• 2016.12.26
  • #Topics
【1.4東京ドーム目前!】「“MVP”がトッピングされてる内藤はオイシイ獲物。総取りして、2017年は“大復活の年”にします!」棚橋弘至に直撃!【WK11】

01
いよいよカウントダウン!! 1月4日(水)「戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム」に向けて、恒例のカウントダウンインタビューがスタート! 
 
第2弾は、現IWGPインターコンチネンタル王者にして、プロレス大賞“MVP”を受賞し、今年もっとも“神ってる男”内藤哲也に挑戦表明した、2017年“大復活”を目論む棚橋弘至に直撃インタビュー!!

■『戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム』
2017年1月4日(水)17:00~(※第0試合は16:10より開始予定
東京・東京ドーム
★対戦カード情報はコチラ!
★チケット情報はコチラ!
※ロイヤルシートは完売。
※アリーナA、アリーナBは残りわずかとなりました。

★“運命”の一戦!内藤 vs 棚橋の“1分煽りV”をYouTubeで公開中!!

■2016年は、一番苦しかったですね。これほど大事な試合で勝てなかった年はなくて……

01

――さて、棚橋さん。まず、今年2016年を振り返って、どんな年でしたか?

棚橋 ウン……。やっぱり2016年は、苦しかったですね。

――今までの年と比べて、どれぐらい苦しかったですか?

棚橋 いや~、一番苦しかったですね。勝った負けたが、直結するところもあって。若手時代とか、発展途上の人間だったら、「負けても頑張れ」ってなるし、そういう時期も経験してるんですけど……チャンピオンになった以後、これほど大事な試合で勝てなかった年はなくて。どっかでね、きっと一年間あれば、「浮上のきっかけは掴めるはずだ」っていう風に思ってたんですけど、振り返ったらベルトにも絡めず、『G1』も獲れずっていう結果でしたね。

――正直『G1』では、復調すると思ってましたが。

棚橋 ボクも思ってましたけどね。でも、やっぱりケガからの復帰明けで、『G1』勝てなかったっていう、「『G1』甘くねぇぞ」って、改めて思いましたね。

――そして、そんな棚橋選手と対照的に、大活躍の年となった内藤選手ですが、棚橋選手から見て、今年の内藤選手はいかがでしたか?

棚橋 凄い自信に溢れてましたね。人が変わったみたいで。物事を決めることでも、発言に関しても、人間の所作っていうのは、その時の心情がよく表れるんですよね。今年は、発言にしても、リング上の闘いにしても、とにかく自信をつけたんじゃないですかね。何をやっても、「今、俺が一番“神ってる”」って。

――ここまで、2人が対照的な年はなかったですよね?

棚橋 そうですね。“エース”って自分で言い出して。エースっていうのは、いつ何時でも頼りになると。安定感こそが、エースの由来というか、いつもそこにいてくれる。いつも必ず期待した分だけ結果を出すっていうのが、エースの定義だと思ってたので。ボク、サイン色紙に“ACE”って書くんですけど、今年の中頃ぐらいから、なんかちょっと書くのもうしろめたくなっちゃって。

――そして、来年の1.4東京ドームは2年続けてのチャレンジャーとして、さらに今回はメインイベントではないですが?

棚橋 そうですね。今年はチャレンジャー、来年もチャレンジャーなんですけど、試合が一個下がってるっていうことは、一歩ずつ後退してるわけですね。これは、ボクが下がってるっていうよりは、どんどん新日本プロレスのレスラーが力をつけて、上がってきてるんで、押し出されてるって感じですよね。

■「俺のあとは、内藤だろうな」ってのは思ってましたね。

02

――過去には「俺のあとは、内藤だ」という発言も残されていますが?

棚橋 まぁ、体格も近いし、醸し出す空気感とかが似てたんで、なんとなくイメージですけどね。「俺のあとは、コイツだろうな」ってのは思ってましたね。

――棚橋選手は何度も内藤選手と対戦されてきたと思いますが、思い出に残ってる試合はありますか?

棚橋 やっぱり2011年ですかね。内藤とIWGP賭けて、両国でやった10月10日の試合。なんかね、あの時もドラマチックだったんですよ。10月10日は、ボクのデビュー記念日で、その10月10日にデビューした試合を、内藤が客席で見てたっていうのもあって、その時はドラマチックだったっすね。

――運命的ですね。

棚橋 ただね、2011年っていうのは、リング上は盛り上がりつつありましたけど、まだ集客が苦しくて、試合後かなんかに、「また、このカードをデッカいところでやりたい」って言い合った記憶があるんで。それが、こうやって形になって、ドームにつながったっていう部分で、ちょっと感慨深いものがありますね。

――そういう意味では、内藤選手への期待は大きかったですか?

棚橋 いや、もう期待しかなかったですね。内藤の実力が上がってたし。2011年だから、5年前。ボクが34歳で、内藤が28歳とか29歳とか。とにかく、IWGPに挑戦するところにいるとか、あわよくば「勝つんじゃないか」っていうところまで、追い込まれたわけですよ。それって凄いことで。そこに名前が挙がる。いても不思議じゃないっていうね。まぁその時にも、ほぼほぼ確信に近かったですけどね。「内藤、もう一波来るな」っていう。

■“MVP”がトッピングされてる内藤って「オイシイなぁ」と。総取りします。

03

――そして今回、棚橋選手がその内藤選手に挑戦するわけですが、挑戦する一番の理由は?

棚橋 これはね、東京ドームでシングルマッチを組まれるためには、ピンポイントでそこしかなかったんですよ。あわよくば、メインに出れる可能性を残して。まぁ、オカダvsケニーっていう試合は決まってたんで、インターコンチが空いてたと。で、対戦相手が内藤。これ、何かしらあれば、「メインもまだいけんじゃないか」って、7年連続っていうのもかかってたんで。今はもうスッキリしましたけど。

――11月5日大阪大会の試合後、棚橋選手はリング上で、内藤選手を「棚橋になれなかった男」と表現していましたが?

棚橋 うーん、あれは結構、攻撃力の高い言葉かなと思って、内藤にとっては。「棚橋になれなかった男」っていう言葉だけで、内藤を支配できるかなと思ったんですけど、うまく弾かれたっていうか、それほど効かなかったですね。

――確かにうまく切り返されましたね。

棚橋 あれは何でかっていうと、立場的に棚橋がチャンピオンで、内藤がチャレンジャーだった場合に、「棚橋になれなかった男」っていう攻撃が効くんですけど、棚橋がチャレンジャー、内藤がチャンピオンで「棚橋になれなかった男」って言っても、届かないのは当たり前で。説得力もないし。こうやって、東京ドームでシングルマッチが組まれるっていうのも、選手が増えてきてる中で、とても大変なことなんですよ。で、そのとても大変なのを実感しながら、なんとか滑りこむためにもって言ったら、内藤しかいなかったっていうね。

――そして、内藤選手に「最後の希望だ」ともメッセージを残しましたが?

棚橋 あれは、仮面ライダーのセリフを、どっかで使いたかっただけです。「世界に悪が栄えた試しがない」って最初に言ったんですけど、あれは仮面ライダー2号の名言ですね。で、「内藤、お前が最後の希望だ」っていうのは、仮面ライダーウィザードのセリフなんで、昭和と平成ライダーのいいところを合体して。で、真ん中に「棚橋になれなかった男」っていうね、棚橋のオリジナリティを加えて、昭和と平成で挟んだっていうか(笑)。

――“希望”という言葉が、棚橋選手の心の内にあるものを表現していたように感じましたが?

棚橋 その“希望”っていう部分に、いろいろ含みを持たせたんですけど、「東京ドームに続く道が、お前だ」と。さらに、うまくいけばメインに出れるかもしれない。っていうところで、希望って言ったんですね。

――また、内藤選手は2016年度プロレス大賞・最優秀選手賞・MVPを受賞して、一気に主役の座に躍り出ましたが、主役の座を奪い返すには、内藤選手を倒すことが手っ取り早いと?

棚橋 いや~、一番手っ取り早いですね。インターコンチっていうベルトは、長いスパンで見ても宿題ですし。また、インターコンチを巻いてる内藤が、“MVP”っていう付加価値も付けてきたと。MVPがトッピングされてる内藤って「オイシイなぁ」と思って。総取りします。

■『HIGH ENERGY』に甘えちゃってたんですね。前向きな曲変更です。

04

――そして、12月17日後楽園大会では、「入場テーマ曲『HIGH ENERGY』はラスト」と、曲の変更を宣言されましたが?

棚橋 まず、最初に言っておきますけど、『HIGH ENERGY』は大好きです。思い入れもあるし、どんだけ苦しい闘いがあっても、ファンの声援を受けて、闘いのあとには必ず『HIGH ENERGY』が流れてたんで。もう聞くだけでいろんなことを思い出すんすけど、浸透してる曲だから、会場に響けば盛り上がるし、ファンにも喜んでもらえるし。

――『HIGH ENERGY』に支えられていたってことですね。

棚橋 そうですね。「HIGH ENERGY」に甘えちゃってたんですね。「『HIGH ENERGY』を流しておけばいいか」と。とりあえず盛り上がるし。なんか、『HIGH ENERGY』っていう曲に頼らず、「もう一回、イチから始めてもいいんじゃないかな」と思って。40歳で曲変えるっていうのも、遅いかなっていうぐらいの感覚はあるんですけど、新たな挑戦として受け止ってください。『HIGH ENERGY』の盛り上がりに頼らず、また一から棚橋の記憶を作っていきたいってことですね。前向きな曲変更です。

■“大復活の年”にします!2017年、期待してください。

02

――では、曲も変更して心機一転、2017年はどんな年にしたいですか?

棚橋 新日本プロレス、海外にどんどん展開してますけど、ボクはまだ国内でできることって、いっぱいあると思うんですよ。ちょっとずつ会場を大きくしていくとかね。「ドームツアーはどうなったんだ?」とかね。やるべきことが、まだいっぱいあって。そういうのを考えるのは、凄い楽しいし。その時に、やっぱ「棚橋のタイトルマッチで、人を埋めたい」って思うんで。来年、主要なタイトルは、全部獲ります!

――復活の年にすると?

棚橋 そうですね。結果的に、“大復活の年”にします。レスラーって、やっぱ上がり下がりがあると思うんですよ。それは、短いスパンだったり、長いスパンだったり、あると思うんですけど、ちょっと一年間こんだけ結果が出なかったり、苦しんだり、怪我もあったりっていう年は、キャリアの中でなかったことなので。

――ファンも棚橋選手の大復活を期待してると思いますが?

棚橋 こうも下がって、また上がってくる棚橋っていうのが、イメージできないんですけど、たぶんスゲー上がると思います。自分のことですけど、たぶんスゲー、ポーンといくと思います。それは、やっぱ棚橋を応援してくれてるファンの人のフラストレーションだったりとか、かつての11回連続防衛とか、良い時を見てた棚橋の記憶だったりとかを、うまく意識しつつ。で、入場曲も変えて、甘えも許さないと。「『HIGH ENERGY』かけとけば、盛り上がるぜ」みたいなレスラーになりたくないんですよ。ほんとに身体作りであったりとか、試合内容、コンディション、リングで一から盛り上げられるっていうところをね、もう一回見せたいんで。2017年、期待してください!

03

■『戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム』
2017年1月4日(水)17:00~(※第0試合は16:10より開始予定
東京・東京ドーム
★対戦カード情報はコチラ!
★チケット情報はコチラ!
※ロイヤルシートは完売。
※アリーナA、アリーナBは残りわずかとなりました。

★“運命”の一戦!内藤 vs 棚橋の“1分煽りV”をYouTubeで公開中!!

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ