• 2016.12.30
  • #Topics
【1.4東京ドーム大会目前!】「棚橋が、もがき苦しんでいる姿は非常にさびしいし、見苦しい」内藤哲也に直撃インタビュー!【WK11】

naitop

いよいよ開催目前!! 1月4日(水)「戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム」に向けて、恒例のカウントダウンインタビューを更新中!

今回は、IWGPインターコンチネンタル選手権試合で棚橋弘至を迎え撃つ内藤哲也が登場!! 2016年、最も“神っていた男”が、制御不能で大放談!!

■『戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム』
2017年1月4日(水)17:00~(※第0試合は16:10より開始予定
東京・東京ドーム
★対戦カード情報はコチラ!
★チケット情報はコチラ!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「アリーナB」が完売いたしました。
※「2FスタンドA」が残り僅かとなりました。

★1月4日(水)東京ドーム大会の前売券は、1月3日(火)まで販売!

★1.4東京ドーム特設サイトはコチラ!

■いまの輝きを失った棚橋を倒したところで、何もおいしさはない
dsc_0461
――1.4東京ドームでの棚橋弘至選手との一戦が近づいてきました。まず、IWGPインターコンチネンタル王者として、棚橋選手の挑戦を受けるということを、自分の中でどう捉えていますか?

内藤 いままで棚橋vs内藤のタイトルマッチといえば、必ずIWGPヘビー級チャンピオンの棚橋に内藤が挑んでいくというシチュエーションでしたよね。今回、インターコンチネンタル選手権というのはちょっと残念ですけど、こうして棚橋弘至を迎え討つ立場になったっていうのは、彼が言ったとおり、戦わずして世代交代が済んだというか。

――戦わずしてという部分では、かねてより内藤選手は棚橋選手を引きずり下ろすということを目的に掲げていましたし、不本意に思う部分も?

内藤 まあ、俺は誰にも注目されていないデビュー当時から、「棚橋弘至を引きずり下ろすのは俺の役目」って、ずっと言い続けてきましたからね。棚橋に憧れ、棚橋の背中を追い続けて、ずっとやってきましたし。だから、その役目を自分が果たしたかったですけど、いま冷静に振り返ってみると、2016年の1.4東京ドームで棚橋がオカダに敗れた王座戦こそ、まさに引きずり下ろされた試合だったんだと思います。

――オカダ選手が役目を果たした、と。

内藤 「あれ以降、棚橋は落ちたよね」って言われる試合の相手を、俺はやりたかったですよ。でも、それに当たるのがあのときのオカダ戦なんでしょうね。

――実際、内藤選手から見て、今年のリング上での棚橋選手はいかがでしたか?

内藤 俺自身、去年L・I・Jを始動して以降は、このユニットをどう広めていくかということに重点を置いてきたので、あまり周りのことは見ていなかったというか。そんな中、あらためて棚橋弘至が目の前にあらわれたときに、「あ、いままで俺はこの人を意識してたんだな。でも、ずいぶん小さくなったな」って思いましたね。

――自分が背中を追ってきた棚橋選手ではなかった、と。

内藤 あれだけ光り輝いて、大きかった存在が、その輝きを失い、非常に小さくなってしまったと、11月の大阪では感じました。「知らないうちにこんなふうになってしまったんだな」と思うと、ちょっと悲しい気持ちになりましたね。

――内藤選手のストーリーを語る上で、一番の重要人物が棚橋選手だと思いますが、この一戦に対してどのようなモチベーションを持っていますか?

内藤 デビューして以降、いかに“ここ”っていう舞台でvs棚橋弘至を実現させるかが、自分の中でも大きなテーマでしたけど、俺が上がっていくのが遅かったのか、棚橋が堕ちるのが早かったのかどっちかわからないですけど、今回のドームを最高のシチュエーションにできなかったのは凄く残念ですよ。最高の舞台で最高の棚橋と戦うことはできなかった。

――そこは運命がかみあわなかったというか。そんな中で、内藤選手は今回の王座戦をどう迎えますか?

内藤 いま現在、棚橋と向き合い、倒したところで、何もおいしさは見えてこないですよ。むしろ、彼が俺を倒せば、こんなにおいしいことはないけど。だから、俺自身にメリットがない試合ですけど、唯一モチベーションを上げるとすれば、引きずり下ろす役目こそできなかったものの、最後にとどめを刺せるってことですかね。

――自分の憧れだった人物の介錯を果たす、と。

内藤 まあ、棚橋がいなかったら、いまの俺もないですから。そのへんの感謝の気持ちを込めて、とどめを刺しますよ(ニヤリ)。

■過去の内藤を引きずり出す? だから、なんなんだ?
8_03-1
――11月の大阪で棚橋選手から“棚橋になれなかった男”と言われましたが、あの言葉もとくには響かなかったですか?

内藤 もし、ロス・インゴベルナブレスに出会っていなければ、これほど屈辱的な言葉もないとじゃ思いますよ。ただ、俺はインゴベルナブレスと出会い、新しい道を見つけ、そこを信じて走り続けてますから。

――その結果、さまざまな勲章を勝ち得たというか。

内藤 だから、はっきり言って、棚橋にならなくてよかったって思ってます。まあ、彼は内藤の心に響くと思って言ったんでしょうけど、残念ながらまったくそんなことはなかったですね。

――やはり、インゴベルナブレスというのは、キャリアの中でも大きなターニングポイントになりましたか?

内藤 そうですね。でも、俺の根本的な考え方は、昔から変わってないですから。だけど、インゴベルナブレスと出会ったことによって、自分の表現の仕方や、周りの意見の捉え方も変わってきて。

――以前の内藤選手は、ファンのことを非常に気にしていた印象はあります。

内藤 気にしてましたね。その頃はお客さまのことを第一に考えたうえで、自分のプロレスを考えていた。でも、いまは逆になりましたよ。俺のプロレスがあって、お客さまがいると。その順番が変わっただけで、自分の根本の考えは変わってないかな。

――これは棚橋選手の別媒体でのインタビューになりますが、前哨戦で内藤選手と当たったときの感想として、「戦っている最中にインゴベルナブレス以前の内藤の顔になる瞬間がある」と。そこを引き出せば自分にも勝機があると語っていて。

内藤 なるほど(ニヤリ)。べつに俺は過去の自分を捨てたわけではないですからね。過去の自分を否定することもないし、あの苦しんでいた時代があったからこそ、インゴベルナブレスと出会い、いまの内藤哲也があるんだ、と。だから、俺は過去の自分を背負っているわけで、「そりゃ、試合をしていれば過去の内藤も見えるでしょ」って話ですよ。

――そこは自分にとっては弱点でもなんでもないと言いたいわけですね。

内藤 まあ、過去の俺を引っ張り出したところで、「じゃあ、何が見えるんだ?」って感じですかね。その棚橋の発言に「ああ、そうなんだ」って納得している人がいるなら、それこそ俺の「棚橋が言ったことがすべて」っていう言葉につながりますよ。

――ただ、鵜呑みにしているだけだ、と。

内藤 俺にしてみれば、「過去の内藤を引きずり出す? だから、なんなんだ?」の一言ですよ。過去を引っくるめていまがあるんだから、その棚橋の言葉も俺には何も響きはしないですね。

■残念ながら、今回のドームで“棚橋弘至”という言葉に重きは置いてない
ss3_4145-1
――お話を聞いていると、内藤選手はこの一戦に対してドライな印象を受けます。逆に棚橋選手はテーマ曲の変更をはじめ、もう一度最前線に立とうと、もがいているようにも感じられるのですが、そのあたりの温度差はどう感じますか?

内藤 輝いていた棚橋弘至を追いかけていた人間としては、そのもがき苦しんでいる姿は非常に寂しいし、見苦しいですよ。たしかに試行錯誤することは重要かもしれないですけど、俺はあきらめや潔さも大事だと思いますけどね、フフフ。

――今回、プロレス大賞のMVPを受賞した内藤選手にとっては、この棚橋戦もひとつの通過点にすぎないという感じですか?

内藤 まず、この1.4東京ドームというのは、日本のプロレス界の最大のビッグイベントであり、『新日本プロレスワールド』を通じて全世界のプロレスファンも注目するイベントだ、と。こんな機会を利用しない手はないですから、内藤哲也であり、L・I・Jをさらにみなさんに知っていただくチャンスだと思っています。あとは俺、1.4ドームではシングルマッチで一度も勝ったことがないんですよね。

――これは意外と知られていない事実かもしれないですね。

内藤 なんなら、勝利を収めたタッグマッチも、自分が直接勝ったわけではないですから、実質的には0勝というか(苦笑)。だから、東京ドームで勝つということが、いまいちイメージが沸かないんですよね。今回棚橋に勝って、東京ドームのリングからどんな景色が見えるのか、それは非常に楽しみですよ。

――なるほど。

内藤 整理すると、俺の今回のドームでの目的は内藤哲也とL・I・Jの名前をさらに広めること、そして勝ったときの景色を見ること、その二点です。だから、残念ながら俺の中では、今回のドームで“棚橋弘至”という言葉に重きは置いてないですね。

――最後にもう一つお聞きしたいのですが、メインのIWGPヘビー級王座戦、オカダ・カズチカvsケニー・オメガは意識しますか?

内藤 う~ん……。まあ、生なのか映像なのかわからないですけど、試合はちゃんとチェックしますよ。少なからず、意識はしてます。でも、それはメインにかぎらず、ほかの試合、選手のことも俺は意識しますから。でも、俺が意識している数十倍、数百倍以上に、メインの二人を含めたほかの選手のほうが、よりセミファイナル、そして内藤哲也のことを意識してるでしょうね(ニヤリ)。

dsc_2183

■1.4東京ドーム大会目前!カウントダウンインタビュー!!

真壁刀義に直撃!! 「これでいいのか? ドームは“余計なヤツ”が上がれる舞台じゃねえ!」

●柴田勝頼に直撃!「後藤は、さまよい続けること、迷走し続けることに関してはブレていない」

●後藤洋央紀に直撃!「俺の“完全復活”を証明するには、柴田は避けて通れない相手」

●棚橋弘至に直撃!「“MVP”がトッピングされてる内藤はオイシイ獲物」

●ジュース・ロビンソンに直撃!!「俺がCodyに新日本のタフさを教えてやる!」
 
■『戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム』
2017年1月4日(水)17:00~(※第0試合は16:10より開始予定
東京・東京ドーム
★対戦カード情報はコチラ!
★チケット情報はコチラ!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「アリーナB」が完売いたしました。
※「2FスタンドA」が残り僅かとなりました。
★1月4日(水)東京ドーム大会の前売券は、1月3日(火)まで販売!

★1.4東京ドーム特設サイトはコチラ!

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ