• 2017.1.3
  • #Topics
【WK11】ウワサのCodyが上陸!ジュースと一触触発!! ヤングバックスが“全身ゴールド”で登場を予告! ガントレットマッチは波乱必至!?【1.4ドーム前日記者会見】

1月4日(水)『戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム』大会の前日、1月3日(火)『an presents 大プロレス祭り 2017』がディファ有明で開催。東京ドームの前日記者会見が行われた。
 
■『戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム』
2017年1月4日(水)17:00~(※第0試合は16:10より開始予定
東京・東京ドーム
★対戦カード情報はコチラ!
★チケット情報はコチラ!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「アリーナB」が完売。
※「2FスタンドA」が残り僅かとなりました。
★当日券は、12時より、22番ゲート前・当日券売場にて販売いたします。

IWGPジュニアタッグ、NEVER無差別級6人タッグ・ガントレットマッチ、そしてスペシャルマッチに登場するCodyとジュース・ロビンソンが会見に挑んだ。

■スペシャルシングルマッチ
Cody vsジュース・ロビンソン

ジュース「コンニチハ。去年のいまごろ、ちょうど1年前になるが、『WRESTLE KINGDOM 10』では、新日本プロレスのジャージを着てリング下からずっと大会を眺めていた。そして、心の中で誓った。『いつか必ず自分自身がこのリングで闘う』と。それが明日、実現する! 1年経って、ようやく自分の思いが現実になる。相手は素晴らしいプロレスラー。彼の父親(ダスティ・ローデス)は素晴らしい指導者であり、俺もリスペクトしている。悪口はひとことも言えないぐらい本当にリスペクトしているんだ。だが、明日は俺が主役になる。そのためにお前を絶対に倒してみせる。俺は底辺からここまで来た。これまでの努力を考えると、新日本プロレス初参戦でいきなり『WRESTLE KINGDOM』のリングへ上がるお前を見ていると虫唾(むしず)が走る。あり得ない。絶対にお前を倒す。そして明日は、俺が主役になる!」

Cody「自分とジュースのあいだにあるリスペクトという関係性は、揺るぎないものだと思う。そして、アメリカを離れて日本へ渡り、新日本プロレスのリングで底辺から頑張った。まあ、それも偉いとは思うが、だからってなんなんだ…!? その頑張りには敬意を表するけど、だからといって明日の試合で自分が負けることはない。(※ポケットからメモを取り出し)日本のメディアに対してジュースがこのアメリカンナイトメアについて言ったことをいくつか挙げたい。俺のことを“アメリカンスタイル”と評したみたいだが、それはどうかと思う。お前だってアメリカ出身だろ!? そして、『この試合を真剣に受け止めろ』という言葉も聞こえてきた。残念ながら俺はひとつひとつどの試合でも、すべてを真剣に受け止めている。そしてもうひとつ。『アメリカンナイトメアのケツを蹴り上げてやる』という言葉があったが、これはお互いに同じ思いであるということがよくわかった。まあ、明日はいい試合をしよう」

※ここで両選手は握手をかわし、互いにファイティングポーズ。その後、Codyが突きつけたピストルサインをジュースが跳ね除け、両者が一触即発の状態となった。

■IWGPジュニアタッグ選手権
(王者)ニック・ジャクソン&マットvs(挑戦者)ロッキー・ロメロ&バレッタ
  
バレッタ「オーケー。いいか? 明日は、ヤングバックスを47回ひっぱたいてやる! 自分たちも47回、倒れるかもしれないが、必ず47回立ち上がり、そのベルトを俺たちのモノにしてみせる!」

ロッキー「コンニチハ~!(日本語で) 1.4東京ドームでは我々が挑戦者として挑む試合になる。でも明日、ヤングバックスは、おまえたちは世界中で人気者で調子に乗っているかもしれないが、自分たちという最大の挑戦者を迎えて敗れるんだ。勝ってみせる。去年はとてもツライ1年だった。でも、それを乗り越え、自分自身のコンディションもよくなっている。絶対に、明日はロッポンギヴァイスがヤングバックスを破って、ベルトを奪って見せる。というわけで、明日の夜は……シバクゾ、コノヤロ~! イチ・ニ・サン、ナカスゾ・コノヤロ~!(大声援)。明日は、ロッポンギヴァイス、サイコ~! サイコ~!(場内・笑)」
 
ニック「なんか日本語で文句を言われたみたいだが、俺は日本語がわからないので、英語で答えるよ。ヤングバックスは、日本語でなんか文句を言い返したりしない。しかし、明日は、俺たちがこの二人をぶっ潰してみせる。世界中のファンがヤングバックスというタッグチームが使っている『サック・イット!』をオリジナルだと思っていると思う。当然だよ。なぜなら、『サック・イット!』という決め言葉以上のモノを試合で見せてきたから。明日は、このベルトをシッカリと守って、倒してやる、なぜならこのベルトは俺たちに属するベルトだから。このベルトを持ってキックすることが俺たちの仕事だからな」

マット「まず、ハッシュタグを使って俺たちのコメントをみんなに広げてほしい。きっと明日の試合もロッキーたちは、同じようなコスチュームで、同じような試合をするだろう。しかし、“世界最強”ヤングバックスは、全身・頭の先からつま先まで金色で統一したコスチュームで登場する。そして、プロレスの歴史を塗り替えるような試合をやってみせよう。ロッキーたちがどんな技を出そうが、何をしようが自分たちにはかなわない。トップに君臨し続けたヤングバックスを、世界はまた認知することになるだろう。スーパー・キックパーティ~!」

■NEVER無差別級6人タッグ選手権(ガントレットマッチ)
(王者)小島聡&リコシェ&デビッド・フィンレー
(挑戦者)バッドラック・ファレ&高橋裕二郎&ハングマン・ペイジ
(挑戦者)SANADA&EVIL&BUSHI
(挑戦者)YOSHI-HASHI&ウィル・オスプレイ&邪道
 
ハングマン「いいか? 明日は、おまえたち全員のあたまをぶち抜いてみせる! そして、チャンスがあれば俺の縄で全員を締め上げてやる! リコシェ、俺の顔を見てるのか? もちろん俺はおまえたちの顔を見てるし、ベルトも必ず奪ってみせる! 命があるだけありがたく思えよ?」

裕二郎(同伴の裕二郎ガールズと絡みながら)「明日のタイトルマッチに勝つために、今日は最高の女を連れてきた! ピータ~(ニヤニヤしながら)。明日の東京ドームはもっとたくさん連れてきちゃうんで。楽しみしておけよ?」
※ファレは、裕二郎が耳を近づけて代理コメント「ヒー・セッド・フ○ックユー!」
 
BUSHI「この試合、一番気になるのは、どのチームが一番最初に出て来るのか……? だったら、俺たちが一番最初を希望します。ほかに一番最初に出たいチームがあるんですか? まあ、順番なんてね、ハッキリ言って関係ないんで。あとは会社に決めてもらって構わないですよ。俺たちが何番目に出ようが、そのベルト必ず奪ってやるぜ! エンセリオ、マ・ジ・で!」
※EVIL、SANADAはノーコメント。
 
邪道「オスプレイのハイフライ、YOSHI-HASHIのいまの勢い、30年近いこのプロレスキャリアの俺の頭脳。一番ベルトに近いのは俺たちだろ? なあ、YOSHI-HASHI?」

YOSHI-HASHI「そう! そのとおり。途中で、石井さんと邪道さんが代わったけどね。でも、邪道さん、去年の東京ドーム・バトルロイヤル、優勝してるからね? 今回、このシックスメンに出る資格十分あるから。邪道さんの言ったとおり、明日はベルト、俺たちが必ず頂くからな? 覚悟しておけ!」

オスプレイ「ハロ~! まず、みなさん、あけましておめでとうございます。これは自分にとって、最初の東京ドームの試合。興奮と同時にちょっとナーバスになっています。2016年は新日本プロレスだけではなく自分自身にとって、素晴らしい1年になりました。明日は、NEVER無差別級6人タッグ・ガントレットマッチという、とてもとても長い名前の試合に出るんですが、対戦するすべての相手を倒して見せます。」
 
デビッド・フィンレー「日本語がわからないから、日本人選手が何を言ったかわからないけど、どうでもいい。WRESLE KINGDOMでベルトを賭けた試合が行われる。とはいえ、まずはおまえらが全員がつぶし合って、そこで勝ち残ってヤツと闘うことになるんだから、そこでみんながんばればいい」

リコシェ「フィンレー、小島、リコシェ、この3人でこのベルトを守ってみせる。まず、最初にロス・インゴベルナ…なんだっけ、まあいいや?このチームには言うことはない。そしてBULLET CLUB、自分から言わせれば、おまえらはBチーム、Aチームにはなれないチームという印象だ。そしてCHAOS、YOSHI-HASHI、身体の調子はどうだ? 万全で来てくれないと自分がシッカリ倒すことはできないからな? そしてウィル・オスプレイ、細くて金髪な俺ってところか。だとしたら、自分にとっては倒すことは簡単だ。まあ、前にも倒したことがあるしな? そして邪道は、イケメン・ダイスキデス!(ニヤリ)。  なんにせよ、自分たちがベルトを持って帰ることになるから、みんなそれぞれがんばればいい。自分たちのセクシーな腰にベルトを巻いて、明日も帰ろうと思う。このベルトは息子に巻いてあげたい。自分の息子もチャンピオンの素質がある」

小島「この!NEVER無差別級6人タッグのベルトができたのがちょうど1年前になります。そして、ワタシがこのベルトを獲ったのが去年の7月3日、つまりこのベルトの歴史の半分はワタシと一緒に過ごした時間です。ということは! まだ、このベルトはワタシと一緒にいたがっているはず。ということは! まだまだこの3人でやるべきことが残っていると思います!」

※ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンは撮影を拒否して退場。

■『戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム』
2017年1月4日(水)17:00~(※第0試合は16:10より開始予定
東京・東京ドーム
★対戦カード情報はコチラ!
★チケット情報はコチラ!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「アリーナB」が完売。
※「2FスタンドA」が残り僅かとなりました。
★当日券は、12時より、22番ゲート前・当日券売場にて販売いたします。

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ