• 2017.3.21
  • #Topics
「見たことのないオカダを引き出したい」『NEW JAPAN CUP』覇者・柴田勝頼がIWGPヘビー級王座、オカダへの想いを激白!!【一夜明け会見】

「NEW JAPAN CUP 2017」一夜明け会見が行われ、見事初優勝を飾った柴田勝頼選手が出席。
激闘の『NEW JAPAN CUP』を振り返るとともに、4月9日(日)両国国技館大会・IWGPヘビー級選手権試合 オカダ・カズチカ戦への思いを語った。

■『戦国炎舞-KIZNA- Presents SAKURA GENESIS 2017』

4月9日(日)16:00~ 両国国技館
(※第0試合は15:
40~開始予定)
★対戦カードはコチラから!
★チケット情報はコチラから!
※「砂かぶり」は完売となりました。
※「アリーナB」「2F特別席」は残り僅かとなりました。

■柴田勝頼選手のコメント
柴田「応援してくださったファンの皆さん、ありがとうございました。このたび、『NEW JAPAN CUP』を優勝して、オカダの持つIWGPに挑戦する権利を得ました」

■質疑応答
――昨日の『NEW JAPAN CUP』決勝戦を振り返ってみて、巨漢のバッドラック・ファレ選手の印象は?

柴田「デカかったですね。巨漢でしたね」

――あの巨漢というのはやりにくかったですか?

柴田「やりやすい選手なんかいるんですか? あの規格外と言うか」

――どの点が一番やりにくかったですか?

柴田「やっぱり「デカい、力が強い」っていうのは、最大の武器だと思うので」

――バッドラックフォールだけは警戒してましたか?

柴田「あれをもらったら終わっちゃうと思うので」

――「あれだけは」というお気持ちでしたか?

柴田「『あれだけは』とは思ってないですけど、そこは勝敗の分かれ目だったと思います」

――今回の『NEW JAPAN CUP』を振り返って、一番印象に残ってる闘いは?

柴田「そうですね。自分は昨日が決勝で、一昨日が石井選手との試合だったんですけど、その石井戦で何かが吹っ切れたっていうのはありましたね。開幕から自分の中で引っかかっていたものがすべて、『こんなもん、関係ねぇな』っていう闘いができた。そういうものを気付かせてくれた石井選手には、感謝してますね」

――試合後に、「お前、最高だよ」という言葉もありましたが?

柴田「そうですね。その通りですね」

――今日、正式に4月9日(日)両国国技館大会でオカダ・カズチカ選手への挑戦が決定いたしましたが?

柴田「決定してよかったです」

――それは昨日の試合後、オカダ選手が出てこなかったところが引っかかってましたか?

柴田「そうっすね。『優勝したら挑戦できる』っていうのは聞いてたんですけど、『ホントにできるんだな』って、いまカードが決まって実感しております」

―― 一夜明けて、周りの反響などはいかがですか?

柴田「昨日は、試合終わって、蕎麦喰って、帰って、寝て、さっき来たって感じなんで。この『NEW JAPAN CUP』の記憶というか、いつどこにいて、どこで試合してっていうのが、試合のスケジュールを刻み過ぎてて、いつどこにいるのかわからないような状態にはなっていたので。ホント、浜松の試合なんかは、一週間二週間ぐらい前の気分になってますね。マヒしてます」

――優勝の実感は?

柴田「実感はありますよ。(※トロフィーを指さし)俺、獲ったじゃないですか。で、しっかり両国でオカダ戦が決まった。そのための会見なわけでしょ。だから、会見とかあんまり慣れてないというか、こういう機会がなかったので」

――オカダ選手への思いは?

柴田「思いはたくさんあるよ」

――では、その思いについて聞いていきたいのですが、昨日リング上で「約束した相手がいる」という発言がありましたが?

柴田「リング上で『約束した相手がいる』って言った瞬間に、『まさか、同級生じゃないだろうな』ってみんな思ったかもしれないですけど、『オカダ!』って言った瞬間に、みんなが『これを期待してたのかな』っていう。『俺のやろうとしてることは間違ってないな』とは思いましたね」

――ご自身でも「なかなか触れなかった」というコメントがありましたが?

柴田「触れなかったですね」

――「ようやく」というお気持ちですか?

柴田「ようやくですね。一回、『G1』で闘ったことがあるんですけど、タッグでも数回ですよね。4、5年いて、ホントに数回、リング上にいた時間なんて20、30分もないんじゃないかぐらいの。『こんなことってあるのかな』っていう思いでずっといて。これは俺の中で、『言ったら言っただけ、オカダから離れていくな』と。まぁ、会社が一番大事にしてる選手だから、わからなくもないですけど、ここまで過保護にしていいものなのかなと。オカダを別に否定するわけではないんですけど、素晴らしい選手だと思いますけど、そこにまったく触れることができなかったっていうのが……ずっと常に虎視眈々としゃべらずに狙ってはいましたね。ただ、その中で内藤がいろいろ言いだして、『これは許されるんだ』っていうのもあって、何がなんだかわからなくなってきたんですよね。やっぱりそういう部分では“プロレスは生もの”だと思ったし、『さすが、新日本プロレスだな』と思いましたね。

――時間はかかりましたが、最高の形でカードが組まれましたが?

柴田「そうですね。だから、俺なんか3、4年何も言わず、触れずに過ごしてきて。かと言えば、出戻ってきた海賊の親分は、向かい合っただけで組まれるわけじゃないですか。そういうものもいろいろありましたね、俺の中には。オカダが言ったことですからね。『向かい合っただけで、挑戦できると思うなよ』と。『NEW JAPAN CUP優勝してから来い』って。だから、俺はその通りにしただけです。ただ、時間はメッチャかかった」

――過去に柴田選手が対戦した時のオカダ選手と、いまのオカダ選手は一緒ではないですか?

柴田「それは一緒なわけないでしょ。やっぱり、3年の経験ってそれなりに凄い時間があるわけですし。中学生なんかも、3年あったら入学して卒業しちゃうわけですから。3年ってデカいですよ。オカダの3年は凄いデカいと思います。やっぱ、IWGPを当時も巻いてたし、いまもなお巻いてるっていう現状は、すげぇことだし。俺にはできなかったこと。ただ、『俺も3年前といまは違うよ』って話ですよね。その3年をどう過ごしてきたか。ほぼほぼ空白な3年なわけですけど。俺も去年はNEVERを一年間やって、海外にも行って、イギリスにも行って、吸収するもの、学んだものたくさんあったわけです。おそらく、日本の中でも一番シングルで試合をしたと思います、去年は。いつなんどき、誰からの挑戦も逃げずに闘ってきた自負はあります。その精神というか、根本のライオンマーク、新日本プロレスを謳っているのであれば、『そこは変えてはいけないというか、変える必要がないというか、そこを大事にしなくてはいけない部分なんじゃないのかな』という、俺からの新日本プロレスを象徴するIWGPへの挑戦でもあり、問題定義でもあり、闘いですよね」

――柴田選手と向かい合うことで、違ったオカダ・カズチカを引き出せると。

柴田「ありますね。だからやりたかったんですよ。俺ね、“IWGP”っていうワードを、昨日初めて自分の口から言ったと思うんですよ。この4年5年で自分にとっての変化もあり、成長もあり、そこに行き着いたのかなとは思います」

――ベルト挑戦は13年ぶりになると思うのですが、IWGPヘビー級王座への思い入れはありますか?

柴田「やっぱり『ベルトってどうなのかな』とは思ってたんですけど、去年一年(NEVER無差別級のベルトを)持って。まぁ、言ってみれば3番目のベルトですよ。3番目のベルト、そしてイギリスのベルトを持って闘っていく中で、『ベルトって必要ない』とそれまで思ってたんですけど、『やっぱり、ベルトって大事なんだな』って思いましたね。『中心として、いろいろ動かしていくものなんだな』と思いましたね。IWGPは新日本プロレスの象徴ですから」

――では、IWGPヘビーのベルトを持って動かしていきたいと。

柴田「動かしていきたいというか、『新しい風景にしていきたいな』と。ずっとオカダなんで。俺が再び上がり出した時もオカダだったし、いまもなおオカダ。『IWGPで組まれる対戦カードも似たような選手ばっかりで、そこに一つ風穴を開けたいな』っていう気持ちはあります。それしかないですね」

――柴田選手にとって、今まで経験してきたレスラー人生18年間の日々とは?

柴田「俺の18年って、たぶん誰も真似できない18年だと思いますし、いまから誰かがやろうとかしても確実にできないことですし。もちろん、オカダがやってきた今までも絶対無理なんですけど。俺がプロレスラーとやってきた18年間、どこを区切ってもプロレスラーなんですよ。そこは誰も真似できない部分だと思います」

――いろんな厳しい思いや、泣いたり……

柴田「泣くというよりは、昨日も言ったんですけど、『流す涙より、汗の方が美しいですよ』と。嘘つかないですから」

――IWGPに初挑戦した時と、今回の挑戦では思いに変化はありますか?

柴田「ありますね。当時はIWGPというものがピンとこなかったというか。初挑戦の時は、藤田さんが持ってて、強いヤツが持ってる。それに挑戦できる。何も怖いもの知らずで挑戦して、惨敗したんですよ。結果、恐怖を知らないっていうのが一番未熟で。それこそ、いろんな怖さだったり、痛みだったり、辛さだったりを経験してきた18年間だったと思います。だから、さっき言ったようにどこを区切ってもプロレスラー柴田勝頼でいたと思うんですよ、たとえリングが違えど。だから、点と点がずっと線でつながって、昨日の優勝につながって、両国のオカダ戦につながってるんじゃないかなと思います」

――昨日の試合後での、「かつての新日本を知る。そして現在の新日本を知る柴田勝頼と、いまの新日本の象徴であるオカダ選手」というコメントについては?

柴田「やっぱり、なんだかんだ言って、生え抜きにしかわからない維持っていうものが、絶対生え抜きにはあるんで。俺は一度辞めてるんですけど、俺の中でずっとプロレスラーでいたっていうのが。俺は、元々親父の時代から流れてる血っていうのが、そもそも遺伝子が新日本プロレスなんで、生まれた時から俺は新日本プロレスなんですよ。そこは何をひっくり返しても変えられないと思いますね。だから、オカダと闘えることに楽しみである部分、オカダ・カズチカの素の部分をどれだけ引き出して、俺の土俵で試合してやるかっていうのが、俺の中では凄い楽しみというか。アイツは、たぶんレインメーカーとしてのプロレスラーをやってるんですよ。マスクマンじゃないけど、マスクマンみたいな。素でそれをやってないというか。自分でもしゃべっててよくわからないですけど、なんとなくそんな感じです」

――違う一面を引き出せると。

柴田「そうですね。見たことのないオカダを引き出したいですね。それが一番イヤなんじゃないですかね。だから、昨日ももしかしたらいたかもしれない。けど、出てこなかったっていうのは考えられますよね」

■『戦国炎舞-KIZNA- Presents Road to SAKURA GENESIS 2017』
3月25日(土)18:30~ 静岡・ふじさんめっせ
★対戦カードはコチラから!
★チケット情報はコチラから!
※チケット好評発売中!

3月26日(日)18:30~ 東京・後楽園ホール
★対戦カードはコチラから!
★チケット情報はコチラから!
※「特別リングサイド」「リングサイド」は残り僅かとなりました。
※「指定席」は完売となりました。
 
3月29日(水)18:30~ 福島・いわき市立総合体育館 
★対戦カードはコチラから!
★チケット情報はコチラから!
※チケット好評発売中!

3月30日(木)18:30~ 秋田・秋田ふるさと村ドーム劇場
★対戦カードはコチラから!
★チケット情報はコチラから!
※チケット好評発売中!

3月31日(金)18:30~ 宮城・若柳総合体育館(アスパルわかやなぎ)
★対戦カードはコチラから!
★チケット情報はコチラから!
※チケット好評発売中!

4月1日(土)18:00~ 埼玉・毎日興業アリーナ久喜(久喜市総合体育館)
★対戦カードはコチラから!
★チケット情報はコチラから!
※チケット好評発売中!

4月2日(日)17:00~ 栃木・足利市民体育館
★対戦カードはコチラから!
★チケット情報はコチラから!
※チケット好評発売中!

4月4日(火)18:30~ 東京・後楽園ホール
★対戦カードはコチラから!
★チケット情報はコチラから!
※「指定席」は残り僅かとなりました。

4月5日(水)18:30~ 富山・高岡テクノドーム
★対戦カードはコチラから!
★チケット情報はコチラから!
※チケット好評発売中!

4月7日(金)18:30~山形・山形ビッグウイング
★対戦カードはコチラから!
★チケット情報はコチラから!
※チケット好評発売中!

■『戦国炎舞-KIZNA- Presents SAKURA GENESIS 2017』
4月9日(日)16:00~ 両国国技館
(※第0試合は15時40分~開始予定)
★対戦カードはコチラから!
★チケット情報はコチラから!
※「砂かぶり」は完売となりました。
※「アリーナB」「2F特別席」は残り僅かとなりました。

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
新日本プロレスワールドカフェ
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ