと勝負をしていた部分はありますね。 
 
■新日本の一部になったわけではなく、俺の中での“vs新日本プロレス”っていうのは終わってないんで


 
――柴田選手は会見で、「いつなんどき、誰の挑戦でも受ける」ことが、新日本の根本にあるべき精神と発言していましたよね。

柴田 ハイ。「オマエがやらないなら、俺がやってやるよ」っていう気持ちで、あてつけのように次々と王座戦をやってましたね(笑)。……俺、いまの新日本プロレスは世界一凄いプロレス団体だと思ってます。本当に素晴らしい団体だって思いますよ。だけど、新日本が忘れちゃいけないもの、大事にしなきゃいけないものがあるんじゃないかって、俺の中に流れる血が騒ぐので。そういう闘いをNEVERの防衛戦でやっていた自負はあります。

――今回の王座戦は、柴田選手にとっては2012年8月に「ケンカ、売りにきました」という言葉と共に新日本に復帰して以来、初のIWGPヘビー挑戦となりますが、ここまでの時間は長かったですか?

柴田 ……長かったですね。俺と新日本の勝負はまだ続いてるんですよ。去年の3月に「俺はここで闘う約束をしたい」って言いましたけど、それで新日本の一部になったわけではなく、俺の中での“vs新日本プロレス”っていうのは終わってないんで。

――去年の3.6大田区で柴田選手は、「今年に入ってからサヨナラが多すぎる。お別れを観に来てるんじゃないと思う」という言葉と共に、新日本と選手契約を行ないましたが、“vs新日本”というスタンスには何も変化はない、と。

柴田 ハイ。だから今までとスタンスは変わらないと言いました。そこから闘い抜いて、スタートラインにも立てないくらいの位置だったのが、ようやく今回の状況を作ったというか。

――“vs新日本”という部分では、やはりIWGPヘビーというのは大きなポイントですか?

柴田 結果として、それはついてきますよね。3年前と同じく、いまもチャンピオンでいるオカダは素直に凄いと思うし、オカダがあのベルトを持っていてよかったと思います。もし、ほかの人間があのベルトを持っていたら、このタイミングでは3年前の約束が果たせないわけですからね(笑)。

――自力でチャンスをつかみ取った、と。

柴田 時間は経ちましたけど、俺は言われたことをやった。かたや、鈴木みのるは新日本に戻ってきて、オカダの目の前に立っただけですぐに挑戦できた。そこは「なんなんだよ、オカダ。俺に言ったことと違うじゃないか?」ってなるんですけど、同時にアイツが俺にああいうことを言ったのは、俺だからなんじゃないかとも思いますね。

■前回のオカダ戦を見返したんですけど、「やりたいのは“これ”じゃないな」って


――しかし、強豪が群雄割拠し、流れの早いいまの新日本の中で、3年という月日を経て対戦が実現するのも興味深いというか。

柴田 我ながら、よくここまでの溜めが作れたと思いますけどね(苦笑)。オカダとは何回かタッグで当たっただけなんで、触りたくてしかたがなかったし。

――オカダ選手とは13年の『G1 CLIMAX』公式戦で一度だけ対戦していますね。

柴田 その試合、録画した映像が残ってたので、優勝した日に家に帰ってから観たんですよ。

――あらためて観た感想は?

柴田 若いですね、オカダ(笑)。俺のほうは荒々しかったですよ。でも、「今やりたいのは“これ”じゃないな」って思いました。

――前回の対戦とはやりたい試合の種類が違うと。

柴田 ええ。たとえば去年、俺にはNEVERの試合や海外でやってきた経験があって、そういういろいろなものを踏まえての“いま”なんで。それはオカダだって3年前とは違うだろうし。だから、おたがいの“いま”で勝負したいです。 

――オカダ選手もこの3年で、さらに存在感を増したわけですが、レスラーとして柴田選手からはどう見えていますか?

柴田 まあ、プロレスの総選挙とかやったら、4位とかになっちゃうんじゃないですか?(笑)。

――『プロレス総選挙』(テレビ特番)で実際になってましたね(笑)。

柴田 まあでも、そのくらいの実績があるってことだと思いますよ。露出も含めて。ただ、俺は人の評価とか噂とかよりも、レスラーなんで自分の肌で感じたモノしか信じない。痛みや強さ、そういうものはリングでしか知ることができないものなので。本当にこの試合が楽しみでしかたないですね。

■あとは、いままで見たことのないようなオカダを引き出して勝つだけです


――ここまで楽しみな感覚はひさびさですか?

柴田 ああ、ひさしくなかったですね、ワクワクするっていうか。俺はつねにチャレンジャーのつもりでリングに上がってるんですけど、NEVERのベルトを持ってるときは追われる立場でもあったので。でも、『NJC』に優勝してからは、チャンスをつかみ取って追う立場になりましたね。

――まさに念願のオカダ戦、念願のIWGP王座戦ですね。

柴田 ずっと、オカダに触ることはできなかったですけど、結果的には今回、いいタイミングになったと思います。もし、『NJC』で優勝してなかったら、次のタイミングはいつになるのかわからないですし。

――45周年というのもいいタイミングだと思います。新日本は1972年の3月に旗揚げし、そのときに関わった選手は団体に残っていません。しかし、旗揚げ戦には柴田選手のお父さん(勝久)が参戦していて、その血を受け継ぐ者として、節目の年にIWGPヘビー挑戦を果たすという。

柴田 そう考えるとおもしろいもんですね……。今回、歴史に名を刻む瞬間になるかもしれないし。

――柴田選手は会見で言った「遺伝子が新日本プロレス」と言ってましたね。

柴田 ハイ。俺の中に流れている血は、どうひっくり返しても変わらないので。
 
――また、会見では「IWGPで組まれるカードも似たような選手ばっかりで、そこに一つ風穴を開けたい」とも発言していました。

柴田 もう、同じ選手でまわすタイトルマッチを見たくないと思っているのは、俺だけじゃないと思うんですよ。きっと、「このカード、なんでやらないんだろう?」って、疑問を持ってた人もいたと思いますけど、やっと状況が整ったというか。
 
――この状況を打破してほしいという追い風も感じられていると。

柴田 『NJC』決勝の歓声と、『オカダーッ!』と叫んだ時のファンの反応に期待も感じたので。あとは、いままで見たことのないようなオカダを引き出して勝つだけです。以上。

★4.9両国国技館大会は、新日本プロレスワールドで生中継!!

■『戦国炎舞-KIZNA- Presents SAKURA GENESIS 2017』
4月9日(日)16:00~ 両国国技館
(※第0試合は15時40分~開始予定)
★対戦カードはコチラから!
★チケット情報はコチラから!
※「砂かぶり」「2F特別席」「2F指定席」は完売となりました。
※「アリーナA」「アリーナB」「アリーナC」は残り僅かとなりました。
※4月3日現在の取り扱いは、店頭販売の店舗のみとなります。(「チケットぴあ」「ローソンチケット」「イープラス」の予定数は売り切れ)
※「闘魂SHOP水道橋店」「後楽園ホール」「書泉グランデ」「書泉ブックタワー」「BACK DROP」「チャンピオン」にて4月6日(木)まで販売いたします。(期間内でも在庫がなくなり次第終了となります。)
※前売券が完売となりますと、当日券の発売が行われないこともございます。

■『戦国炎舞-KIZNA- Presents Road to SAKURA GENESIS 2017』 
4月5日(水)18:30~ 富山・高岡テクノドーム
★対戦カードはコチラから!
★チケット情報はコチラから!
※「ロイヤルシート」は残り僅かとなりました。

4月7日(金)18:30~山形・山形ビッグウイング
★対戦カードはコチラから!
★チケット情報はコチラから!
※「ロイヤルシート」「指定席B」は残り僅かとなりました。

  • facebook
  • twitter

記事に関係する選手

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ